記事
  • ロイター
  • 2021年09月07日 20:20 (配信日時 09月07日 20:13)

米国務長官、タリバンの退避妨害報道を否定 「書類不備が原因」


[ドーハ 7日 ロイター] - ブリンケン米国務長官は7日、アフガニスタンの実権を掌握したイスラム主義組織タリバンが北部で米国人の国外退避を阻んでいるとの報道を否定し、タリバンは一部出国希望者に書類の不備があるためチャーター機の運航を許可していないと述べた。

米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)は、アフガニスタン北部マザリシャリフの空港では米国人を含む約1000人がチャーター機の飛行許可が出るのを何日も待っていると伝えた。多数が空港に足止めされていることについて、米国務省を批判する声も出ている。

ブリンケン国務長官は、訪問先のカタールで会見し、マザリシャリフから出国を目指している「比較的」少数の米国人を米政府が特定したとした上で、チャーター機が出発できない主な原因の一つは、一部の人が有効な渡航書類を持っていないことだと述べた。

「タリバンは有効な書類を持っている人の出国を阻止してはいないと理解している。ただ、有効な書類を持たない人は現時点で出国できないと表明している。出国希望者はグループ化されているため、チャーター機の出発許可が下りない」と述べた。

ブリンケン国務長官は、タリバンは有効な書類を持つ米国人の出国を認めるという約束を守っているとし「マザリシャリフで人々が人質のような状況に置かれているとは認識していない」と述べた。

会見に同席したカタールのムハンマド・ビン・アブドルラフマン・アル・サーニー外相は、アフガニスタンのカブール空港が数日内に旅客向け業務を再開することを望んでいるが、空港の運用方法について合意には達していないと述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    自民党総裁選をめぐる様々な立場からのネット番組 極端な内容に苦言

    石破茂

    09月25日 16:07

  2. 2

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  3. 3

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  4. 4

    バブルは必ずはじける 中国不動産業者の破綻にみる危うさ 日本でも不労所得に高額課税を実現しよう

    猪野 亨

    09月25日 12:02

  5. 5

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  6. 6

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  7. 7

    「自分だけのキャンプ場を持ちたい」コロナ禍で増える“山”購入 副業ビジネスに活用も

    ABEMA TIMES

    09月25日 15:53

  8. 8

    自民党総裁選の候補者討論 報ステとWBSの仕切りの差異は興味深かった

    NEWSポストセブン

    09月25日 18:24

  9. 9

    今の自民党でキングメーカーになり得るのは、安倍さんでも森さんでもない

    早川忠孝

    09月25日 16:46

  10. 10

    河野太郎氏が言及した原発問題「パンドラの箱」 核燃料サイクル事業が止められない事情

    宇佐美典也

    09月25日 12:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。