記事
  • ロイター
  • 2021年09月15日 19:55 (配信日時 09月16日 09:18)

中国本土・香港の債券相互取引、24日から「南行き」開始


[上海/香港 15日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)と香港の中銀に相当する香港金融管理局(HKMA)は15日、中国本土と香港間の債券相互取引制度「債券通(ボンドコネクト)」について、本土投資家による香港市場での売買(南行き取引)を24日から開始すると発表した。

人民銀によると、南行き取引には本土の銀行41行と、「適格国内機関投資家(QDII)」および「人民元適格国内機関投資家(RQDII)」制度で認められた金融機関が参加する。

当初は1日当たり200億元(31億1000万ドル)、年間5000億元の投資枠を設ける。香港から本土に投資する「北行き」には枠はない。

HKMAの余偉文総裁は会見で「債券通制度は1日でできたものではない。南行き取引は適切なリスク管理慣行の下、徐々に発展するだろう」と述べた。

中国外貨取引センター(CFETS)は15日、同制度を通じた取引の対象になる債券のリストを公表すると発表。市場の状況や投資家のニーズに応じて更新していく方針を示した。

HKMAのエドモンド・ラウ副総裁は会見で、通貨の種類に関係なく香港市場で売買が可能な全ての債券が取引の対象になる可能性があると説明した。

中国は今月、広東省と香港・マカオの「粤港澳大湾区(グレーターベイエリア、GBA)」における金融商品の相互投資制度「越境理財通(クロスボーダー・ウェルス・マネジメント・コネクト=WMC)」を開始すると発表したばかり。

ユニオン・バンケール・プリべのアジア担当シニアエコノミスト、カルロス・カサノバ氏は、越境理財通と南行き債券通の開始について、「中国が金融の普及深化を進める中でポートフォリオの流出を以前ほど懸念していないことを示している」と述べた。

みずほ(香港)のチーフアジア為替ストラテジスト、ケン・チャン氏は、両制度によって越境フローが促され、粤港澳大湾区の統合につながる可能性が高いものの、対象が限られることを踏まえると、目先の市場の反応は限定的になるとの見方を示した。

2017年7月に始まった北行き債券通は、海外投資家による中国債券市場への投資の主要な経路になっている。

債券通の運営主体によると、同制度を通じた売買代金は8月に前年同期を35%上回る1日平均263億元(40億9000万ドル)に達した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ユニクロ=格好いい」ブランドに 英国ファッション業界で広がる人気

    小林恭子

    09月28日 11:51

  2. 2

    立憲民主党の「所得税ゼロ」より、もっと良い方法を建設的に考える→社会保険料の免除だ!

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月29日 08:31

  3. 3

    東スポが 1週間限定の〝超ゲリラ採用〟 社員は「就職して大丈夫なのか?」と自虐的

    BLOGOS しらべる部

    09月28日 17:19

  4. 4

    【店アプリ】かっぱ寿司を救いたい!マクドナルドなどの外食チェーンならどうしたか?

    後藤文俊

    09月28日 11:41

  5. 5

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  6. 6

    オンライン授業でレポートの精度が向上 大学准教授が推測する背景とは

    BLOGOS編集部

    09月28日 11:06

  7. 7

    免停無免許当て逃げ・居座り都議へ二度目の辞職勧告決議(怒)

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    09月28日 18:19

  8. 8

    命よりカネ 小池知事「都立病院の独法化」宣言

    田中龍作

    09月29日 08:28

  9. 9

    中国との戦略的競争を急激に進める米 新総理総裁はどう対応すべきか

    長島昭久

    09月28日 14:44

  10. 10

    コロナ感染減少の要因 分科会の「人流」指摘する説明には無理がある

    中村ゆきつぐ

    09月29日 08:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。