記事
  • ロイター
  • 2021年09月10日 03:35 (配信日時 09月10日 12:43)

外国人搭乗の国際便がカブール出発、米軍撤収後初


[9日 ロイター] - アフガニスタンの首都カブールの空港から外国人など民間人を乗せたカタール航空のドーハ行き便が9日出発した。米軍が先月末に撤収して以降、民間旅客便が出国するのは初めて。

アフガンを制圧したイスラム主義組織タリバンが目指す国内の正常化に向けた一歩となったが、国連アフガニスタン支援団(UNAMA)のデボラ・ライオンズ事務総長特別代表は同日、安全保障理事会で、タリバンは前回政権を担った時と同様に、女性の活動を制限しているとの報告があると指摘。また、アフガンに資金を回さなければ「経済と社会秩序が完全に崩壊する」危険性があると警告した。

カタールのムハンマド外相は訪問先のパキスタンのイスラマバードでタリバン指導者らに、カブール空港再開への協力に謝意を表明した。

当局者らによると、カブール発の便には約113人が搭乗。関係筋によると、米国、カナダ、ウクライナ、ドイツ、英国の国籍の人が含まれた。

米国務省のプライス報道官はツイッターへの投稿で、「米国が招いた39人」のうち、米国人10人と米永住権保有者11人が搭乗したと明らかにした。

カブールの空港ではこのところ当局者や技術者、支援物資を乗せた国際便の発着があったが、民間人を乗せた国際便の運航は、先月の退避作戦終了後では初めてだった。

これに先出ち、米高官がロイターに明らかにしたところによると、タリバンは、米国などの民間人200人がカブール空港からチャーター便で出国することに同意していた。

カタールのムトラク・アル・カフタニ特使は、この日の便は通常のもので退避便ではないと述べた。10日にも航空便が運航されるとした。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  2. 2

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  3. 3

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  6. 6

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

  7. 7

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  8. 8

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  9. 9

    世襲だらけの非自由非民主党の総裁選は選挙の顔で選ぶのか

    篠原孝

    09月27日 18:40

  10. 10

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。