記事

北朝鮮の脅威は確実に拡大、反撃能力の整備が抑止力の上からも必要

昨夜の国防部会・安全保障調査会の合同会議では、以下の議題について議論。

1、北朝鮮による弾道ミサイル発射について

2、潜水艦の潜水航行及び中国海軍艦艇の動向について

3、尖閣諸島周辺海域における中国海警船の状況について

4、ロシア機による領空侵犯について

5、北朝鮮による巡航ミサイル試験発射の発表について

6、防衛大臣のベトナム訪問について

7、陸上自衛隊演習について

テーマは多岐に渡るが、この中でも緊急性の高い議題が北朝鮮による9月11、12日の巡航ミサイル発射と、15日の弾道ミサイル発射だ。巡航ミサイル発射が事実であれば、射程が1,500キロに及び、日本が射程に入る極めて深刻な脅威である。まだ、その信憑性含め分析中だが、低軌道で飛翔するので発見が困難。AWACS(早期警戒管制機)を日本海上に常時飛ばしていれば探知も可能だが、有人飛行かつ東シナ海監視もあるので、無人機による代替え等センサー整備が急務。迎撃については、今回の巡航ミサイルは亜音速なので探知追尾ができれば迎撃自体はそれほど難しくはない。

そして弾道ミサイルについては昨日昼に2発発射されたが、最高高度約50kmで、約750km飛翔し日本海の我が国EEZ内に落下したものと推定、詳細は現在分析中という。いずれにしても、弾道ミサイル発射は確実に国連安保理決議違反であり言語道断だ。

防衛省はこれら巡航ミサイルと弾道ミサイルに対して、総合ミサイル防空能力の強化に向けて取り組んでいる。巡航ミサイルに対しては、戦闘機及び艦艇による迎撃、次に地上からの空自ペトリオットや陸自中SAM等の地対空ミサイルによる迎撃といった多層的な対処態勢を構築。前述したが、無人機や小型衛星等によるセンサー部分の整備が鍵。今は中露が整備中のマッハ5を超えるHCM、HGV対処も喫緊の課題、センサーやシューターの整備もさることながら、敵基地に反撃出来る能力向上による抑止力強化は極めて大事。今般の自民党総裁選においても議論になる。

弾道ミサイルに対しては2層防衛体制であり、ミッドコースはイージス艦により、ターミナル段階においてはPAC-3で迎撃態勢を取っている。問題は、北朝鮮から弾道ミサイルと巡航ミサイルが日本に向けて同時に発射された場合に総合ミサイル防空能力は果たして機能するのかどうかだ。昨年、安倍前総理が退任直前に、ミサイルへの迎撃能力を確保するためにあるべき方策を示すことを総理大臣談話として残した。

今回の弾道ミサイルのように、低軌道、終末変則軌道の新型ミサイル迎撃は、イージス艦での迎撃はミサイル高度の関係から困難。ターミナル段階のPAC3に頼らざるを得ないが、フットプリントがかなり狭いので、少しでも多くの防護対象を守る為にも中SAMの改良を急ぐ必要がある。

そしてもう1点本日の議題から取り上げたいのは、陸上自衛隊演習、略して陸演(りくえん)だ。本日から11月30日までの期間で実施される。佐藤も自衛官時代に担当し、実際に参加したこともある陸演は、今回は戦闘部分の訓練は行わず、作戦の準備段階における各種部隊の動きを演連・検証する。

①出動準備訓練、②機動展開等訓練、③出動整備訓練、④兵站・衛生訓練、⑤システム通信訓練から構成される。陸上自衛官が約10万人参加する、全国規模の演習である。日頃の方面隊規模の実働演習が、全国規模で機能するか確認する上で極めて重要な演習だ。特に旭川、山形の東根、善通寺の部隊等を九州に移動させる他、各方面隊の補給品等を民間の船舶や列車、米軍揚陸艦等で大分の演習場に運び込む壮大なもの。改めて、演習期間が終了した後に成果と共に今後の課題を洗い出したい。

[画像をブログで見る]

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    思い通りにならなければ批判?企業の「毅然とした対応」を求める人々

    赤木智弘

    12月03日 13:15

  2. 2

    立憲民主党は代表が交代しても共産党との「共闘」を検討すべきだ

    田原総一朗

    12月03日 09:02

  3. 3

    「しょっちゅう人手不足になるところでは働くな」が本当なら

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    12月03日 15:30

  4. 4

    新体制で雰囲気も明るくなった立民 タブーだった消費税勉強会にも参加OKに

    田中龍作

    12月03日 09:16

  5. 5

    「ZOOM」をめぐる商標バトル 終わりが見えない戦いに

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    12月03日 09:31

  6. 6

    渡航の自由を「要請」で制限する憲法違反(未遂)。日本政府の「要請グセ」は大問題だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    12月03日 09:30

  7. 7

    きな臭いウクライナと台湾問題 ウクライナがNATO加盟ならロシアとの関係は致命的に

    ヒロ

    12月03日 11:22

  8. 8

    「コロナ対策優等生」ドイツが感染爆発を防げなかった理由 - 熊谷徹

    新潮社フォーサイト

    12月03日 16:13

  9. 9

    「こども食堂とこども庁のあり方」むすびえ代表 湯浅誠さんと勉強会開催

    山田太郎

    12月03日 13:10

  10. 10

    岸田政権の55兆円規模の経済対策は赤字国債頼み 費用対効果を示すべき

    わたなべ美樹

    12月03日 13:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。