記事
  • 女性自身
  • 2021年09月16日 14:21 (配信日時 09月16日 11:00)

「家でもマスクしていたのに」経験者語るブレイクスルー感染の恐怖

ワクチンを打つ女性。2回接種しても感染リスクはある(写真:アフロ)

「9月7日に、福井県で報告された病院クラスターでは、感染者10人のうち、7人がワクチン接種を完了していました。札幌の老人ホームでも、入居者25人中24人がワクチン接種を2回済ませていたにもかかわらず、入居者6人の感染が判明したばかりです」(医療ジャーナリスト)

新型コロナワクチンを2回接種してから、約2週間で十分な免疫を得られる。だが、それでもコロナに感染する、いわゆる「ブレイクスルー感染」をする人が急増しているという。

「ワクチン接種後も、未接種の同居家族がいたため、家でも入浴、食事以外はマスクをしていたし、外出も控え、換気も心がけるなど、緊張感を持って感染対策をしていました。だから、陽性が判明したときは、狐につままれた思いでした」

こう語るのは、7月5日に2回目のモデルナ製ワクチンを接種し、8月中旬にブレイクスルー感染した、前三鷹市長の清原慶子さん(70)だ。

「ワクチンの効果があって、私自身はまったく無症状。体温も36.5度でしたし、血中酸素飽和度も96%から99%と正常、せきも鼻水もありませんでした。まったく感染に気付きませんでしたが、たまたま濃厚接触者となってPCR検査を受けたため、陽性がわかったのです」

すぐに自宅で隔離生活を送り、感染対策を講じることができたが、

「“もしかしたら、無自覚のまま感染を広めていたかもしれない”と考えると、ヒヤリとします」

清原さんのように、感染してもワクチンの効果で無症状や軽症の場合も多いが、重症化したり、死亡したりするリスクもある。

9月7日時点で、都内だけで22人がブレイクスルー感染で亡くなったことがわかっている。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性が「男らしさ」を追求する本当の理由

    御田寺圭

    12月01日 10:08

  2. 2

    泉田議員「2~3千万円の裏金を要求された」 自民党新潟県議を実名で暴露

    田中龍作

    12月02日 09:28

  3. 3

    大人が突然新しいことにチャレンジする「中年の思春期」忙しい我々が2回目の青春を謳歌するコツ

    土屋礼央

    12月02日 09:01

  4. 4

    鬼束ちひろ 飲酒なし、薬物検査も陰性…救急車キックで逮捕も“パニックの理由”に広がる同情

    女性自身

    12月01日 10:17

  5. 5

    一連の世代交代、執行部交代で、あちらこちらで改革のエネルギーが少しは高まったかな

    早川忠孝

    12月01日 14:33

  6. 6

    まるで料理写真の教科書 政府系金融機関が出した写真の撮り方マニュアルが話題に

    川島透

    12月01日 09:00

  7. 7

    言うべきこと言わない、言われたことだけしかしない by みずほ

    ヒロ

    12月01日 10:32

  8. 8

    アベプラ出演で化けたテレ朝・平石直之アナ “ポスト田原総一朗”の討論番組を期待

    宇佐美典也

    12月02日 12:00

  9. 9

    オミクロン株出現で米中対立の最前線となったアフリカに眠る「血のダイヤモンド」とは

    木村正人

    12月02日 11:56

  10. 10

    女子テニス協会が中国や香港でのトーナメントを全て中止すると発表 彭帥さんの告発問題で

    ABEMA TIMES

    12月02日 11:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。