記事
  • ロイター
  • 2021年09月09日 00:51 (配信日時 09月09日 00:50)

フィリピン大統領、副大統領候補に 2022年選挙


[マニラ 8日 ロイター] - フィリピンのドゥテルテ大統領(76)は8日、来年実施される大統領選挙の副大統領候補として与党PDPラバンから指名を受け、これを受諾した。

ドゥテルテ氏は、憲法で大統領2期目の立候補を禁じられている。伝統的には儀礼的な役割にとどまる副大統領への関心には、権力の座にとどまり国内外での訴訟を回避するためではないかとの批判が出ている。

これに対し、ドゥテルテ氏は自分の決意は愛国心に基づいていると主張。副大統領候補として出馬するのは「私がこれまで努めてきたことが継続してほしいからだ。私が指示を与えることにはならないかもしれないが、助けにはなる可能性がある」と演説した。

ドゥテルテ氏は長年の側近のボン・ゴー上院議員を後継者に指名したいと考えていたが、ゴー氏は党の大統領候補指名を辞退していた。

ゴー氏は「重要なのは変化を続けるためにドゥテルテ大統領と同じだけの重みのある人を見つけることだ」と訴えた。

8日には元警察署長のラクソン上院議員(73)が大統領選への立候補を最初に表明。副大統領にはソット上院議長が立候補した。2004年の大統領選で敗れたラクソン氏は、「私とソット上院議長は80年を超える誠実で献身的な公務の実績がある」と強調した。

22年大統領選の好ましい候補を尋ねた独立系の世論調査で、ラクソン氏はずっと下位に甘んじており、ドゥテルテ氏の娘のサラ氏が最も優勢との結果が続いている。

ドゥテルテ氏の後継でダバオ市長となったサラ氏は、別の政党に所属。ロイターに対して大統領の仕事には興味がないと語った数カ月後、大統領選への出馬に前向きな姿勢を示した。

サラ氏は先週、複数の政治家から大統領選に出馬するよう打診されたと明らかにしたものの、大統領選に出るとは明言しなかった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    自民党総裁選の4候補者が討論会 基礎年金と原発ゼロめぐり河野氏に質問が集中

    安倍宏行

    09月19日 15:05

  3. 3

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  4. 4

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  5. 5

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  6. 6

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  7. 7

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  8. 8

    恒大集団(エバーグランデ)破綻で中国不動産バブル崩壊か

    藤沢数希

    09月19日 09:40

  9. 9

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  10. 10

    中国の狙いは“人民元”拡大と知財保護? TPP加入なら専門家「今後は日本のメリットになっていく」

    ABEMA TIMES

    09月19日 12:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。