記事
  • ロイター
  • 2021年09月13日 19:05 (配信日時 09月13日 20:24)

ECB、インフレ目標早期達成なら政策正常化へ=シュナーベル理事


[フランクフルト 13日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のシュナーベル専務理事は13日、ユーロ圏のインフレについて、現在は大きく上昇しているが来年は「恐らく」減速するとの見通しを示した。ただ、インフレ率が予想より早く目標を持続的に上回る状況になれば行動する用意があると述べた。

専務理事はドイツの起業家向けの講演で「特にドイツでインフレ率が上昇する中、インフレが過度に高い状態が続く可能性や制御不能なほど高進する可能性への懸念を和らげることが私の関心事だ」とした上で「恐らく早ければ来年にもインフレ率は目に見えて低下するだろう」と述べた。

8月のユーロ圏のインフレ率は前年比3%で、ECBの目標である2%を10年ぶりに大きく上回った。ただECBはインフレ率が来年には1.7%に、2023年は1.5%に低下すると予想する。

ECBは先週、新型コロナウイルスのパンデミックを受けて導入したパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の縮小方針を示したが、シュナーベル氏は、インフレが予想より早く目標水準まで上昇しない限りECBは政策引き締めを急がないと説明。

「われわれは、インフレが目標に確実に到達すると確信してからでないと正常化プロセスを開始しないつもりだ。しかし、インフレが予想外に早期に目標を持続的に達するようなら、早期かつ断固として行動することになる」と述べた。

インフレ目標達成が前倒しされる可能性があるとみる理由として、長引く供給の混乱、脱炭素といった構造的変化、消費者の楽観度の高まりという3つの要因を挙げた。

「物価上昇余地が限定されていること、低成長、インフレ期待低下という悪循環を打破できれば、マイナス金利を脱することができる。現在の財政、金融のポリシーミックスでそれが達成可能という兆候が強まっている」と述べた。

*カテゴリーを追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  2. 2

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  3. 3

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  4. 4

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  5. 5

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  6. 6

    ワクチンで感染を防げぬ時代に 国民が望む対策をとるのが政治家の役目

    中村ゆきつぐ

    09月25日 08:40

  7. 7

    【独自】自民党総裁選4人の候補者に政策方針アンケートを実施 消費増税の可能性から夫婦別姓の是非まで

    BLOGOS編集部

    09月24日 18:49

  8. 8

    再任してほしい歴代首相ランキング 2位は安倍晋三氏「1番日本が平和だった」

    女性自身

    09月24日 14:23

  9. 9

    野党4党の討論会で代表代行の江田憲司氏が登場 枝野氏は野党第一党を死守したいだけか

    早川忠孝

    09月24日 18:13

  10. 10

    「スマホレジ」が変えるコンビニ店舗の風景

    内藤忍

    09月24日 10:29

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。