記事
  • ロイター
  • 2021年09月09日 17:05 (配信日時 09月09日 17:05)

中国国営メディアや共産党、海外ブランドの批判展開


[北京 9日 ロイター] - 中国の国営メディアや共産党の青年組織「共産主義青年団(共青団)」が、一部の海外ブランドに対する批判を展開している。

同国では今年6月に、カナダの高級ダウンジャケットメーカー、カナダグース・ホールディングスの中国子会社が虚偽広告で、上海市の市場監督管理局から45万元(7万ドル)の罰金を科された。

市場監督管理局は、同社がガチョウの羽毛ではなく、主にアヒルの羽毛を使っていると指摘。「ハテライトダウン」と呼ばれるタイプの羽毛がカナダで最も温かいという広告が消費者に誤解を与えたとしている。

これについて、共青団は「嘘だらけ、間違いだらけだ」と対話アプリ「微信(ウィーチャット)」に投稿。

国営メディアの中国経済日報も、8日の社説で同社を取り上げ、「嘘をつくカナダのガチョウを捕まえた」と、市場監督管理局を称賛した。

同社のコメントは取れていない。

社説では、同社の批判にとどまらず、中国の消費者が外国製品は質が高いとの見方に疑問を持ち始めていると指摘。「消費者は外国ブランドが必ずしも高品質ではないと理解し始めている。中国ブランドが台頭している」との認識を示した。

社説では、ユニリーバのアイスクリーム「マグナム」についても、中国では西側諸国よりも安い原材料が使われていると批判。

ユニリーバのコメントは取れていない。

一方、共青団は、虚偽広告を巡りヤクルトを批判。青年団の投稿によると、上海市の市場監督管理局は8月、ヤクルトに含まれる成分が新型コロナウイルスの感染予防で「重要な役割」を果たすと宣伝したとして、ヤクルトの子会社に45万元の罰金を科した。

ヤクルトの中国子会社のコメントは取れていない。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  5. 5

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  6. 6

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  7. 7

    4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

    中村ゆきつぐ

    09月19日 11:52

  8. 8

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  9. 9

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  10. 10

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。