記事
  • ロイター
  • 2021年09月07日 12:35 (配信日時 09月07日 12:28)

G7、チュニジア大統領に首相任命や憲法秩序の回復要求


[チュニス 6日 ロイター] - 主要7カ国(G7)の大使らは6日、チュニジアのサイード大統領に対して、新しい政府のトップを早急に任命し、選挙で選ばれた議会が重要な役割を果たす憲法体制に戻すよう求めた。

英大使館がソーシャルメディアに掲載したG7の声明は、サイード大統領が7月にクーデターと批判される権力の掌握を行って以来、主要民主主義国が懸念を公式に表明したという点で最も重要なもの。

声明は、経済・健康面での危機に対応できる政権を樹立するためにに政府のトップを早急に任命することが重要だとし、首相を任命することで「憲法や選挙制度の改革案に関する包括的な対話の場が生まれる」と指摘している。

2019年に選出されたサイード大統領は7月25日、議会停止を宣言し、メシシ首相を解任。新たな首相と共に大統領自ら行政権を引き継ぐ考えを表明した。議会停止を巡っては第1党のイスラム政党アンナハダが「クーデターだ」と猛反発した。

大統領は今回の決定は憲法に沿ったもので、政治的な膠着や新型コロナウイルスの感染拡大、国内の抗議活動といった緊急事態を受け必要だったと主張した。

大統領が議会を停止してから約6週間が経過しているが、まだ新たな首相は任命されておらず、緊急事態宣言も無期限に延長されている。国民の間では大統領が憲法を改正するとの見方も出ている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  2. 2

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  3. 3

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  4. 4

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  5. 5

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  6. 6

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  7. 7

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  8. 8

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  9. 9

    外部の課題より内部抗争重視の組織と共倒れする日本

    松田公太

    09月26日 17:42

  10. 10

    今回の総裁選に見る自民党派閥の凋落

    舛添要一

    09月26日 18:51

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。