記事

PC遠隔操作なりすましウィルス事件 容疑者逮捕 えん罪事件がさらに起こらないよう厳重な監視を!

[画像をブログで見る]

 (否認すると身柄拘束期間が長くなると脅して自白を取った捜査機関)

 ウイルス感染したパソコンから犯行予告が送信された、いわゆるPC遠隔操作事件で、警視庁と神奈川、三重、大阪各府県警の合同捜査本部は2013年2月10日、インターネットの掲示板に襲撃予告を書き込んだとして、威力業務妨害の疑いで東京都江東区の会社員(30)を逮捕したということです。

 しかし、同容疑者は

「全く事実ではありません」

と容疑を否認しているとのことですから、一連のPC遠隔操作事件の真犯人だと決めつけることは厳に慎まなければなりません。いえ、たとえ否認していなくても。

 私は、犯罪報道に関しては、初期報道には反応しないようにしています。なぜなら、誤報が飛び交うし、捜査機関による印象操作が行われることが常で、報道を真に受けるのが危険だからです。

 しかし、今回の報道にその日のうちに反応するのは、この事件全体が捜査機関の黒星続きで犯人逮捕に焦っているので、新たなえん罪事件が発生する可能性が高いからです。

 一般に、どんな刑事事件でも推定無罪の原則が非常に大切で、たとえ逮捕されたからと言って捜査段階で実名報道するのは厳に慎むべきなのですが、単なる「容疑者」=被疑者=捜査機関に嫌疑をかけられている人なのに、マスメディアが犯人扱いして実名報道しますから、一般市民の方は逮捕されれば真犯人だろうと思い込んでしまうのは無理もありません。

 まして、この事件では各都道府県警が4人の方を誤認逮捕し、うち2名の方には自白を強要しました。

PC遠隔操作なりすましウィルス事件は自白強要による冤罪が問題だ [画像をブログで見る]

(自白させられ保護処分が言い渡された少年。ほかに否認したまま起訴された無実の人もいる)


 まさか無実の人がやってもいないことを自白するわけがないというのが一般人の常識ですが、我々弁護士からすれば、まるで無辜(無実)の方にでっちあげの自白をさせることくらい、捜査機関にとって自由自在なのは常識です。

 これまでのえん罪事件も、そのほとんどが自白事件です。そう、プロの捜査官が密室の取調室や長期の身柄拘束期間を使えば、まるで身に覚えがない人に自白させるなどたやすいことです。

 横浜の事件で逮捕された少年は、やってもいないのに

「楽しそうな小学生を見て、困らせてやろうと思った」

と動機まで「自白」させられています。

 さらに、プロ中のプロであるはずの裁判所でさえ、自白偏重、無実の人が自白するわけがないと思い込んでいるからえん罪事件が起こるのです。

 上記の少年事件では、すでに家裁の処分が下りてしまっていて取り消さなければいけなくなりました。そして、逮捕されたご本人はもとより、捜査機関の言うことを半信半疑ながら真に受け、我が子を疑ってしまったと後悔するお父さんのコメントも発表され、法律家として、子を持つ同じ親として、深く考えさせられました。

PC遠隔操作事件 家裁の異例の保護観察取り消し処分にあたり、お父さんがコメントを発表されました [画像をブログで見る]

(捜査機関も思い込みでできる補充捜査をしなかった)

 警察も検察も、この事件でも無実の人を逮捕し、しかも全くでっちあげの自白を取ってしまったことに強い反省がありません。もう長らく必要性が指摘されている取り調べの全面可視化=全部録音・録画も、彼らの抵抗で実現していないのです。

 そんな中、今日、なりすまし事件の容疑者とされる人が逮捕されました。

 非常に危険です。これまでのえん罪事件も大事件なのにどうしても犯人が捕まらず、とりあえず都合の良さそうな人を捕まえてでっちあげてしまったものがほとんどです。現在の報道では、逮捕された人がIT関連会社にお勤めであること、同種前科があること、江ノ島で猫に本件関連のデータを付けた防犯カメラの映像から逮捕されたというようなことが言われていますが、それが本当だとしても証拠としては間接的であり、決定的ではありません。

 この事件でも、今は逮捕された人が否認していますが、近いうちに「容疑者が自白」という報道がされるかもしれません。しかし、自白調書が取られても、それが真実の自白でない場合があること、全く無実の人でも「自白」することがあることは、今回の一連のPC遠隔操作事件で我々も身に沁みたはずです。

 マスコミも全く反省していないようです。絶対にさらなるえん罪事件とならないようにするためには、我々市民の厳重な監視が必要です。

 そして、いち早く、取り調べの全面可視化の実現を。

取調べ可視化の重要性 大阪地裁で放火被告事件 無罪判決

取り調べ全面可視化は絶対必要!小沢裁判で調書一部不採用 佐賀国賠で検事の接見交通権侵害で弁護士勝訴 

東電OL殺害事件 マイナリさん再審無罪確定 戦後8件目の死刑台・無期懲役からの生還

あわせて読みたい

「遠隔操作ウイルス事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  3. 3

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  4. 4

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  6. 6

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  7. 7

    8割が遭遇する中年の危機に注意

    NEWSポストセブン

  8. 8

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  9. 9

    河野大臣 コロナ重症化率を解説

    河野太郎

  10. 10

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。