記事

【読書感想】日本車は生き残れるか

1/2

日本車は生き残れるか (講談社現代新書)br />作者:桑島 浩彰,川端 由美
講談社
Amazon





Kindle版もあります。

日本車は生き残れるか (講談社現代新書)
作者:桑島浩彰,川端由美
講談社
Amazon

5年後のビジネス構造変化を読み解く、最良の教材は自動車産業だった!

ガソリン車の廃止 世界規模の再編 水平分業の大波 そしてコネクテッド
日本経済の大黒柱は大丈夫か

世界の自動車産業を知り尽くすコンサルタント・ジャーナリストの描く未来
忖度なしに「自動車業界」の現状を描く

 この本を読んでいて、グーグルの元会長、エリック・シュミット氏の言葉を思い出しました。

「車とコンピュータは出てくる順番を間違えた。どう考えても正解は、コンピュータに車輪をつけることだ」

 環境にやさしい車、電気自動車に自動運転車など、いま、自動車をめぐる状況は「100年に一度の大転換期」にあるといわれています。
 そんななかで、日本の「基幹産業」である自動車産業と自動車メーカーは、あまりにも劇的な変化についていけるのか?

「日本の自動車業界は崩壊するのではないか」
 そのような言説が、いつのころからか目立つようになった。

 いうまでもなく、自動車産業は重工業・電気電子と並んで戦後の経済復興の立役者であり、重工業や家電メーカーが衰退しつつある現在は、日本経済を支える大黒柱的な存在である。日本自動車工業会(自工会)の統計によれば、自動車製造業の製造品出荷額は62兆3040億円とGDPの約1割を占める。全製造業の製造品出荷額に占める自動車製造業の割合は18.8%、自動車関連産業の就業人口は542万人に達する(2018年時点)。

 日本のGDPの約1割を占める巨大産業の崩壊など想像もつかない。このコロナ禍の時代にあって、トヨタ自動車など一部のメーカーは、むしろ販売台数を伸ばしており、「自動車業界の危機など大嘘だ」と断ずる業界関係者や専門家も多い。

 それでは本当のところはどうなのか。

 日本の自動車産業は崩壊しない。ただし、戦い方のルールは大きく変化する。そして、新しいルールに適応できた企業だけが生き残ることができる。
 これが本当の「解」である。

 僕も通勤やレジャーなどで、ほとんど毎日車を運転しているわけですが、自動車産業が日本経済でここまで大きな割合を占めている、というのは知りませんでした。

 そして、さまざまなジャンルで、いつのまにか他国の後塵を拝するようになった日本の製造業のなかで、自動車はいまでも技術的には世界の最先端にあるのです。

 ところが、自動車というものの概念の変化によって、日本の自動車産業は、世界から取り残される可能性がある、と、この本の著者たちは指摘しています。

 それではどのようにルールが変更されるのか。ここでは概要だけ述べておきたい。

 キーワードは、ここ数年で世界中に広がった「CASE」だ。コネクテッド(connected)のC、自動化(autonomous)のA、シェアリング(shared)/サービス(service)のS、電動化(electric)のEのそれぞれの頭文字をとったもので、2016年に開催されたパリ・モーターショーでダイムラー会長(当時)のディーター・ツェッチェが使った言葉として知られる(世界的にはACES(autonomous、connected、electric and shared mobility)という言葉の方が一般的だが、本書では、日本で浸透した「CASE」を使用する)。

 日本の自動車業界では往々にしてE(電動化)やA(自動化)の開発が先行して話題になりがちだが、「C」「A」「S」「E」を並列で眺めていると本質を見誤る恐れがある。

 CASEの最大のポイントは、Cつまりコネクテッドによって自動車がIoT(Internet of Things=モノのインターネット)の枠組みの中に組み込まれていくという点なのである。自動車というモノがインターネットにつながると、自動車を取り巻く世界は大きく変わることになる。自動車産業の本当の大変化はそこから始まる。

 もともとはOA機器だったパソコンがインターネットにつながった結果、GAFA(グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップル)に代表される無数のIT企業が生まれた。電話がネットとつながったスマートフォンの登場によって莫大な数のアプリケーションやサービス提供者が生まれた。これと同じ文脈で今の自動車業界はとらえられるべきなのだ。

 僕は高校を卒業した年に運転免許を取って以来、30年くらい車に乗り続けているのですが(その割には運転が上手くならない、と自分でも悲しくなります)、正直、30年前も今も車ってそんなに変わらないよなあ、と思ったんですよ。

 でも、あらためて考えてみると、安全性は向上したし、ライトは自動で点くようになりました。音楽はカーラジオからカセットテープ、CDと変わっていき、今ではiPhoneのライブラリーからBluetooth経由で車内に流せます。カーナビが多くの車に搭載されるようになって、道に迷うことも少なくなりました。

 変わらないようで、自動車は、少しずつ進化し続けているのです。僕が子どもの頃は、冬場はフロントガラスが凍って、父親がやかんでお湯をかけていた記憶がありますが、最近はそんなことしないですよね。

 車とインターネットが密につながることによって、もっと劇的な変化が起きようとしているのです。

 日本では「モノづくりの技術」ばかりが追求されがちだけれど、今の世界の製造業では、「設計図さえあれば、ほとんどの部品を外注でつくれてしまう」のです。
 自前の製造工場を持たなくても、お金と設計図さえあれば、「製品」をつくれてしまう。

 だからこそ、「利用者、消費者は何を求めているのか」を見極めて、それに合ったモノやシステムを提供しなければなりません。

 iPhoneに使われている個々の技術は、一部のものを除けば、けっして「最先端」ではありません。でも、「これを買えば、生活が楽しくなる」ことを期待して、人々は高価なiPhoneを買うのです。ニンテンドースイッチもそうですよね。

 ジャパネットたかたの高田明社長が2012年5月4日に放送された『金スマ』に出演していたのを観て、僕は日記にこう書いています。

あわせて読みたい

「自動車産業」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  2. 2

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  3. 3

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  4. 4

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  5. 5

    【独自】自民党総裁選4人の候補者に政策方針アンケートを実施 消費増税の可能性から夫婦別姓の是非まで

    BLOGOS編集部

    09月24日 18:49

  6. 6

    野党4党の討論会で代表代行の江田憲司氏が登場 枝野氏は野党第一党を死守したいだけか

    早川忠孝

    09月24日 18:13

  7. 7

    山口FGで起きた「山口の変」が示唆する地銀改革を邪魔する根源

    大関暁夫

    09月24日 14:34

  8. 8

    「スマホレジ」が変えるコンビニ店舗の風景

    内藤忍

    09月24日 10:29

  9. 9

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  10. 10

    再任してほしい歴代首相ランキング 2位は安倍晋三氏「1番日本が平和だった」

    女性自身

    09月24日 14:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。