記事
  • ロイター
  • 2021年09月07日 09:35 (配信日時 09月07日 10:38)

訂正:実質消費支出、7月前年比+0.7%、小幅増加にとどまる


(本文最終段落の2019年7月との比較を「6.0%減」から「7.0%減」に訂正します。)

[東京 7日 ロイター] - 総務省が7日発表した7月の家計調査によると、2人以上の世帯の実質消費支出は26万7710円となり、物価変動の影響を除いた実質で前年比0.7%増加した。2カ月ぶりにプラスに転じたが、小幅増加にとどまった。

前年同月は、新型コロナウイルス感染症の影響で消費が落ち込んだため、その反動があったとみられる。また、東京オリンピックなどの影響で、「中食」など巣ごもり需要も増加に寄与した。ただ、総務省は消費は「ほぼ横ばい」との見解を示した。

ロイターの事前予測調査では同2.9%増が予想されていた。

季節調整済み実質消費支出は前月比0.9%減となり、3カ月連続のマイナスとなった。

伊藤忠総研のチーフエコノミスト、武田淳氏は「8月と9月は消費の低調が続くとみている。先月、緊急事態宣言の対象地域が拡大されたことも消費の慎重化に拍車をかけたもよう」と分析する。ただ、ワクチン接種のさらなる普及が進む11月から12月にかけて消費は回復するとみている。

前年比で増加に寄与した品目は、弁当など調理食品や飲料、映画・演劇等入場料といった教養娯楽サービスなど。一方、冷蔵庫や洗濯機など家庭用耐久財や電気代がマイナスに寄与した。

1世帯当たりの消費支出は、コロナ前の2019年7月と比較すると7.0%減少(訂正)と落ち込んだままだ。品目別に2年前と比較すると、冷凍調理食品や生鮮肉、チューハイ・カクテルなどは増加したが、外出自粛の影響で、食事代や飲酒代は大きく減少した。また、パック旅行費や宿泊料、鉄道運賃なども2桁の減少率だった。

*本文最終段落の2019年7月との比較を「6.0%減」から「7.0%減」に訂正します。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  2. 2

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  3. 3

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  4. 4

    NHK党・立花孝志氏 へずまりゅう擁立も「二度と信頼しない」と支持者が続々離脱

    女性自身

    09月23日 10:32

  5. 5

    専門家の感染者数予想はなぜ実数とかけ離れてしまうのか

    中村ゆきつぐ

    09月23日 10:26

  6. 6

    新型は納車2年待ちの「ランドクルーザー」 なぜ世界中で高い信頼を得られたのか

    NEWSポストセブン

    09月23日 13:25

  7. 7

    河野氏は論戦巧者 他の候補者3人がほぼ無防備な年金問題に手を付けたのは上手い

    ヒロ

    09月23日 10:39

  8. 8

    "シニア向け"商品をヒットさせるために絶対やってはいけないこと

    PRESIDENT Online

    09月23日 15:18

  9. 9

    自民党総裁選⑽ 河野候補の発言で誤解を招かないように 党部会は日本型民主主義の根幹

    赤池 まさあき

    09月23日 11:26

  10. 10

    「レジ袋の有料化」と「レジ袋の減少化」が生んだ本末転倒な事態

    自由人

    09月22日 22:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。