記事

心理的安全性の確保によって日本の総幸福度を上げる -「賢人論。」第146回(後編)石井遼介氏

1/2


株式会社ZENTech取締役の石井遼介氏は、著書『心理的安全性のつくりかた』を出版。経営学の分野で重要だと語られてきた「心理的安全性」を一人ひとりがそれぞれの職場で具体的に実践できるものにした。心理的安全性が確立した組織・チームが増えることで、今後、介護業界を含む日本企業にどのような状況が生まれると考えられるのか、石井氏に語っていただいた。

取材・文/みんなの介護

心理的に安全な環境下でこそより良いサービスを提供できる

みんなの介護 心理的安全性が感じられる職場をつくることによって、介護現場にどのような変化が起こると思われますか?

石井 働くスタッフたちに、精神的な余裕が出てくると思います。その結果、介護現場それぞれの特色が出てくるのではないでしょうか。これは、「うちの施設では、もっとこういうことができるようにしていきたい」と、それぞれの職場の人が言えるようになるからです。職場ごとの特色が出てくることで、介護のサービスを選ぶ側も選びやすくなるのではないかと思います。

介護現場で働く方も、自分が望む介護にあわせて職場を選びやすくなるかもしれません。そして、働きながら、「もっとこうした方が面白くないですか」と、いろいろ試してみることができるのが、心理的安全性が浸透した介護現場の未来だと思います。

みんなの介護 ミスマッチも減り、生き生きと働けそうですね。

石井 そうですね。加えて「本当は言った方が良いけど、担当者や責任者にさせられるのは嫌だから、ほかの人が気づくまで黙っていよう」ということもなくなり、順当に問題が解決されるでしょう。

また、自社の現場をよりよくするためにも、ほかの施設はどうしているかに意識が向きます。そして「この企画、うちの施設でも取り入れてみよう」と考える人が出てくると思います。逆に、心理的に安全でないと、意識が自分か上司か同僚に向いてしまいます。

自分を守るためにバリアを張っていると、なかなか新しいものを取り入れてみようという方向にはならないでしょう。利用者さんや上司から重い責任を課せられないように働き「これ以上はやらない方が自分の身を守れるな」と考えるようになってしまいます。

矢印が上司や同僚などに向くと、周りを恐れているか、誰かを攻撃するか、出世のための戦いで必死な人しかいない施設になってしまうのです。利用者さんとしては、そういうところで介護をされたくないのではないでしょうか。

つまり、本当は実行すれば喜ばれるかもしれないし、やりたいと思っていたけど、「ここで上司に睨まれるわけにはいかない」と、みんなが自分に制限をかけてしまうのが、心理的安全性があまりない職場なのです。逆に心理的安全性が感じられると、利用者さんのために何かしてくれるスタッフが多い施設になっていきます。

意見を出せるかどうかが命にかかわる介護現場

みんなの介護 例えば、介護の職場では、どのような意見が出てくると思われますか?

石井 まずは「スポンジが古くなったので、新しいものに変えてほしい」といった、ちょっとした話が出せるかどうかからですね。特に介護は日常生活の一部ですので、小さなことが変わることで、少しずつ企画や大きなことも変わっていくと思います。

介護の職場では、「ここの部分の汚れが残っていた」とか、「トイレ掃除がどうだった」という話題も多いでしょうが、一つひとつが事故や健康につながる話です。そのような意見があがってくればあがってくるほど、そしてチームとして助け合いながら解決や改善に向けて動けるほど、良い施設になって、良い介護ができるでしょう。

逆に、一つひとつ見て見ぬふりをして自分を守り出すと、どんどん汚くなっていったり、悪いことが起こっていても放置されるようになったりするのではないかと思います。

心理的非安全な介護施設では、何かに気づいて報告すると、「お前はそれを何とかしたのか」と詰められ、やがて見て見ぬふりをするようになるという状況が起こります。逆に管理職側は、「なんでみんな気づいているはずなのに放っておくんだ」と感じます。

この見て見ぬ振りを防ぐには、まず気づいてくれた人に「教えてくれてありがとう」と伝えることが大切です。そして、「〇〇さんが気づいてくれたので、みんなで分担して解決に向かっていこう」というように伝えてほしいです。「言ったもの負け」にならず、意見が受け止められ、言うことで感謝され、問題も解決に向かっていくような会話があると良いと思います。

「気づいてレポートすることが褒められる職場なんだ」ということが体験できると、メンバーそれぞれの気づきに満ちた介護現場が生まれてくるでしょう。

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ファミレスでマスクなしは当たり前?世間の「普通」がわからなくなった日

    田野幸伸

    09月16日 12:15

  2. 2

    眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる「金主」の存在

    NEWSポストセブン

    09月16日 09:07

  3. 3

    団塊ジュニア世代が熱狂したとんねるず テレビで復活の日は来るか

    宇佐美典也

    09月15日 12:00

  4. 4

    ホワイトハウスで大統領と不倫した女、20年たって億万長者に

    SmartFLASH

    09月15日 12:01

  5. 5

    親ガチャ大当たりのはずが…東大女子は教室で震えてた。東大卒たちに聞いた「親ガチャ」のリアル

    キャリコネニュース

    09月16日 06:02

  6. 6

    立ち位置を変える中国 共産党の本質へアイデンティティの回帰か

    ヒロ

    09月16日 12:06

  7. 7

    「アメリカ型ビジネスエリート」が強引にすべてをリードする時代の終焉が、高市氏待望の空気に繋がっている。

    倉本圭造

    09月15日 09:53

  8. 8

    「オンライン授業を出席扱いにせよ」時代に逆行する文科省の方針に維新提言

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月16日 08:27

  9. 9

    「横浜市大への不当圧力」が、山中市長にとっても重大問題である理由

    郷原信郎

    09月15日 14:17

  10. 10

    1ヶ月の間にミス相次ぐ 朝日新聞に批判の一方、今後に期待の声

    BLOGOS編集部

    09月16日 18:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。