記事
  • ロイター
  • 2021年09月15日 02:20 (配信日時 09月15日 02:17)

米CPI伸び鈍化、インフレ上昇が一過性との見方裏付け=政府高官


[ワシントン 14日 ロイター] - 米ホワイトハウスの高官は14日、8月の米消費者物価指数(CPI)の伸び鈍化について、インフレの高まりが一過性である可能性を示唆したとし、景気回復が総じて良好な軌道に乗っているという認識を示した。

8月のCPIは、変動の大きい食品とエネルギーを除いたコア指数の伸びが前年同月比4.0%と、7月の4.3%から鈍化し、市場予想の4.2%を下回った。前月比でも0.1%上昇と、7月の0.3%から縮小。2月以来、6カ月ぶりの低い伸びにとどまった。8月の総合CPIも前月比0.3%上昇と、7月の0.5%上昇から鈍化した。前年同月比では5.3%上昇。7月は5.4%上昇だった。

高官は、新型コロナ禍による景気後退からの現在の回復には依然としてサプライズが伴う可能性があるとしつつも、総じてポジティブな道筋にあると指摘。「先例のない回復期で、浮き沈みはあるだろう」としつつも、「全体的なトレンドは、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)からの回復に伴うインフレ上昇が一過性というわれわれの見解および米連邦準備理事会(FRB)や市場、民間セクターの予測を支えている」と述べた。

関係筋によると、8月のCPI統計に加え、自動車やパンデミック関連サービスを除くコストの伸びがここ数カ月で鈍化していることを、ホワイトハウスは「心強い」と判断している。

しかし、ホワイトハウスや米財務省は依然、持ち家価格の上昇による家賃やインフレ全体への波及効果を懸念している。

同高官は「手頃な住宅を提供し、住宅価格の圧力軽減を実現するには、住宅供給への投資が必要だ」と述べた。安価な住宅の供給に絡む取り組みは、与党民主党が調整を進めている3兆5000億ドル規模の歳出法案に盛り込まれている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  2. 2

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  3. 3

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  4. 4

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  5. 5

    【独自】自民党総裁選4人の候補者に政策方針アンケートを実施 消費増税の可能性から夫婦別姓の是非まで

    BLOGOS編集部

    09月24日 18:49

  6. 6

    野党4党の討論会で代表代行の江田憲司氏が登場 枝野氏は野党第一党を死守したいだけか

    早川忠孝

    09月24日 18:13

  7. 7

    山口FGで起きた「山口の変」が示唆する地銀改革を邪魔する根源

    大関暁夫

    09月24日 14:34

  8. 8

    「スマホレジ」が変えるコンビニ店舗の風景

    内藤忍

    09月24日 10:29

  9. 9

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  10. 10

    再任してほしい歴代首相ランキング 2位は安倍晋三氏「1番日本が平和だった」

    女性自身

    09月24日 14:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。