記事

巨人・後半戦の失速 原監督「3つの疑問の采配」とは?

巨人後半戦の失速を招いている要因はどこにあるのか(時事通信フォト)

 三つ巴のセ・リーグ優勝争いで、経験値や戦力面から有利と見られていた巨人が、一歩後退している。9月11日まで2引き分けを挟んで、今季ワーストの6連敗(記録は9月11日現在。以下同)。ヤクルトにも追い抜かれ、現在は首位・阪神に4ゲーム差の3位となっている。プロ野球担当記者が話す。

「結果的にこの3週間で、原辰徳監督には“3つの疑問の采配”があったと思います。1つ目は中田翔を日本ハムから獲得し、すぐに一軍で使ったことでしょう。日本ハムで無期限謹慎処分になった中田を迎え入れるまではまだいい。しかし、移籍と同時に処分を解除して、スタメンで使った。世間の大半は疑問に思ったし、巨人ファンでも賛同しない人たちがいた。選手たちは言葉にこそ出さないものの、動揺したはずです。

 1人の選手が加入すれば、別の選手のポジションが脅かされる。それでも、中田が打てば選手たちも納得せざるを得なかったでしょうが、中田が打率1割台に低迷しても原監督はスタメンで使い続けた。不協和音が表に出ないだけで、選手たちには複雑な思いもあったことでしょう」(以下同)

 後半戦開始直前、原監督は“わっしょいベースボール”というフレーズを掲げた。東京五輪での中断が明けると、巨人は2カードで3勝1敗と勝ち越し。ホームランを打った選手がベンチに帰ってくると、神輿を担ぐようなポーズをするようになり、チームの雰囲気も盛り上がってきた。

 しかし、8月20日に中田の無償トレードが発表されてから9月11日に二軍落ちする前日まで、巨人は5勝9敗5分。明らかに失速した。中田1人のせいではないとはいえ、大きな戦力になるはずだった昨年のパ・リーグ打点王の加入は、チームの雰囲気にも微妙な影響を与えてしまったのではないだろうか。

「2つ目は、9月5日の阪神との首位攻防の第3戦で起こりました。6回表までに6対0と大量リードを奪うと、中4日で先発のメルセデスを69球で降板させ、キャプテンの坂本勇人もベンチに下げた。代わりにショートに入った若林晃弘、廣岡大志が立て続けにエラー。いずれも失点に結びつき、終わってみれば6対6の引き分けに。勝てる試合を落としました」

 たしかに原監督は大量リードすると、主力を休ませる采配をこの2年間行なってきた。それで追いつかれたり、逆転負けをしたりすることはなかった。しかし、阪神との9月の首位攻防で、甲子園球場の異様な雰囲気を考えれば、“いつも通り”の采配を振るう場面ではなかったかもしれない。

「3つ目は、9月に入ってからの先発ローテーションです。最近2週間の巨人はローテーションを5人で回しており、中5日や中4日が続いている。優勝争いに向けて、ギアを上げたのでしょう。しかし、ローテーションに入っている5人のほとんどが何かしらの問題を抱えているのが現状。

 昨年の最多勝投手である菅野智之は度重なるケガもあり、一軍と二軍を往復し、本調子からは程遠い。2年前の最多勝投手である山口俊はアメリカから帰ってきたばかりでコンディションに不安を抱えていた。メルセデスは東京五輪でドミニカのエースとして投げている疲労もあるし、元々スタミナに不安がある。勝ち頭である高橋優貴は1年間ローテーションを守ったことがない。中5日や中4日自体は悪いことではないと思うが、今の巨人はそれに耐えられるだけの陣容を揃えられていないのでは」

 残りのローテーション投手である高卒3年目の戸郷翔征は中5日になってからいずれもノックアウトされている。9月に中5日以下で先発した延べ10投手で勝ち星を挙げた先発は9月1日の菅野だけ。この起用法も明らかに上手くいっていない。残り33試合、原監督がどうチームを立て直していくか。

あわせて読みたい

「原辰徳」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  2. 2

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  3. 3

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  4. 4

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  5. 5

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  6. 6

    ワクチンで感染を防げぬ時代に 国民が望む対策をとるのが政治家の役目

    中村ゆきつぐ

    09月25日 08:40

  7. 7

    河野太郎氏が言及した原発問題「パンドラの箱」 核燃料サイクル事業が止められない事情

    宇佐美典也

    09月25日 12:14

  8. 8

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  9. 9

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  10. 10

    再任してほしい歴代首相ランキング 2位は安倍晋三氏「1番日本が平和だった」

    女性自身

    09月24日 14:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。