記事
  • ロイター
  • 2021年09月17日 08:20 (配信日時 09月17日 08:13)

海外投資家の米国債保有、7月は過去最高 4カ月連続で増加

[ニューヨーク 16日 ロイター] - 米財務省が16日発表した7月の対米証券投資統計で、海外投資家の米国債保有が4カ月連続で増加し、過去最高を記録した。

リフィニティブ・データストリームによると、海外投資家の米国債保有額は7兆5400億ドル。前月は7兆5000億ドルだった。

TD証券のシニア米金利ストラテジスト、ゲンナディー・ゴールドバーグ氏は「世界的な低金利が主な要因の1つだ。このことが、より多くの投資家が米国債を購入する要因になっているのは確かだ」と述べた。

米国債の利回りは低いものの、他の多くの主要国の国債利回りを上回っており、海外投資家にとっては魅力的な投資先となっている。

ゴールドバーグ氏は「7月には利回りがかなり大きく低下した。データでは、少なくとも海外投資家からの買いが一因だったことが示されている」と振り返った。

米10年債利回りは7月初めの1.4680%から月末には約24ベーシスポイント(bp)低下し、1.2256%を付けた。

国別では、日本の保有額が1兆3100億ドルで首位を維持。6月の1兆2800億ドルから増加した。

中国の保有額は1兆0700億ドルで、5カ月ぶりに増加した。

全体の対米証券投資は1260億ドルの買い越しと、前月の320億ドルから買い越しが拡大した。

米国債は102億ドルの買い越しで、2カ月連続の買い越し。5月は売り越しが2020年4月以来の高水準を記録していた。

米国株は前月までの12カ月のうち10カ月で買い越しとなっていたが、7月は343億1000万ドルの売り越し。売り越し額は少なくとも過去4年間で最大となった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山本太郎「約束が反故にされた場合、我々は暴発する可能性も」

    田中龍作

    10月16日 09:34

  2. 2

    GoToトラベルという劇薬にすがる観光業と旅行者。感染激減なのに旅行ふるわずやばい状況

    かさこ

    10月16日 09:20

  3. 3

    高市氏の影響が大きい自民党の選挙公約 期待されたハト派の岸田氏はどこにいったのか

    小宮山洋子

    10月16日 11:40

  4. 4

    「ショートパンツの女の子見たいならサッカー観戦」また立憲!新人の“軽薄ツイート”が物議

    女性自身

    10月16日 10:57

  5. 5

    「人気アイスは64円」急成長のシャトレーゼを待ち受ける3つのリスク

    PRESIDENT Online

    10月16日 15:51

  6. 6

    甘利さんにあまりエールを送りたくはないが、この選挙区調整は芸術的ですらある

    早川忠孝

    10月16日 17:23

  7. 7

    新型コロナワクチン接種完了から“8カ月後も重症化防ぐ”有効性を確認 米研究

    ABEMA TIMES

    10月16日 15:32

  8. 8

    アートにコスプレ、古代史まで…女性の趣味を荒らす“上から目線な男たち”

    女性自身

    10月16日 09:47

  9. 9

    総選挙予測 投票率50%代後半~60%なら自民の単独過半数割れもあり得る

    NEWSポストセブン

    10月16日 11:29

  10. 10

    立憲民主党・福山哲郎幹事長「岸田総理がブレだしたので、やりやすくなった」

    ABEMA TIMES

    10月16日 15:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。