記事

「ネタ探しで会う大半の男に口説かれる」華やかなスクープの裏にある女性記者たちの苦悩

1/2

読売新聞記者が競合他社に取材情報を漏洩したワケ

読売新聞男性記者(32)による情報漏洩問題が、8月27日付の読売新聞朝刊紙面で明らかになった。東京本社社会部の男性記者が司法記者クラブに所属していた昨年、読売新聞が得ていた検事総長秘書官セクハラ疑惑などの取材情報を、週刊誌女性記者やテレビ局女性記者などにメールや電話で漏洩していたのだ。

女子力と役割 ※写真はイメージです - iStock.com/3dts

関係者などによると、男性記者は東京地検特捜部などを担当していたA氏。A氏は妻帯者で、妻は地方局アナウンサーだ。雑誌『ZAITEN』が読売新聞にこの問題について取材をかけたことで、慌てた読売新聞が社内不祥事として公表した形になったという。

この件は春先から記者間では話題になっていた。A氏から取材情報をまとめた記者メモがわたった週刊誌記者Bさんの雑誌に、検事総長秘書官の不祥事の記事が掲載された。しかし、この読売の記者メモには事実誤認があり、それと同じ内容がそのまま週刊誌記事になっていたため、「読売メモから流出していた」との疑惑が持ち上がったのだ。

読売記事は情報漏洩について、「『報道目的で得た情報は、読売新聞の報道およびそれに付随した活動以外に使ってはならない』と定めた読売新聞記者行動規範に違反している」と指摘している。

A氏とBさんは昨年7月に取材先で知り合い、その後に複数回飲食する関係になっていた。A氏は飲食の際に不適切な関係を迫っていたとされ、漏洩理由について「女性記者によく思われたかった」と話しているという。

週刊誌の女性記者が直面する「セクハラ」と「性差別」

問題を掘り下げて行く前に、まず週刊誌の取材手法について解説したい。週刊誌は新聞やテレビと違い記者クラブに属しておらず番記者制度もない。記者クラブであれば会見やブリーフィングといった機会に情報を得ることができ、番記者であれば政治家や官僚と親密になり情報を得ることができる。

だが週刊誌は黙っているだけでは情報が入ってこないので、知り合いに声をかけては会合や会食を通じて情報交換する、という形でネタ探しをする。筆者も週刊誌記者時代そうだったが、情報を持っていそうな人を探してはとりあえずお茶か会食に誘うことを日課としていた。

Bさんはまだ入社数年の若手記者だった。ZAITENによると情報交換の場だったはずの席で、A氏はBさんに対してさまざまなセクハラをしていた。記者メモはその口止め料的に提供されたものだったようだ。

週刊誌の女性記者にとっては「セクハラ」と「性差別」は切っても切れない関係にある。

筆者がそれを強く認識するようになったのは、ある取材でXさんという元週刊誌記者(現・ライター)にインタビューしてからだ。インタビューのテーマは「記者の仕事術」だったのだが、話を聞いていくと、敏腕記者として知られたXさんが「週刊誌記者をスタートした時からセクハラと性差別に悩んでいた」という苦悩を告白しはじめた。

「仕事相手の男性7~8割に口説かれる」

週刊誌記者は個人主義の人間が多い。このため取材手法などを共有する機会は少ない。筆者が男性記者ということもあってか、これまで女性記者の隠れた苦悩を聞くという機会がまったくなく、だからこそXさんの告白はより衝撃的なものに感じた。

週刊誌の世界には「ネタを取ってきた人間がいちばん偉い」という文化がある。このため序列を決めるのは、経験年数ではなく、どれだけ情報を取っているかだ。例え若い記者であっても、ネタ次第ではトップ記事を張れる。年功序列に囚われない競争社会であることがスクープを生む原動力になっている。

一方で競争社会の弊害もあるのだ。Xさんはこう語る。

「1年目のときは自信もない、人脈もない、何もないわけです。周りを見ると海千山千の凄い記者ばかり。ネタを取るためにはどうすればいいんだと、悩む。それであらゆる会合に顔を出す、ということをやるようになる訳です。女性記者の場合、男性記者や取材相手から口説かれるというのは日常茶飯事です。ある女性記者は『7~8割の男性は口説いてくるか、セクハラをしてくる』といっていました。でも仕事だから我慢をしなければいけない、と新人時代は考えてしまうのです」

成果をあげた女性記者にのしかかる重荷

ネタが欲しいという意識が強いと、それとなく上下関係ができてしまうものである。メディアの中には週刊誌を下に見てくる人間、若い女性を下に見る人間もいる。そうした幾重もの差別構造のなかからセクハラは生まれるのである。

結果を出しても女性記者には偏見に遭いやすい。ある敏腕女性記者は「複数の政治部記者と関係を持ってネタを取っている」という風説を流されていた。これはまったくのウソだった。その女性記者は複数の政治家にがっちりと食い込んでおり、さまざまな情報筋から直接情報を得ていた。

当人に聞くと「どうせ記者仲間の僻みだと思うけど、せめて裏を取ってから噂は流して欲しいね。ハハ」と笑い飛ばしていたが、仕事で結果を出す女性記者は、こうした妬みの対象にもなりやすい。

あわせて読みたい

「記者」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  4. 4

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  5. 5

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  6. 6

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  7. 7

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  8. 8

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  9. 9

    中国恒大、23日の利払い実行困難に 米時間で期限迫るも説明なし

    ロイター

    09月24日 10:28

  10. 10

    新型は納車2年待ちの「ランドクルーザー」 なぜ世界中で高い信頼を得られたのか

    NEWSポストセブン

    09月23日 13:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。