記事
  • ロイター
  • 2021年09月13日 11:05 (配信日時 09月13日 11:11)

国内企業物価8月は前年比+5.5%、商品上昇の価格転嫁続く

[東京 13日 ロイター] - 日銀が13日に発表した8月の企業物価指数(CGPI)速報によると、国内企業物価指数(2015年=100.0)は前年比プラス5.5%だった。上昇率は前月から小幅に縮小したものの、国際商品市況の上昇を価格転嫁する動きが続き、引き続き高水準となっている。前月比は横ばいだった。

前年比上昇は6カ月連続。石油・石炭製品が前年比31.5%、非鉄金属が同28.0%それぞれ上昇し押し上げに寄与した。化学製品、鉄鋼、木材・木製品なども上昇した。

744品目中、前年比で上昇したのは404品目、下落したのは240品目。上昇が下落を164品目上回った。

7月も前年比プラス5.6%と、2008年9月以来の高い伸びだった。ワクチン接種の進展などで世界経済の回復が続く中、国内企業物価に上昇圧力がかかりやすい状況が続いている。一方、新型コロナウイルスの感染再拡大で国際商品市況の一部には一服感や価格下落の動きもみられるという。担当者は「先行きの不透明感は増している」と述べた。

同時に発表された輸入物価指数は、円ベースで前年比プラス29.2%と、1981年1月以降で過去最高の伸び。6カ月連続のプラスだった。

<前月比は横ばい>

前月比は押し上げと押し下げが交錯し、横ばいとなった。押し上げ方向に最も寄与したのは木材・木製品と鉄鋼。住宅建築用木製組み立て材料や集成材は輸入材を原料にしているものもの多く、既往の商品市況の上昇がタイムラグを伴う形で国内価格に波及している。鉄鋼もこれまでの原材料高を価格転嫁する動きが続いた。金属製品、プラスチック製品、飲食料品なども押し上げ方向に寄与した。

一方、石油・石炭製品は7月中旬から8月にかけたドバイ市況の下落を受けて値下がり。鶏卵は鳥インフルエンザによる供給制約が解消に向かったこと、牛肉は感染症拡大で外食需要が低下したことなどを背景にそれぞれ値下がりした。

(杉山健太郎 編集:内田慎一、田中志保)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  5. 5

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  6. 6

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  7. 7

    4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

    中村ゆきつぐ

    09月19日 11:52

  8. 8

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  9. 9

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  10. 10

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。