記事

「みんなが自分のあこがれ、幸せ、なりたいものを目指して手を前に伸ばそうと努力する国を作りたい」河野太郎氏が語ったワクチン接種推進の教訓

1/2


 今週17日の自民党総裁選の告示を前に、河野太郎・規制改革担当大臣が『ABEMA Prime』に生出演。ワクチン接種推進の裏話やコロナ対策とテレワークの普及、外交・防衛まで幅広く語った。

・【映像】河野氏はTwitterのブロック、誹謗中傷をどう考える?

■やってみたら接種150万回を超えました、みたいな感じ


 菅内閣で新型コロナワクチン接種推進の担当大臣として陣頭指揮にあたってきた河野氏は。出馬会見などでも、その成果を自身の強みとして繰り返し強調してきた。

 「菅さんは、どちらかというと“結果で勝負”というタイプの方。古いタイプでもあり、背中で語るみたいな感じだと思う。僕はどちらかというと、データを出して、“これを見ると、こういうふうに考えられるから、政府としてはこうやりたい”と説明して、納得をしてもらいたいタイプだ。だから“ワクチン接種、1日100万回”と言われた時、僕は正直、“殿ご乱心”だと思って、“7~80万で大丈夫です”と言った。すると、“いや、俺の決定だ、100万いけ”。ドヒャーという感じだったが(笑)、やってみたら150万回を超えました、みたいな感じだ。

 菅さんが設定する“100万回”とか“7月末”とか、次から次へと、しかもかなり高いハードル付きのゴールに対して、必死にこなしていった。金を出すのは財務省、ワクチンを持ってくるのは国交省、注射針を用意するための金型を早く回してもらうのは経産省、自治体を動かすのは総務省、学校の施設を借りるのは文科省、接種するのは厚労省、そして打った後の注射器や針は環境省と、ありとあらゆる省を使いながらやった。

そういう意味では指揮官というか、タクトを振って“はい、こっちのパート。はい、じゃあ次はヴァイオリン”みたいな役割も、割とできたかなという気はしている」。

■最初、自治体の課長さんにすごく怒られた



 行政改革担当相として、ワクチン接種推進を通して行政組織の課題についてどのように感じたのだろうか。

 「役割分担は必要だし、縦割りはある。問題は、そこにちゃんと横串を通せるかどうか。それが政治の仕事なのではないか。今回、結構面倒臭かったのも、縦割りのせいではなくてルールだった。1億人に対して、1日も早く2回の接種をしろという非常事態の中、平時のルールでやろうとしていた。

 例えば治験。“日本は感染者数が少ないから、治験をやっても時間がかかるばかり。だから日本は飛ばす”とも言われたが、実はファイザーはアメリカ在住の日本人学生や企業の駐在員、その家族を百数十人集め、治験をやっていた。そのデータがちゃんと取れているよ、と言ったが、“いやいや。アメリカに住んでいる日本人は、日本に住んでいる日本人と食い物が違うだろ”と言って蹴ってしまった。“いやいや、日本に住んでいたってスパゲッティ食べるだろって。アメリカでだって米の飯は食えるんだし、向こうで食ってるだろ”と(笑)と。

 あるいは有効期間。モデルナの場合、他国は7カ月としているが、日本だけ6カ月だった。だから“もう少しこっちへ出してくれ”と言っても、“だって日本は6カ月だから、貼るラベルから何から全部違う。余ってても、そっちに振り分けられないだろ”と言われた。そこで“全部そっちに合わせて、有効期間を長くするからいいじゃないか”と言って進めた。

 それから、僕は最初、自治体の課長さんにすごく怒られた。1月18日にワクチン担当になったときに、厚労省が出していたワクチン接種の手引きを見ると、“接種券を送って下さい。そして予約を取ってください”となっていた。

多くの市長さんから、“高齢者は時間の融通が効くから、あなたは何月何日に来てくださいと言えば、その日に来てくれるはずだ。どうしても都合の悪い人だけ電話をしてくれ、と言えばいいのに、接種券を出してから予約するようにしてしまったから、電話が殺到してパンクしている”と。“お前ら分かってないだろ”と。“それはおっしゃる通り、失礼しました”と言った」。

■いろんな人がいて物事が決まっていくことが大事



 同時に、規制改革の必要性も痛感したと明かす。

 「ワクチン担当大臣に指名されたとき、1億人の2回の接種を紙で記録するというので、そんなの無理だろう、あと2カ月しかないけど、システムを作るぜ、やらなきゃダメだと言って、名だたる国際的な大企業へもヒアリングをしたが、日本の創業7年目くらいの小さな会社が一番できそうじゃない?ということになった。

競争入札をしている時間はないから、私が責任とるから随意契約でお願いしますといってやってもらった。そもそも入札になっていたら、その企業は参加の資格がなかったかもしれない。その辺から変えていかないとダメだよねと痛切に感じた。

 規制改革についても、テーマを提案してくれている企業はスタートアップみたいなところが多い。それはやっぱりチャレンジしようとしても、規制があるからできませんと言われるからだろう。しかしそれらを外してあげれば、新しい技術やアイディア、サービスがどんどん世の中に出てくるんじゃないかと思うし、そういう人たちを応援する体制を経済界にも組んでもらった方がいいのかなと思う。

 そもそも日本の企業経営者はだいたいが日本人で、男で、55歳かそれ以上、卒業してすぐその会社に入ったという人にほとんど限られている。もっと若い人や女性、日本人でない人がトップにいてもいいはずだ。これは政治も同じことかもしれないが、そうやっていろんな人がいて物事が決まっていくことが大事だと思う」。

■現実的な議論ができない野党、ちょっと残念



 政府はこの日、5割の人がワクチンの2回接種を終えたことを明らかにした。重症化リスクが高いとされる高齢者については9割近くが2回の接種を済ませており、10月~11月には希望者全員への接種の完了を目指している。こうした状況を踏まえ、経済界からは海外出張からの帰国時の隔離期間の緩和など、行動制限の段階的な解除を求める声も強まっている。

 河野氏は「これはやっていかなければいけない。ごく限られた人たちが重症化する可能性はあるかもしれないけども、大多数にそういう可能性がないなら、もう少し前へ進めるよねとなる」とした上で、次のように指摘した。

 「よく言われるのは、ワクチン接種済か、PCR検査で陰性かだ。陰性なら人にうつすことはない。しかしワクチンを打っていてもブレイクスルー感染をする可能性はあるし、そこにワクチンを打っていない人が“安全だよ”と言って入ってくれば感染してしまう可能性もある。そういうリスクも含めて説明した上で、“やりますか”と言うのか、それとも“9割5分ぐらいの人が接種済になるまで打ってくれませんか”とお願いをするのかだ。

 9割5分まで行けば違う景色が見えてくると思うが、若い人たちがなんとなく“かかっても軽症だろうし、面倒くさいから打たなくていいや”と言って接種率が下がってしまうと、そこから感染が起きることになる。だからこそ、“こういう状況になったらこういうことを考えている”ということをお示しして、“じゃあしょうがない。面倒くさいけどワクチンを2回打つか”と多くの人が思ってもらい、接種率が9割を超えていくような状況を作る。そのためにも、徹底して説明していくことが大切だ。

 与党というのは、現実と向き合って、背負っていかなければいけない。例えば野党はこの間の国会のときも“ゼロコロナ、ゼロコロナと繰り返していた”。しかし本当にコロナをゼロにするためには、どれだけ経済を押さえつけなければいけないのか。どれだけの期間、人流抑制をやらなければいけないのか。それはやはり現実的ではないと思う。

今の野党も一度は政権を取っているわけだから、そういうところも分かっているはずだが、昔に戻ってしまったような気がしている。それでは同じ土俵で、現実的な議論をしようよということにならないんじゃないか。そこがちょっと残念だ」。

あわせて読みたい

「河野太郎」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    自民党総裁選をめぐる様々な立場からのネット番組 極端な内容に苦言

    石破茂

    09月25日 16:07

  2. 2

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  3. 3

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  4. 4

    バブルは必ずはじける 中国不動産業者の破綻にみる危うさ 日本でも不労所得に高額課税を実現しよう

    猪野 亨

    09月25日 12:02

  5. 5

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  6. 6

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  7. 7

    「自分だけのキャンプ場を持ちたい」コロナ禍で増える“山”購入 副業ビジネスに活用も

    ABEMA TIMES

    09月25日 15:53

  8. 8

    自民党総裁選の候補者討論 報ステとWBSの仕切りの差異は興味深かった

    NEWSポストセブン

    09月25日 18:24

  9. 9

    今の自民党でキングメーカーになり得るのは、安倍さんでも森さんでもない

    早川忠孝

    09月25日 16:46

  10. 10

    河野太郎氏が言及した原発問題「パンドラの箱」 核燃料サイクル事業が止められない事情

    宇佐美典也

    09月25日 12:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。