記事
  • ロイター
  • 2021年09月09日 00:55 (配信日時 09月09日 00:54)

米カーライル、日本のユニコーン企業Spiberに100億円出資へ


[東京 8日 ロイター] - 米投資会社のカーライルは8日、日本で数少ないユニコーン(企業価値が10億ドル以上の未公開企業)であるバイオベンチャー、Spiberによる合計344億円の資金調達に参画し、100億円を投資すると発表した。豊富な資金を背景に日本でも上場前のスタートアップ企業への海外ファンドの投資が拡大している。

カーライルにとっては、株式の過半に満たないマイノリティーでの成長投資は今回が国内で初の案件となる。

Spiberは、カーライルのほか、米資産運用会社フィデリティや英ベイリー・ギフォードなどから資金調達する。調達後の株式評価額は約1350億円。

Spiberが開発した人工合成タンパク質素材は、植物由来のバイオマスを主な原料とし、石油由来の素材や毛皮などの代替として使用できる。

同社の共同創業者である関山和秀氏は6日、ロイターとのインタビューで今回の資金調達について、早ければ2023年に稼働を開始する米国工場の立ち上げや数年以内を目標とするIPO(新規株式公開)までに事業を運転していくための資金だと説明した。

未公開企業の資金調達は着実に伸びており、スタートアップ情報プラットフォーム「INITIAL」によれば、日本のスタートアップ企業による資金調達額は、今年の1―6月に3000億円を超え、半期として過去最大となった。

海外勢も存在感を増しており、上半期に行われた大型の資金調達には米投資ファンドKKR(コールバーグ・クラビス・ロバーツ)やセコイア・キャピタルなどが加わった。

カーライルも引き続きスタートアップ企業への投資を増やす方針を示しており、昨年設立した日本でのバイアウト投資向け4号ファンドの調達額2580億円のうち約1割を成長投資案件に振り向ける予定だ。

同社の渡辺雄介マネージングディレクターは6日のインタビューで、経営基盤の強化など今までバイアウトで培ったノウハウを企業に提供することで、企業の成長に貢献することができるとしている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  4. 4

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  5. 5

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  6. 6

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  7. 7

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  8. 8

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  9. 9

    中国恒大、23日の利払い実行困難に 米時間で期限迫るも説明なし

    ロイター

    09月24日 10:28

  10. 10

    新型は納車2年待ちの「ランドクルーザー」 なぜ世界中で高い信頼を得られたのか

    NEWSポストセブン

    09月23日 13:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。