記事

「カネやポストで揺さぶり」派閥幹部が総裁選間近に若手を一人ずつ呼び出してすること

1/2

自民党総裁選は立候補者だけの戦いの場ではない。派閥に翻弄される若手議員の戦いの場でもある。前自民党議員で大正大学地域構想研究所准教授の大沼みずほ氏は「派閥幹部やベテラン政治家は、自分たちにとって有益な候補者を勝たせるため、表向きは、自主投票という看板を掲げても、派閥内の引き締めを強め、派閥というものの存在の大きさを改めて見せつめる総裁選となるだろう」という――。

同じ靴を履いた足元が並ぶ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/takasuu

混迷の総裁選のウラ舞台でうごめいていること

自由民主党の総裁選が混戦模様となっている。

レースを見通す上で注目したいのは、自民党支持率が37%まで回復しており、最大野党の立憲民主党の5%よりはるかに高いということだ(朝日新聞世論調査:9月11、12日調査)。

8月下旬の横浜市長選で野党系候補が勝利し、「次の自民党総裁次第では、政権交代が起きる可能性もゼロではない」といった指摘はあるものの、世論調査の数字を見て、秋の衆議院選挙で、自民党は「大きくは負けないのではないか」という憶測も出始めた。大詰めを迎えた総裁選が今後どうなるのか。派閥の構図から読み解いてみよう。

1:宏池会と麻生派

総裁選で早いうちから立候補を表明していたのが岸田文雄元政調会長(64)だ。自民党内最古参の派閥・宏池会の長である。派閥のトップが総裁選に出ることもあり、派閥メンバーの46人からの支持は固い。

同派は、戦後の日本の成長を支えた池田勇人や大平正芳、宮澤喜一といった先人の首相たちを輩出しており、政策通が多い。強面政治家は少なく、ゆるやかな連帯感が特徴で、お公家集団などと揶揄(やゆ)されることもあるが、保守本流は自分たちであり、日本の戦後を作ってきたという誇りを持つ。

一方、麻生派に所属する新型コロナウイルス感染症ワクチン接種推進担当大臣・規制改革担当相である河野太郎氏(58)は、今回、派閥の領袖である麻生太郎会長(80)の全面的な支持は受けられず、麻生派は河野氏と岸田氏の二人を支持するという方針を固めた。麻生派の中にも甘利氏を中心として、岸田氏を推す人が少なからず存在する。

麻生氏は“部下”の河野氏より岸田氏推し?

麻生派が河野氏支持で一本化できない理由には、麻生派自体がいわば宏池会の分派であるという事情も関わっている。麻生氏と岸田氏の父親は当選同期であり、もともと岸田氏と麻生氏は昔から関係が深い。麻生氏は当初、宏池会に所属していたが、河野氏の父親である河野洋平氏が宏池会を出た時に一緒に宏池会から出ているという経緯がある。

麻生氏は現在、副総理兼財務大臣だ。河野氏が総理総裁になれば、そのポストを外される可能性が高い。もし、岸田氏が総理総裁になればその座にとどまる可能性もある。そうした自身のポジショニングも影響しているだろう。

今、国民の中で高い知名度と人気度を誇るのは、河野氏だろう。それに注目しているのが、自民党議員のほぼ半分を占めている当選回数1~3回までの比較的若い世代だ。彼らにとって、河野氏の知名度と発信力は、衆議院選挙を目前に控えた中、選挙の顔としての期待値が高まっている。

そのため、河野氏支持をするのは麻生派議員だけでなく、他派閥にも少なくない。小泉進次郎氏も明確に河野氏支持を表明した。派閥横断的に若手に支持を広げていく一方で、党員票とともにベテランをはじめとする中堅以上の議員をどれだけまとめられるかが勝敗の鍵となる。

今回不出馬を決めた菅義偉首相は河野氏支持を明確にしている。表向きは自主投票としているガネーシャの会(菅首相に近い自民党の当選4回以下の無派閥有志)だが、数人を除き、河野支持でまとまっているようだ。

2Aの思惑「60歳手前の河野氏が総裁になると世代交代が一気に進む」

2:細田派と高市早苗氏、安倍元首相の思惑

では、高市早苗氏(60)はどうか。かつて細田派に所属していたが、大臣を経験した後、無派閥になった。安倍晋三元総理大臣(66)は同じ元細田派で政治信条が近いということもあり、高市氏を支援すると発表。推薦人に必要な20人の確保も安倍氏の支持表明により、保守団結の会の高鳥修一氏などを中心とする人たちから固められている。ただし、他派閥への広がりは限定的と見られる。

安倍氏はなぜ高市氏を推したのか。それは「政治信条が近い」だけではない思惑がある。安倍氏は、石破茂氏(64)か河野氏のいずれかが総理になることを避けたいと考えていた。理由は2つ。

ひとつ目は、石破氏が前々回の総裁選挙以降、党内野党のように安倍氏を批判し続けたことで、両氏の関係が悪化していたこと。ふたつ目は、60歳手前の河野氏だと世代交代が一気に進み、80歳の麻生氏とともに党内を60~70代のベテランで仕切ることができなくなる可能性があるからだ。

石破氏については、9月14日に正式に総裁選挙に不出馬を表明し総理の目はなくなった。不出馬により、安倍氏は石破氏支持層が河野氏へ流れることを懸念し、より一層高市氏支援に力を入れるだろう。ここで、高市氏を応援することで、票を分散化し、河野氏が1回目の投票で過半数に達するのを避けなければならないと考えているはずだ。

少数派と多数派※写真はイメージです - 写真=iStock.com/takasuu

総裁選告示直前になって、高市氏の自民党層での支持率は石破氏を上回る勢いで伸びているとの報道もある。安倍氏とすればこの勢いで決選投票に持ち込ませ、岸田氏vs.河野氏となった際には、岸田氏支援を打ち出すのではないかと見られている。

「森友問題の再調査」を巡る岸田氏のテレビでの発言に安倍氏が激怒したため関係が悪化したと指摘する向きもあるが、安倍氏は誰が総理総裁になっても、自分が影響力を行使できる立場を維持することを最優先に考えているはずだ。

あわせて読みたい

「自民党総裁選」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  5. 5

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  6. 6

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  7. 7

    4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

    中村ゆきつぐ

    09月19日 11:52

  8. 8

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  9. 9

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  10. 10

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。