記事

北朝鮮の脅威は確実に拡大、反撃能力の整備が抑止力の上からも必要

昨夜の国防部会・安全保障調査会の合同会議では、以下の議題について議論。

1、北朝鮮による弾道ミサイル発射について

2、潜水艦の潜水航行及び中国海軍艦艇の動向について

3、尖閣諸島周辺海域における中国海警船の状況について

4、ロシア機による領空侵犯について

5、北朝鮮による巡航ミサイル試験発射の発表について

6、防衛大臣のベトナム訪問について

7、陸上自衛隊演習について

テーマは多岐に渡るが、この中でも緊急性の高い議題が北朝鮮による9月11、12日の巡航ミサイル発射と、15日の弾道ミサイル発射だ。巡航ミサイル発射が事実であれば、射程が1,500キロに及び、日本が射程に入る極めて深刻な脅威である。まだ、その信憑性含め分析中だが、低軌道で飛翔するので発見が困難。AWACS(早期警戒管制機)を日本海上に常時飛ばしていれば探知も可能だが、有人飛行かつ東シナ海監視もあるので、無人機による代替え等センサー整備が急務。迎撃については、今回の巡航ミサイルは亜音速なので探知追尾ができれば迎撃自体はそれほど難しくはない。

そして弾道ミサイルについては昨日昼に2発発射されたが、最高高度約50kmで、約750km飛翔し日本海の我が国EEZ内に落下したものと推定、詳細は現在分析中という。いずれにしても、弾道ミサイル発射は確実に国連安保理決議違反であり言語道断だ。

防衛省はこれら巡航ミサイルと弾道ミサイルに対して、総合ミサイル防空能力の強化に向けて取り組んでいる。巡航ミサイルに対しては、戦闘機及び艦艇による迎撃、次に地上からの空自ペトリオットや陸自中SAM等の地対空ミサイルによる迎撃といった多層的な対処態勢を構築。前述したが、無人機や小型衛星等によるセンサー部分の整備が鍵。今は中露が整備中のマッハ5を超えるHCM、HGV対処も喫緊の課題、センサーやシューターの整備もさることながら、敵基地に反撃出来る能力向上による抑止力強化は極めて大事。今般の自民党総裁選においても議論になる。

弾道ミサイルに対しては2層防衛体制であり、ミッドコースはイージス艦により、ターミナル段階においてはPAC-3で迎撃態勢を取っている。問題は、北朝鮮から弾道ミサイルと巡航ミサイルが日本に向けて同時に発射された場合に総合ミサイル防空能力は果たして機能するのかどうかだ。昨年、安倍前総理が退任直前に、ミサイルへの迎撃能力を確保するためにあるべき方策を示すことを総理大臣談話として残した。

今回の弾道ミサイルのように、低軌道、終末変則軌道の新型ミサイル迎撃は、イージス艦での迎撃はミサイル高度の関係から困難。ターミナル段階のPAC3に頼らざるを得ないが、フットプリントがかなり狭いので、少しでも多くの防護対象を守る為にも中SAMの改良を急ぐ必要がある。

そしてもう1点本日の議題から取り上げたいのは、陸上自衛隊演習、略して陸演(りくえん)だ。本日から11月30日までの期間で実施される。佐藤も自衛官時代に担当し、実際に参加したこともある陸演は、今回は戦闘部分の訓練は行わず、作戦の準備段階における各種部隊の動きを演連・検証する。

①出動準備訓練、②機動展開等訓練、③出動整備訓練、④兵站・衛生訓練、⑤システム通信訓練から構成される。陸上自衛官が約10万人参加する、全国規模の演習である。日頃の方面隊規模の実働演習が、全国規模で機能するか確認する上で極めて重要な演習だ。特に旭川、山形の東根、善通寺の部隊等を九州に移動させる他、各方面隊の補給品等を民間の船舶や列車、米軍揚陸艦等で大分の演習場に運び込む壮大なもの。改めて、演習期間が終了した後に成果と共に今後の課題を洗い出したい。

[画像をブログで見る]

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    営業禁止の地域でアダルトDVD販売 「まんだらけ禁書房」などを書類送検

    ABEMA TIMES

    10月22日 17:15

  2. 2

    橋下氏「民間のアイデアを役所が潰すな」接種証明システムに水差す総務省に苦言

    橋下徹

    10月22日 17:39

  3. 3

    「週刊女性」のゲノム編集食品に関する記事を検証し「フェイクニュース」と断定

    山崎 毅(食の安全と安心)

    10月22日 14:36

  4. 4

    ペットボトルの文化史 ~身近すぎて気づかない、イノベーションの結晶~

    速水健朗

    10月22日 11:15

  5. 5

    会社の忘年会復活にウンザリする声 「誰が望んでる」「社長がノリノリらしい」

    キャリコネニュース

    10月22日 10:00

  6. 6

    大下容子アナ番組で不適切演出…背景にテレ朝“子会社丸投げの悪癖”

    女性自身

    10月22日 13:05

  7. 7

    Kindle読み放題に続々参入する出版社 サブスクのビジネスチャンス気づき変わるか

    かさこ

    10月21日 10:39

  8. 8

    なぜこれぐらいの感染者数ならクラスター対策で対応できますと言えないんだろう

    中村ゆきつぐ

    10月22日 09:34

  9. 9

    背任容疑で理事逮捕 日本大学に90億円の補助金を受け取る資格はあるか

    毒蝮三太夫

    10月22日 09:01

  10. 10

    小室圭さんの論文がニューヨーク州弁護士会のコンペで1位に 結婚の日に表彰へ

    ABEMA TIMES

    10月22日 11:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。