記事

3G終了で始まる「ガラケー難民」争奪戦 第1幕のauユーザーはどう動くか

1/2
スマホとの2台持ちなども含め、まだまだ根強い人気があるガラケー

 総務省が通信キャリアに強く要請したことで始まった、携帯電話料金の値下げ競争と顧客争奪戦。現在はその戦いも一息ついている印象だが、一方で、半年後に控えたもう1つの争奪戦も始まっている。

【写真】進む5Gサービス

まだ2800万件もある「3G契約数」

 現在は4G(第4世代移動通信システム)と5G(同第5世代)の過渡期だが、3G(同第3世代)に関しては、KDDI(以下au)が2022年3月末をもってサービスを終了し、ソフトバンクやNTTドコモもそれぞれ、2024年1月末、2026年3月末で3Gを終了する。

 3Gに対応した端末のガラケー(ガラパゴスケータイ)が段階的に使えなくなっていくことで、“ガラケー難民”を巡って新たな奪い合いが始まり、その第1幕がauのガラケーユーザーということになるのだ。

 スマホの普及と反比例してガラケー利用者は年々減ってきてはいるものの、ガラケーだけを使っている人だけでなく、ガラケーは通話利用に特化して、データ通信契約のみで利用しているスマホやタブレットとの2台持ちユーザーもいる。

 こうした人たちも含めて、3G契約数はまだ昨年12月末時点で約2800万件(総務省調べ)と目され、それ以降も漸減してはいるだろうが、それでもなお、かなりのボリュームが残っていることになる。

 そんな中、通信キャリアの中で先陣を切って半年後に3Gサービスを終えるauにとっては、ここで自陣営に囲い込んでおかないとガラケーユーザーの大きな流出を招いてしまう。

「ガラケーで十分」のユーザーも乗り換え検討開始

 auが3Gサービス終了を発表したのは2018年11月のことだった。長年auのガラケー利用者で、シニア世代で自営業者のAさんは、翌2019年以降、ケータイメール、電話、封書の郵便物と、幾度となくauからスマホへの移行勧誘があったという。

 そして今年2月には、A4判の封筒の表書きに「お客さまが現在ご利用中の機種は、あと1年でお使いいただけなくなります」と、特大文字で印刷された郵便物が届いたそうだ。

 Aさんは、「ガラケーはスマホと違って電池持ちがいいし、通話と連絡メール程度ならガラケーで十分。老眼だし、ネットや仕事のメールはタブレットでいい」として、auからの通知物などはこれまで無視し、先々料金値下げ競争が進むことを見越して静観してきた。

 Aさんはこれまで、SIMフリー端末のタブレットはIIJ(インターネットイニシアティブ)と3GBのデータ専用SIMで契約し、ガラケー、タブレット合わせた月額料金は2500円程度だったという。

 通信キャリアのみならず、キャリアから回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)も含めた料金値下げ競争が今年ヒートアップしたことで、Aさんは本格的な比較検討を始めたそうだ。

「3Gガラケー」から「4Gガラホ」に機種変更

 一方、auでは今年3月と8月、新たに4Gに対応したガラホ(ガラケーとスマホの中間的な端末の俗称)の新機種を投入している。

 auにすれば、ガラケーユーザーが自社のスマホに機種変更してくれれば一番いいわけだが、Aさんのように「ガラケーは捨てがたい」と思っているユーザーを他社に奪われないために、ガラホの新端末も相次いで発売したといえる。

 東京都内のあるauショップに聞いてみたところ、スタッフ曰く、「(ガラホへの)問い合わせはかなりあって、実際に機種変更予約されるお客様も多い」とのことだった。

 結局、Aさんはauの4Gガラホに機種変更したという。auの3Gガラケー利用者だったので、乗り換えにあたって3万数千円するガラホがゼロ円で手に入ったからだ。

あわせて読みたい

「au」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  2. 2

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  3. 3

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  4. 4

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  5. 5

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  6. 6

    ワクチンで感染を防げぬ時代に 国民が望む対策をとるのが政治家の役目

    中村ゆきつぐ

    09月25日 08:40

  7. 7

    河野太郎氏が言及した原発問題「パンドラの箱」 核燃料サイクル事業が止められない事情

    宇佐美典也

    09月25日 12:14

  8. 8

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  9. 9

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  10. 10

    再任してほしい歴代首相ランキング 2位は安倍晋三氏「1番日本が平和だった」

    女性自身

    09月24日 14:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。