記事
  • ロイター
  • 2021年09月13日 11:10 (配信日時 09月13日 11:05)

米民主党、EV向け税額控除の大幅拡充を提案 国内メーカーを優遇


[ワシントン 10日 ロイター] - 米議会民主党は10日、米国内の労働組合を持つ工場で組み立てられた電気自動車(EV)への税額控除を大幅に引き上げる内容の法案をまとめた。米自動車大手3社(ビッグスリー)に有利な措置となる。

バイデン米大統領は新車販売に占めるEV比率を2030年までに50%に引き上げ、労組に加盟する就労者を大幅に増やすという目標を掲げており、税控除拡充はその主要施策の1つとなる。ホンダやトヨタ自動車など外資系の自動車メーカーは反発している。

米国内の労組を持つ工場で組み立てられた自動車への税額控除は最大1万2500ドルに引き上げられ、他の大半のEVに対する7500ドルを大幅に上回ることになる。

下院民主党がまとめた法案はまた、EVの累計販売台数が20万台に達した後に控除額を段階的に減額する既存の仕組みを撤廃する。既に20万台に達しているゼネラル・モーターズ(GM)とテスラに再び初期の控除額が適用されることになる。また、中古EVに最大2500ドルの税控除を設ける。

税控除拡大など下院民主党の提案にによって、GMの「シボレー・ボルト」を含む一部のEVは価格を現在の3分の2に下げることが可能になり、ガソリン車と比べても価格優位性が高まる。

下院民主党のダン・キルディー議員はロイターに「米国のメーカーを優位な立場に導き、他のいかなる潜在的な政策よりも(温暖化ガス)排出量を速く削減できる」と強調した。

新たな税額控除の財政負担は10年間で推計330億─340億ドルになると述べた。

GM、フォード・モーター、クライスラーの親会社ステランティスから成るビッグスリーは、米国内の完成車工場の従業員が全米自動車労組(UAW)に加盟している。

これとは対照的に、外資系メーカーやテスラは米国内の工場に従業員を代表する労組はなく、その多くは、UAWによる労組結成の取り組みにも抵抗してきた。

EV向け税控除拡充の協議が進展する中、ホンダは先月、文書で自社の従業員は「米議会から公正な扱いを受ける権利があり、どの職場を選択したかでペナルティーを科されるべきではない」と訴えた。

下院歳入委員会は14日に新たな法案の採決を行う。法案は民主党が調整を進めている3兆5000億ドル規模の歳出法案の一環となる。

法案によると、新たなEV向け税額控除は総収入が40万ドル以下の人が対象で、価格が5万5000ドル以下のEV(トラックは7万4000ドル以下)に限定される。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  2. 2

    「テレビ報道が自民党一色になっていることへの懸念はあった」立民・安住淳議員に呆れ

    鈴木宗男

    09月20日 15:48

  3. 3

    「論文ランク1位は中国」ノーベル賞常連の日本が貧乏研究者ばかりになってしまった根本原因

    PRESIDENT Online

    09月20日 14:10

  4. 4

    警察庁長官、警視総監だけじゃない 総裁選の裏で安倍前首相の“懐刀”が続々出世の怪

    NEWSポストセブン

    09月20日 14:41

  5. 5

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  6. 6

    医療逼迫招いたのは日本医師会か 医師不足に触れず「病床増やそう」は欺瞞

    NEWSポストセブン

    09月20日 17:06

  7. 7

    潜水艦の契約破棄問題 米仏豪の行方を予想

    ヒロ

    09月20日 10:44

  8. 8

    カナリア諸島の火山が50年ぶりに噴火 住民ら約5000人が避難 アフリカ北西部

    ABEMA TIMES

    09月20日 16:15

  9. 9

    敬老の日 自民党総裁選⑺ 年金改革 河野氏提案の最低保障年金導入で消費税大増税???

    赤池 まさあき

    09月20日 08:28

  10. 10

    河野太郎氏“年金の財源は消費税”発言に「勘弁して」と経済政策に高まる不安

    女性自身

    09月20日 09:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。