記事

英イングランドで性病感染者が減少、コロナ禍の行動変容などが要因=英公衆衛生当局

GETTY IMAGES

英イングランドで昨年1年間に性感染症(STI)に感染した人の数が、前年から約3割減少していたことが明らかになった。英イングランド公衆衛生庁(PHE)が7日、最新データを公表した。コロナ禍での行動変容などが減少の要因という。

専門家によると、新型コロナウイルスのパンデミック下で人の行動に変化があったことや、STI感染症び検査件数が減ったことなどが、STI感染者の減少につながった。

イングランドでは現在、新型ウイルス感染症COVID-19対策の制限はほとんど解除されている。そのため、公衆衛生当局は社会的距離を置かなくなる代わりにSTIにかからないよう、市民に注意を呼びかけている。また、感染リスクが伴うセックスをした場合には、検査を受けるよう求めている。

STIに感染しても無症状の場合があるが、コンドームを使用することで感染を防ぐことができる。

2020年のSTI感染状況

最新のデータによると、イングランドでは2019年に46万7096人がSTIに感染した。翌2020年には約31万8000人に減少した。

PHEは、性器にいぼができたり、ヘルペスにかかるなどの、対面での対応が必要な感染症の数が大幅に減少したとしている。

また、自己採取キットで検査できるクラミジアや淋病などにも減少がみられたという。

2019年と比較すると、2020年はセクシュアル・ヘルス(性の健康)サービスでの相談件数が10%減少した。

また、対面相談が35%減少した一方で、インターネットでの相談は倍増した。

STIの新規感染率が最も高かった人の分類は、次の通り――。

  • 15~24歳
  • 黒人
  • 男性とセックスをした男性

テレンス・ヒギンズ・トラスト(イギリスのエイズ関連支援団体)のデビー・レイコック氏は、STIの新規感染者数が減少したのはいい知らせだが、感染率が再び上昇する可能性もあると指摘した。

「性感染症は、今なお蔓延しているので」

「つまり、セックスをしている人がこれまでと同様に、定期的にSTI検査をするのが重要だ。そして、セクシュアル・ヘルス・サービスが対面式とオンライン式の両方の相談窓口を開設していることを知っておくのも大切だ」

PHEのSTI担当責任者のケイティ・シンカ博士は、「新しいパートナーやカジュアルな付き合いをしているパートナーとセックスをしている人は、コンドームを使用し、検査を受けてください。STIはあなた自身の健康や、現在あるいは将来のセックスパートナーの健康に深刻な影響を及ぼすおそれがあるので」

(英語記事 Sex infections are down during Covid pandemic

あわせて読みたい

「性事情」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  2. 2

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  3. 3

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  4. 4

    敬老の日 自民党総裁選⑺ 年金改革 河野氏提案の最低保障年金導入で消費税大増税???

    赤池 まさあき

    09月20日 08:28

  5. 5

    自民党総裁選の4候補者が討論会 基礎年金と原発ゼロめぐり河野氏に質問が集中

    安倍宏行

    09月19日 15:05

  6. 6

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  7. 7

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  8. 8

    恒大集団(エバーグランデ)破綻で中国不動産バブル崩壊か

    藤沢数希

    09月19日 09:40

  9. 9

    笑い話では済まなかった商標の世界の仁義なき戦い。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月20日 08:37

  10. 10

    眞子さまと小室氏の結婚に米では歓迎ムード「ロミオとジュリエットみたい」

    NEWSポストセブン

    09月20日 08:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。