記事

ウィズコロナを見据えた対策を

 自民党総裁選挙の顔ぶれや構図がみえてきた。候補者それぞれが政策を出し合うが、多くは足元のコロナをどう抑えるかに留まる。コロナが収束する時期はまだ見通せない中で、「ウィズ・コロナ」の社会・経済生活をどのように構築していくかの議論が足りない。

 政府の見解では、希望者全員にワクチン接種が行き渡るのは今年11月の早い段階という。欧米に比べて数ヶ月遅れて摂取が始まったが、ようやく肩を並べるところまできた。しかし2回接種しても感染する、いわゆる「ブレークスルー感染」が報告されている。個々人の体質や基礎疾患の状況により、十分な抗体量が形成されなかったのかも知れない。

また接種後半年経つと、抗体量が大幅に減少するという研究報告もあり、まずは医療従事者を皮切りに3回目の接種、いわゆる「ブースター接種」を検討する時期になった。今回は遅れを取らないよう早め早めの準備が肝心だ。

 また長引く緊急事態宣言により、飲食店などは危機的状況だ。彼らを守るためには、協力金や補助金はもちろん大切だが、第三者機関が認める感染防止の優良店舗には、営業時間の延長や酒類提供を認めても良いのではないか。地元栃木県では厳格な調査ののち「とちまる安全認証」を与えている。各自治体の判断に任せてはどうか。

 最近、公立中学校でこんなことがあった。合唱部や吹奏楽部の練習が規制された上に、全国コンクールに参加してはいけないと教育委員会が待ったをかけた。

隣町の中学校からは参加可能なのに何故と、子どもたちは失望し、保護者からはクレームの嵐で、市議会でも取り上げられた。自治体ごとに感染者数や病床使用率などの差はあるとしても、あまりに理不尽である。一律の規制でなく、メリハリの効いた柔軟な感染対策を求めたい。

 アメリカではワクチン接種の証明書か1週間以内の陰性証明を、勤務の際の条件にする動きがある。日本でも証明書を持った人には何らかのメリットを与えようという検討も始まった。人の活動や経済を正常に戻すためには、このような方法も大変重要だが、一方で個人情報の不当な扱いや差別意識が生まれる危険性もあり、十分な注意が必要だ。特に学校ではいじめにつながる可能性が高く、関係者の慎重な配慮が欠かせない。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  2. 2

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  3. 3

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  4. 4

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  5. 5

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  6. 6

    ワクチンで感染を防げぬ時代に 国民が望む対策をとるのが政治家の役目

    中村ゆきつぐ

    09月25日 08:40

  7. 7

    【独自】自民党総裁選4人の候補者に政策方針アンケートを実施 消費増税の可能性から夫婦別姓の是非まで

    BLOGOS編集部

    09月24日 18:49

  8. 8

    再任してほしい歴代首相ランキング 2位は安倍晋三氏「1番日本が平和だった」

    女性自身

    09月24日 14:23

  9. 9

    「スマホレジ」が変えるコンビニ店舗の風景

    内藤忍

    09月24日 10:29

  10. 10

    野党4党の討論会で代表代行の江田憲司氏が登場 枝野氏は野党第一党を死守したいだけか

    早川忠孝

    09月24日 18:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。