記事

僕が国会をこの非常時はずっと開くべきだという最大の理由

僕が国会をこの非常時はずっと開くべきだという最大の理由は、多くの分野で、すぐにでも解決すべき問題が放置されているからです。

ひとつの具体例をご紹介します。

外国人技能実習制度は、日本の技術を発展途上の国の若者たちへ伝授すると同時に、実質的に受け入れ側の企業にとって、重要な労働力として役立っていただいている制度です。

今、外国人の実習生、受け入れる企業、実習生を受け入れる組合、すべてが深刻な課題に直面しています。政治決断一つで前に進めるのに。

◯問題◯
外国人労働者の就労ビザが1年以上発行されていないこと。

これは、コロナ禍の水際対策なのですが、期間満了の実習生は、帰国できる国もあります。その一方で、新しい実習生はまったく入国できません。日本側の水際での受け入れの準備はできているのに、ビザが発行されません。

技能実習生はどんどん帰国していき、新しい実習生をあてにしていた企業は、深刻な人手不足に直面しています。実習生がいつ入国できるのかまったく目処も見通しも立たないため、仕事の予定、計画がたたず、受注にも影響が生じています。

『総務省』に聞くと外国人労働者の管轄部署である外務省へ聞いてくれと、『外務省』に聞くと話が来たら検討の余地もあるかもしれないので職種の管轄へと、『国土交通省』に聞くと、外国人労働者のビザに関する事は外務省と法務省の管轄なのでと。

これほどお手本通りのたらい回しも清々しい。

日本で技術を学びたいとビザを待つたくさんの実習生がいます。その実習生が来てくれないと現場が回らない企業も現実として存在します。

◯課題◯
どうしたら発行する事ができるのか?

ビザの発行には、外務大臣の許可がいるそうです。役所はたらい回しにするしかないんです。つまり政治決断なんです。

国会開いて議論したら良いじゃないですか。

与野党関係ないじゃないですか。

総裁選やりながらだって国会できますよ。

総裁選で国会論戦が浅くなるほど自民党は人材の層薄くないですよ(国会活動四年、自民党の層の厚さは思い知りましたから)

野党は、この有事に与党の批判は、対立構図としか見られないので、抑制的にすべきです。

与党は、具体的な論戦を通して国民の皆様に政治を身近に感じていただきたいというのであれば、総裁選ももちろん結構ですし、国会も開いてください。

与野党ともに考え方動き方を変えないと、政治全体の地盤沈下、また進んでしまう気がしてなりません。

こんなことが、あらゆる分野で、起きてるから、国会を開くべしと主張してます。

あわせて読みたい

「国会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  2. 2

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  3. 3

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  4. 4

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  5. 5

    堀江貴文「西野亮廣の『えんとつ町のプペル』が大成功したたった一つの理由」

    PRESIDENT Online

    09月17日 16:17

  6. 6

    始まった自民党総裁選 次のリーダーは党内の淀んだ空気を変えられるのか

    毒蝮三太夫

    09月17日 15:56

  7. 7

    岸田氏と河野氏だけの争いではなくなった自民党総裁選 予断を許さぬ激しい戦いに

    早川忠孝

    09月17日 17:04

  8. 8

    次の首相は誰に? 自民党総裁選の4候補が意気込みや政策語る

    BLOGOS編集部

    09月17日 14:23

  9. 9

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  10. 10

    がん患者に断食やサプリメントを推奨 クリニックへの疑問から“潜入取材”した医師

    ABEMA TIMES

    09月17日 15:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。