記事

人流抑制は感染者数を減らすが、収束時期はそこまで変わらない アフターコロナ施策に自信を持って前へ進もう

順調に感染者減っています。もちろん油断してはいけませんが、やはり単純な人流とは関係ないことはファクトなんでしょう。



なぜ人流は関係ないのか、少しシェーマを書いてみました。

上段は人流を制限したもの。下段は制限しなかったもの。不顕性感染含めた感染者は当然上段が少なくなりますが、両者ともその集合体の中でみんなが感染し、弱いながら免疫ができることで全体が一時期燃えにくくなり、感染者数はそれ以上増えなくなるというイメージになります。(人流抑制して感染しなかった人は当然次回も燃えやすい状態のままです)

数ヶ月経てば免疫が弱くなるとか、また今回みたいなデルタ株のような感染力が強いウイルスが出て来れば再度感染を繰り返す。これが波の正体山火事理論です。(目玉焼きモデルとの類似性

ここにワクチンが加わることで、さらに免疫が変わります。

同じようにどちらも感染は収束しますが、犠牲者はワクチンで当然少なくなりますし、再感染の割合は免疫の持続力の強さから当然確率は低くなります。そう波の間隔が伸びる可能性が出てくるのです。

免疫が時間によって減弱する以上コロナの永久的な集団免疫はできそうにありません。それゆえ政府はウイズコロナとしての出口戦略を出してきました。ワクチン+検査も犠牲者を減らすことが目的で、ゼロコロナではありません。



今回のデルタ株でも感染収束の道筋がついたというファクトは今後のアフターコロナ施策において恐怖を煽らなくてもいいという自信をもって動いていけるはずです。もちろんある程度の人流抑制という感染対策も必要な時もくるかもしれませんが、ワクチン併用のマスク、手洗い、3密予防、食事の時に注意などでだいぶ重症者は減らせるでしょう。そしてワクチンで免疫高めてさらに全体を燃えにくくすれば、ファクターXを持つ日本は、波の犠牲者も少なく世界に比べて今後少ない感染者で抑えられるはずです。

0リスクを求めるのではなく、しっかり重症化しないようにワクチンを可能な限り接種し、アフターコロナ前へ進んでいきましょう。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス(変異株)」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  2. 2

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  3. 3

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  4. 4

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  5. 5

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  6. 6

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  7. 7

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  8. 8

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  9. 9

    外部の課題より内部抗争重視の組織と共倒れする日本

    松田公太

    09月26日 17:42

  10. 10

    今回の総裁選に見る自民党派閥の凋落

    舛添要一

    09月26日 18:51

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。