記事

ワクチン3回目接種の是非

新型コロナウイルスワクチンの「ブースター」と呼ばれる3回目の接種について、政府が来週にも専門家などによる本格的な議論を始めることがわかった、と報じられています。専門家で構成する厚生労働省のワクチン分科会で議論し、11月ごろまでに対象者や接種体制を具体化する、年内の接種開始も視野に入れている、とのこと。

また、異なる種類のワクチンを用いる「交差接種」についても検討します。今月9日時点で、日本でのワクチン接種は、1回目が61.9%、2回目を終えたのが49.8%、と米国にほぼ並びました。政府は、11月初めころまでに、希望する人への接種完了を目指していて、3回目はその後に開始する予定、ということです。

ウイルスの増殖を防ぐ抗体の量が、半年後には下がっていた、という分析結果が出ていて、感染力の強いデルタ株に対しては、時間とともに感染予防効果が低下する、というデータもあります。メーカー側は、再び免疫力を高めるために3回目の接種が必要という見解を示しています。

イスラエル、フランス、ドイツ、ブラジル、米国、カナダ、スウェーデンで3回目を開始していますが、高齢者や免疫不全の人など対象者をしぼっている国が多くなっています。

一方、WHO(世界保健機関)は、接種が進んでいない発展途上国に公平にワクチンを供給するため、各国に年内の3回目接種実施は見合わせるよう要求しています。抗体の量は、2回目接種の10日から2週間後ぐらいにピークになり、徐々に減り、半年後には大幅に減っているという研究があります。

米ファイザーは、3回目を打つと抗体の量が5~11倍に増えるというデータを明らかにしています。一方で、抗体は減ってもなくなるわけではなく、他の免疫細胞も働いていると考えられるので、予防効果がどれほど弱まるかは厳密には、わからない、ということ。

入院や重症化を防ぐ効果は変異株に対しても以前高いという研究結果があり、3回目の副反応を心配する声もあります。

検討会では、3回目の接種ありきではなく、慎重に検討してもらいたいと思います。日本だけ予防しても、途上国で変異株が次々に発生したら、防ぎきれなくなります。

WHOの要請どおり、年内は、途上国を含めて2回の接種に全力をあげ、その後、対象者をしぼって3回目、というのがよいのかと思います。

あわせて読みたい

「ワクチン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  2. 2

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  3. 3

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  4. 4

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  5. 5

    NHK党・立花孝志氏 へずまりゅう擁立も「二度と信頼しない」と支持者が続々離脱

    女性自身

    09月23日 10:32

  6. 6

    専門家の感染者数予想はなぜ実数とかけ離れてしまうのか

    中村ゆきつぐ

    09月23日 10:26

  7. 7

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  8. 8

    新型は納車2年待ちの「ランドクルーザー」 なぜ世界中で高い信頼を得られたのか

    NEWSポストセブン

    09月23日 13:25

  9. 9

    河野氏は論戦巧者 他の候補者3人がほぼ無防備な年金問題に手を付けたのは上手い

    ヒロ

    09月23日 10:39

  10. 10

    河野太郎氏 自民党の身内にも…強気な“回答拒否グセ”に「誠意ない」と高まる不信感

    女性自身

    09月23日 20:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。