記事
  • ロイター
  • 2021年09月16日 10:56 (配信日時 09月16日 12:23)

米下院委、富裕層・法人増税法案を可決 民主党から造反も


[ワシントン 15日 ロイター] - 米下院歳入委員会は15日、バイデン大統領が掲げる3兆5000億ドル規模の歳出法案の財源を賄うために与党民主党が提出した富裕層と企業に対する増税法案を可決した。

法案を巡っては民主党内でも中道派と進歩派の相違があり、多くがなお流動的。バイデン大統領は法案に関して党穏健派のジョー・マンチン上院議員ら2人とホワイトハウスで会談した。

歳入委は賛成24、反対19で可決した。同法案は所得税の最高税率を37%から39.6%に、法人税の最高税率を21%から26.5%に引き上げる内容が柱。また、キャピタルゲイン税の最高税率(年間所得40万ドル以上)も現行の20%から25%に引き上げ、500万ドルを超える個人所得に対し3%の付加税を課す。

今回の採決では、民主党のステファニー・マーフィー議員が共和党全議員と共に反対票を投じた。同議員はグリーンエネルギーへの減税など一部は支持するが躊躇するような内容もあり、この段階では賛成できないと述べた。

共和党の支持を必要としない財政調整措置(リコンシリエーション)という手続きで法案成立を目指す民主党は、下院で3人以上、上院では1人の造反も許されない。

マンチン氏は12日、法案は支持できないと言明し、歳出規模縮小の必要性を主張。党内の議員との意見の隔たりが鮮明となった。

ホワイトハウスのサキ報道官は記者団に、バイデン大統領がマンチン氏とキルステン・シネマ上院議員と個別に会談した理由について、同歳出法案を「前進させる道筋」を協議する狙いがあったと説明。

シネマ議員の広報担当者は、会談は「生産的」だったとし、法案を巡る取り組みが続いていると述べたが、協議の内容は明かさなかった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山本太郎「約束が反故にされた場合、我々は暴発する可能性も」

    田中龍作

    10月16日 09:34

  2. 2

    GoToトラベルという劇薬にすがる観光業と旅行者。感染激減なのに旅行ふるわずやばい状況

    かさこ

    10月16日 09:20

  3. 3

    高市氏の影響が大きい自民党の選挙公約 期待されたハト派の岸田氏はどこにいったのか

    小宮山洋子

    10月16日 11:40

  4. 4

    「ショートパンツの女の子見たいならサッカー観戦」また立憲!新人の“軽薄ツイート”が物議

    女性自身

    10月16日 10:57

  5. 5

    「人気アイスは64円」急成長のシャトレーゼを待ち受ける3つのリスク

    PRESIDENT Online

    10月16日 15:51

  6. 6

    甘利さんにあまりエールを送りたくはないが、この選挙区調整は芸術的ですらある

    早川忠孝

    10月16日 17:23

  7. 7

    新型コロナワクチン接種完了から“8カ月後も重症化防ぐ”有効性を確認 米研究

    ABEMA TIMES

    10月16日 15:32

  8. 8

    アートにコスプレ、古代史まで…女性の趣味を荒らす“上から目線な男たち”

    女性自身

    10月16日 09:47

  9. 9

    総選挙予測 投票率50%代後半~60%なら自民の単独過半数割れもあり得る

    NEWSポストセブン

    10月16日 11:29

  10. 10

    立憲民主党・福山哲郎幹事長「岸田総理がブレだしたので、やりやすくなった」

    ABEMA TIMES

    10月16日 15:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。