記事

菅首相を退陣させた自民党は、総裁選を経てどう変わるか

田原総一朗です。

9月3日、菅首相が総裁選不出馬を表明した。
菅内閣の支持率は、8月28日実施の世論調査(毎日新聞)で、26%とついに30%を切ってしまっていた。

下落の要因は、いうまでもなくコロナ対応である。
8月は東京などで新規感染者が増大し、医療逼迫が切実となった。
入院を希望しても空きがなく、自宅療養を余儀なくされる、呼吸困難などの症状が出て、救急車を呼んでも受け入れ先の病院がない……といった事例が相次いだ。

支持率の下落に動揺したのは、自民党議員たちである。
「これでは秋の衆院選を戦えない」というわけだ。
二階幹事長、安倍前首相や麻生財務相も、「菅続投でよい」と言っていたのが、考えを変えた。

幹事長にしたいと、4日間にわたり説得した
小泉進次郎氏からも固辞された。
その他の党人事も難航し、菅首相は辞任せざるを得なくなったのだ。

そして9月17日、自民党総裁選が告示となる。
いったい次期総裁は誰になるのか。
最も早く出馬表明していたのが、岸田文雄氏。
宏池会のリーダーであり、安倍前首相や麻生財務相ら、党の大物からの評価は高いが、逆に国民からは、「権力に対して迎合しすぎ」と言う声も多い。

岸田氏と対照的なのが石破茂氏だ。
党内での評価は低いが、全国の自民党員からの評価は高い。
しかし、石破氏は、党の大物たちの動きを考えると、「当選はできない」と判断。
河野太郎氏の応援に回るとみられる。

その河野氏への、国民の期待は高い。
しかし「脱原発」を掲げているため、
経産省、全国の電力会社などからは、敬遠されているようだ。
自民党の議員たちの多くは、原発のあり方について、情けないほどあいまいだが、そんな河野氏をどう見るのだろうか。

高市早苗氏は、推薦人の数が揃わないのではと懸念されていたが、安倍前首相が支持に回って、出馬することになった。

状況がめまぐるしく変化したので、遠い昔のように感じるが、8月26日、私は首相官邸で、菅義偉首相に会った。
私は菅さんに、「辞めろという声が多いようだが、ここで辞めるのは無責任だ。なんとかコロナを押さえ込むまで、がんばってほしい」と言った。

菅さんは、「政治生命をかけてがんばりたい」と、きっぱりと語っていた。
あの時点で菅さんは、本当に我が政治生命をかけて、やり抜く覚悟だったと思う。
目の前の私に、その覚悟がひしひしと伝わって来た。
しかし、状況が続投を許さなかった。
もう半世紀も政治の世界に関わっているが、あらためて非情なものだと思う。

今回の総裁選は、自民党が変わるよい契機になりうる。
感染症対策、原発、そしてもちろん、外交、安全保障……。
とことん議論してほしいと思う。
総裁選を経て衆院選が行われる。
さあ、自民党はどう変化するのか。
そして国民はどう判断するのか。

あわせて読みたい

「自民党総裁選」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    安倍・麻生の色が濃い「岸田内閣」は衆院選でどう評価されるか

    田原総一朗

    10月21日 10:00

  2. 2

    いまだ人口増を目的にする地方 それが本質ではないと気づけていないのはヤバい

    Qualities

    10月20日 11:49

  3. 3

    原発処理水めぐり枝野代表が「一旦ストップ」を主張 現実的な対案もなく無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月21日 09:45

  4. 4

    最終回目前『おかえりモネ』ヒロインは今までの朝ドラとどこが違ったのか?

    NEWSポストセブン

    10月21日 09:25

  5. 5

    トヨタの苦渋のEV戦略 2030年以降のビジョンは国内向けと海外向けを使い分け

    ヒロ

    10月21日 10:40

  6. 6

    甘利幹事長、発言すればするほど大炎上…ついに「テレビに出さん方がいい」との声も

    SmartFLASH

    10月20日 13:12

  7. 7

    「プライマリーバランス」を黒字化する方法は1つだけ

    自由人

    10月20日 10:12

  8. 8

    Kindle読み放題に続々参入する出版社 サブスクのビジネスチャンス気づき変わるか

    かさこ

    10月21日 10:39

  9. 9

    如何にも大きな成果を挙げそうに見える野党候補者の一本化

    早川忠孝

    10月20日 16:46

  10. 10

    ワクワクしない衆議院選挙、なぜ?

    ヒロ

    10月20日 10:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。