記事

堀江貴文「西野亮廣の『えんとつ町のプペル』が大成功したたった一つの理由」

1/2

ビジネスで成功できる人とできない人の違いは何か。実業家の堀江貴文さんは「僕の知り合いで成功している人は、みんな図々しいくらい周囲を巻きこみ、独自のルールで大きなビジネスを回している。その代表例は西野亮廣くんだろう」という――。

※本稿は、堀江貴文『破戒のススメ』(実務教育出版)の一部を再編集したものです。

映画えんとつ町のプペルの公式サイトからの画像
画像=映画『えんとつ町のプペル』の公式サイトより

海外に行けないので、日本の地方の再発掘をしている

2020年の春を最後に、海外に出ていない。1年以上パスポートを使った旅をしていないのは、20代で海外旅行に出て以来初めてだ。それまではビジネスや遊びで、多いときは毎週海外へ飛んでいた。現在でも行こうと思えば行けなくはないけれど、隔離期間など感染対策ルールが厳しく、行動を縛られる。自由に動けないのなら、海外に行ってもつまらない。ワクチン接種が進むのを待つしかない。

海外に行けない代わりというわけではないが、国内の地方出張を、毎日のように繰り返している。コロナ禍の前から、本州以外にも足しげく出向いていたけれど、せっかくの機会なので、日本の地方の再発掘に力を入れている。

僕は2018年に、時間を節約するための移動手段として、ホンダジェットをシェアで購入した。プライベートジェット機を買ったことで、国内移動のスピードは格段に上がった。午後に函館でゴルフした後、札幌で晩ご飯を食べることもできる。車なら4時間かかるが、飛行機なら20分だ。国内なら、だいたいの地方空港の間を、タクシーとさほど変わらない使い方で利用できる。本当に便利だ。

ホンダジェットのおかげで北は北海道、南は沖縄まで、散歩の足を延ばすような感覚で訪れ、魅力を再発見できている。

利権構造がないから外資の流入が進んだ

近年、急速に価値を上げている地方の一つが、北海道のニセコだ。スノーボードを楽しむのに、1シーズンで何回も行っている。とにかく雪質が素晴らしい。世界でも屈指のパウダースノーを楽しめる雪質の良さが、海外のスキーヤーたちに知られたのが20年ほど前。平地に上質な粉雪が積もるニセコは、世界でも極めてレアな場所らしい。やがて、世界に知られるスキーリゾート地へと発展していった。

実業家の堀江貴文さん
実業家の堀江貴文さん - 撮影=柚木大介

外国人の移住や外資系の投資が進み、ニセコの地価は高騰した。2016年には標準地の地価公示値上がり率が19.7%を記録した。これは当時の全国トップだ。

かつてニセコは、北海道の中でも打ち棄てられていた「陸の孤島」だった。そのため地元の利権構造とは無関係で、海外からの投資がスムーズに参入できたのだ。パークハイアットニセコなど、海外富裕層向けの設備も増えた。寂れていたからこそ再興のチャンスをとらえられた、痛快な例だろう。

街にはスキーシーズン以外にも、海外のお金持ちが集まるようになり、近年は面白い人たちが交流を深める、東アジアの新しいサロン的な役割も果たしている。コロナ禍で外国人たちはぱったりと途絶えてしまったが、広いゲレンデを独占して、パウダースノーを好き放題に楽しめるチャンスといえる。ニセコへスキーに出かけSNSで発信すれば、世界のスキー愛好家がフォローしてくれる可能性がある。

いずれ、外国人客は戻ってくる。不要不急が避けられているいまこそ、世界に見つけられた地方都市の魅力を、体感してみる好機だろう。

地方に眠っている大きなポテンシャル

ニセコ以外にも、世界に向けてアピールできる地方の観光都市は少なくない。

徳島の阿波踊りや、九州の五島列島のリゾート開発、宮古島のダイビングなど、地方に昔から続いている観光業が、広く海外で知られ関心を集めている。

中でも、グルメの力は見逃せない。肉に魚に野菜、寿司に鍋にラーメン……。日本ほど、都会だけでなく全国各地にうなるほど美味しい名産グルメが存在している国は、めったにない。世界中を旅した僕が言うのだから間違いない。「小麦の奴隷」や、長野県東御市八重原で田植えから製造した純米大吟醸「想定外」「想定内」など、グルメの力を活かした地方発信のビジネスを、僕らも手がけている。

まだまだ地方には、ポテンシャルが眠っていると感じる。ニセコのように埃をかぶっているだけで、適切な手入れと投資を行えば、成長を遂げる都市はいくつもある。

僕たちの宇宙事業が根づいたことで、「ロケットの町」として全国区の知名度を得た、北海道の大樹町も成功例だ。辺鄙な地方の町ではいまこそ、不要不急に求められるヒットの法則が、発掘されるのを待っている。

ロケット事業の成功は優秀な人材のおかげ

コロナ禍のビジネスで苦労する要素の一つが、人材集めだ。

対面での面接はなかなか難しいし、人からの紹介も、さかんには行えない。JALなど大手企業のいくつかは、2021年度から従業員の新規採用を見送っている。業績の上向きがしばらく期待できない業種では、仕方ない部分もあるだろう。

企業はすでに、多くの死活問題を抱えてしまっている。人集め自体が不要不急とされる現在の風潮は、とりわけ厳しいだろう。成長戦略において、人材確保は資金集めと並ぶか、それ以上に重要なタスクだ。優れた人材が得られれば、事業プランの成功は半ば保証されたようなものだからだ。

僕が起業した当初から成功を重ねられたのは、国内トップクラスのプログラマーだった小飼弾さんほか、各分野の若き才能をスカウトできたことが大きい。いま手がけている事業でも、ゼロ高顧問の成毛眞さん(元マイクロソフト日本法人社長)や佐渡島庸平さん(コルク代表)など、著名な実業家を顧問に招き好調な運営を実現できている。

あわせて読みたい

「堀江貴文」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    いまだ人口増を目的にする地方 それが本質ではないと気づけていないのはヤバい

    Qualities

    10月20日 11:49

  2. 2

    「プライマリーバランス」を黒字化する方法は1つだけ

    自由人

    10月20日 10:12

  3. 3

    甘利幹事長、発言すればするほど大炎上…ついに「テレビに出さん方がいい」との声も

    SmartFLASH

    10月20日 13:12

  4. 4

    橋下徹「総選挙の争点、自民党から共産党まで『分配』を叫ぶだけでいいのか」

    PRESIDENT Online

    10月20日 15:15

  5. 5

    ワクワクしない衆議院選挙、なぜ?

    ヒロ

    10月20日 10:27

  6. 6

    如何にも大きな成果を挙げそうに見える野党候補者の一本化

    早川忠孝

    10月20日 16:46

  7. 7

    【映画感想】007/ノー・タイム・トゥ・ダイ

    fujipon

    10月20日 12:16

  8. 8

    LINEの個人情報不適切管理問題-経済安保とコンプライアンス経営

    山口利昭

    10月20日 14:12

  9. 9

    北関東がワースト争い!魅力度ランキングに山本一太群馬県知事が法的措置を検討か

    渡邉裕二

    10月20日 08:56

  10. 10

    現戸籍に固執する必要性も理由もないというのが僕の持論です。- 10月19日のツイート

    橋下徹

    10月20日 10:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。