記事

横浜市長に山中竹春氏就任で「第2の都市型ロープウェイ計画」進むか

みなとみらい地区で開業した都市型ロープウエー「YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマ・エア・キャビン)」(時事通信フォト)

 国政選挙の文脈で語られることが多かった2021年8月の横浜市長選挙。間接的に菅義偉首相が自民党総裁選出馬を断念、事実上の辞任へと導くきっかけとなったため、なおその側面が強められたが、複数の横浜開発計画の動向が左右される選挙でもあった。日本初の都市型循環式ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)」が4月に運行開始されたが、横浜にはもうひとつのロープウェイ計画がある。ライターの小川裕夫氏が、コロナ禍により止まったかに見えるもう一つのロープウェイ計画についてレポートする。

【写真】藤木企業の藤木幸夫会長

 * * *
 8月22日に投開票された横浜市長選は、横浜市立大学医学部教授の山中竹春氏が初当選。今回の市長選は現職市長や知事経験者・元大臣・元市議といった並み居るベテラン政治家たちが立候補している。それにもかかわらず、行政経験がゼロという山中氏が圧勝できたのは、藤木企業の藤木幸夫会長が全面的に山中陣営をバックアップしたからだと言われている。

 藤木企業とは、1923年創業の横浜港を中心とした港湾荷役事業や倉庫荷役事業を行っている企業。そのトップを務める藤木会長は、藤木企業だけでなく横浜港ハーバーリゾート協会会長・横浜エフエム放送代表取締役会長・横浜港運協会会長・株式会社横浜スタジアム取締役会長などの要職を務める。

 選挙時に山中陣営から”藤木の親分”と親しまれていた存在だった藤木氏は、まぎれもなく横浜政財界のドン。そして藤木会長は現職の林文子市長が進めていた山下埠頭IR計画に反対していた。もちろん横浜港一帯の開発には積極的だったが、カジノ誘致には懐疑的だったのだ。

 横浜港開発にあたって、この10年ほどは右肩上がりで増えていた訪日外国人観光客の存在は無視できない。さらに2020年に東京五輪が開催される期待感から、横浜市でも訪日外国人観光客の需要を見込み、横浜政財界が一丸となってベイエリアの整備に取り組んでいた。たとえば2018年、横浜財界が力を結集した客船ターミナルを中心とした商業施設「横浜ハンマーヘッド」が開業。同地は横浜港の9号岸壁と呼ばれるエリアで、新港埠頭の新名所として話題を呼んだ。そして、横浜港には2つのロープウェイ計画が持ち上がった。

「市の公募によって、横浜のベイエリアには2つのロープウェイ計画が提案されました。ひとつは今年の4月に開業したヨコハマエアキャビンです。もうひとつが横浜市の企業数社が合同した事業体による横浜駅東口から横浜市中央卸売市場・臨港パーク・パシフィコ横浜・新港ふ頭・横浜赤レンガ倉庫・大さん橋・山下ふ頭を結ぶルートです」と話すのは横浜市都市整備局企画課の担当者だ。

 横浜市の公募は2017年から2018年にかけて実施された。ヨコハマエアキャビンは遊園地の遊具や観覧車で国内随一のメーカーとして知られる泉陽興業が手がけた。

 一方、もうひとつのロープウェイ計画は横浜市長選で絶大な影響力を発揮した藤木氏が声をかけて地元企業が力を結集。共同事業体を組織している。

 2つのロープウェイ計画のどちらも、明らかに訪日外国人観光客の需要が増えることを見込んだ大型開発だった。しかし、2020年初頭からの新型コロナウイルス禍によって訪日外国人観光客の需要は大きく減退。それでもヨコハマエアキャビンは開業へと漕ぎ着けている。

「ヨコハマエアキャビンは市が公募した事業のひとつですが、あくまでも民間事業者が全費用を負担することを前提にしています。そのため、市の財源はいっさい使っていません。もうひとつのロープウェイについても同様です」(同)

 ヨコハマエアキャビンは、今年4月に桜木町駅と運河パーク駅の約600メートル間で開業。短い区間ではあるものの、ベイエリアというロケーションと高層ビル群を空中散歩ができるというアトラクション的な要素が話題を呼んでいる。

 一方、もうひとつのロープウェイはヨコハマエアキャビンと比べても明らかに壮大な計画で、横浜駅から山下埠頭までを空中で結ぶ。詳細なルートは明らかになっていないが、約4キロメートルの規模になるだろう。ヨコハマエアキャビンと比べて、そのスケールは段違いに大きい。それだけに建設費も莫大になることが予想される。そうした部分がネックになっているからなのか、その後に音沙汰がない。

「もうひとつのロープウェイは、『現段階において、特に動きがない』としか申し上げられません。仮にロープウェイ計画が白紙になっても、市が事業者を再公募することは考えていません」(同)

 二つ目のロープウェイは藤木企業、小比木、川本工業、横浜岡田屋など横浜市を拠点とする企業が出資した事業体を結成して計画した。こうした経緯からも、このロープウェイ計画に藤木氏が大きく関わっていることが窺える。それだけに、このまま計画がフェードアウトするとは考えづらい。やはり市長選の結果が影響を及ぼすことになりそうだ。

 横浜市長選では藤木氏がバックアップした山中候補が事前の予想を大きく覆して圧勝した。山中市政が発足することによって、公約通りに山下埠頭のIR計画は撤回される公算が高い。

 同地の整備計画を練り直す必要に迫られている今、藤木氏が大きな影響力を及ぼすもうひとつのロープウェイ計画はIR計画とは対照的に、市長選圧勝の余勢をかって再び動き出すかもしれない。

あわせて読みたい

「横浜市」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    自民党総裁選 所見演説や記者会見等 候補者4名の中で「高市ピカイチ」

    赤池 まさあき

    09月18日 14:39

  2. 2

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  3. 3

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  4. 4

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  5. 5

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  6. 6

    高市早苗総裁候補VS小泉進次郎議員の抗争勃発?!重要争点の一つは「エネルギー政策」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月18日 08:32

  7. 7

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  8. 8

    米英豪が安保の新枠組みを発表、中国はTPP加盟を申請

    My Big Apple NY

    09月18日 09:21

  9. 9

    靖国神社公式参拝は当たり前では

    和田政宗

    09月18日 08:37

  10. 10

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。