記事

夢の早期退職「日暮れまで缶ビールを空けずにどう過ごすかが悩み」というFIREの末路

1/2

今、話題の「FIRE」は、現役時代にまとまった資産を形成して早期リタイアし、その後は、投資で年4%の収益を得ることで一生涯安泰という夢のような生活だ。ファイナンシャルプランナーの山崎俊輔氏は「やる気と戦略があれば年収25年分の資産をつくることは可能ですが、現役時代にFIRE実行後の“生きがい”探しもしなければ、あとで膨大な自由時間を持て余すことになる」と指摘する――。

※本稿は、山崎俊輔『普通の会社員でもできる 日本版FIRE超入門』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)の一部を再編集したものです。

早期退職
※写真はイメージです - 写真=iStock/Joaquin Corbalan

ビジネスパーソン憧れの悠々自適「早期退職」の意外な落とし穴

「FIRE(ファイア)」という言葉が今流行の兆しをみせています。FIREとは「Financial Independence, Retire Early」の略です。日本語に訳せば、「経済的な独立と早期退職」というところでしょうか。

具体的に言えば「(現役時代に)年収の25年分を資産形成」し「(リタイア後も)年4%の収益を得て取り崩す(4%ルール)」ことにより、資産は減らずに一生涯の経済的安定を確保したリタイア生活が可能になるとされています。日本円で仮に年400万円で暮らすとすれば、1億円を確保すればFIREが達成できる(1億円×4%=400万円)ということになります。

本気で目指す場合、ポイントとなるのは「何歳でリタイアするか」という目標設定です。実現性の高さの順に、年金が支給される65歳より5歳早い60歳でのリタイア(プチFIRE)、50歳代でのリタイア、40歳代でのリタイアがあります。

果たして「年収の25年分を資産形成」ができるか。そこが最大のハードルですが、FIRE実行後の「生きがい」探しもまた悩ましいのです。

実は難問? FIRE実行後の「生きがい」探し

普通のリタイアでも自由時間は約11万時間。FIRE後は2倍に

現役時代の自由時間と、普通の老後に待っている自由時間はどちらが長いでしょうか。

現役時代、平日3時間、週末に12時間の自由時間があるとします。年金生活に入ってからは毎日が12時間の自由時間です。

22歳から65歳まで働くとして、現役時代の自由時間は概算で8.7万時間です。これに対し、標準的な老後(女性の65歳平均余命25年で計算)は10.9万時間もあります。過ごす時間は現役43年に対し老後は25年とずいぶん短いようですが、自由時間については老後のほうが多いわけです。

普通の会社員でもできる 日本版FIRE超入門
山崎俊輔『普通の会社員でもできる 日本版FIRE超入門』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

年金生活に入った人がよくいう自虐ギャグに「サンデー毎日」という言葉があります。毎日が日曜日になって、あまりにも時間が多くやることがないというニュアンスです。

あなたがFIREに入るということは、この「毎日が日曜日」の生活を何年も早くスタートすることです。

5年のプチFIREをしたら、現役時代7.7万時間、FIRE後13.1万時間となります。50歳でFIREしたら、現役時代5.7万時間、FIRE後17.5万時間となります。

40歳でFIREできたとしたら、なんと現役時代3.7万時間、FIRE後21.8万時間となります。アーリーリタイア後の自由時間は、標準的なリタイアの例と比べて2倍にもなります。

FIREすることは、たくさんの時間をもてあますほどに手にするということです。あなたはこの圧倒的な自由時間をどう過ごすでしょうか。

あわせて読みたい

「FIRE」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    混雑する観光地、お休み中の飲食店…「国民の祝日」が多すぎることのデメリットを痛感

    内藤忍

    09月21日 11:56

  2. 2

    横浜市長就任後も疑惑について説明しない山中竹春氏 ウソと恫喝の追及は続く

    郷原信郎

    09月22日 10:56

  3. 3

    サンドウィッチマン、かまいたち、千鳥…Googleで検索されている芸人ランキング

    放送作家の徹夜は2日まで

    09月22日 10:48

  4. 4

    賃上げ・労働分配率向上策は、河野氏の法人税減税よりも高市氏の人材育成投資が有効

    赤池 まさあき

    09月22日 09:04

  5. 5

    引きずり下ろされた菅首相の逆襲が始まる「河野内閣」で官房長官で復活説も

    NEWSポストセブン

    09月21日 08:42

  6. 6

    順当トップ交代人事では払拭できぬ三菱電機の"悪玉"企業風土とは

    大関暁夫

    09月21日 12:37

  7. 7

    「政高党低は悪?」 報ステは自民党批判ありきではないか?

    和田政宗

    09月21日 22:55

  8. 8

    民主党の辞書に反省の文字はない

    非国民通信

    09月21日 20:34

  9. 9

    アメリカの輸入規制撤廃に福島から喜びの声 「菅首相の置き土産?」指摘も

    BLOGOS編集部

    09月22日 16:26

  10. 10

    ワクチンパスポートの目的は差別じゃない~区別と差別を明確に切り分ける重要性~

    山崎 毅(食の安全と安心)

    09月22日 08:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。