記事

菅義偉自民党総裁の再選出馬断念/新型コロナが野望を砕いた

今日の「菅義偉自民党総裁の再選出断念」というニュース速報には驚きました。余程のことがない限り、総選挙は新しい総理大臣のもとで行われることになりそうです。自民党内は、俄かに活気が戻りました。

菅首相の決断は、揺れに揺れ、強気と弱気が交差し、世論、様々な党内の思惑を分析した結果、こうした結論に至ったと思われます。新型コロナウイルス感染症をワクチンで押さえ込み、オリンピックを成功させ、国民の政権支持率を上げた上で総選挙を勝ち抜くという菅首相の再選戦略は、ことごとく外れ、軌道修正を余儀なくされました。一向に支持率は上がらず、特に、地元で行われた横浜市長選挙での敗北は決定的だったと思います。

その後、手を替え品を替えて政権浮揚を図ったものの、議員にとって最大の関心事であり最優先事項である「間近に迫る総選挙で勝ち抜くこと」という判断には、抗うことはできなかったということでしょう。

菅首相の人気のなさは際立っていました。総選挙間近であるにもかかわらず、茨城県内のどこにも現職総理大臣である菅首相のポスターを見かけることはありませんでした。菅内閣の大臣の地元でもそうでしたから、全国でもそうだったのではないかと思われます。大分前になりますが田中角栄首相や小泉純一郎首相、安倍晋三首相の時とは全く対照的でした。

安倍晋三内閣を官房長官として長く支え、派閥力学で圧勝した前回の総裁選挙は、衆議院議員任期満了まで時間がありました。しかし、今回は、派閥の力学ではなく議員個人の生き残りをかけた判断が、菅首相の野望を木っ端微塵に粉砕したということでしょう。菅義偉内閣は、安倍晋三前首相が投げ出した政権を継続しましたが、モリカケ(森友学園、加計学園)などの官僚による忖度、公文書の改ざん隠蔽、学術会議会員の任命拒否など、負の遺産も同時に引き継がざるを得ませんでした。

これまでの自民党は、人心を一新して前内閣とは異なる理念、オルタナティブの政策を提示するような、自民党内擬似政権交代を行って生き残りを図ってきました。

菅義偉首相には、次の政権に負担を先送りしないように、任期中にせめて学術会議会員の任命拒否を覆して、正常に戻すことを断行していただきたいと望みます。

コロナウイルスは、非常に気まぐれだという専門家の文章を読んだことがあります。2020年11月8日の日本経済新聞のウイルスに関する記事はなかなか興味深いものでした。新型コロナウイルスも、突然増加に転じ、突然ピークアウトして収束に向かうということを繰り返しています。こうした結果がなぜ起きたのか原因を追求し対策を立てるというのが科学ですが、どうもそう単純ではなさそうです。

今回の新型コロナウイルス感染症に向き合った世界中の国々の中で、日本政府の対策が決定的に「遅れた」のか、「誤っていた」のかと言えば、それは当たらないと思います。アメリカやヨーロッパ諸国の人口当たりの感染数、死亡数と比較して見ると、そう思えるのです。当初封じ込めたと高い評価を受けた台湾や韓国などの近隣諸国も、最近の状況では再度感染の拡がりによって対策を強化している状況を見たり、ワクチンの手当も後手に回ったとも言われています。

つい先日行われた横浜市長選挙で、現職大臣を辞し出馬した自民党系の候補者が敗れ、立憲民主党が推薦した候補者が圧勝したのは、新型コロナウイルス感染症対策の「専門家」を前面に立てたことが功を奏したと言われています。

しかし、よくよく考えてみれば、横浜市役所が独自で出来るコロナ対策は限られており、ワクチン入手配分も独自で出来ません。これまでの経緯を見ると、感染者は概ね人口比で発生しており、せいぜい東京首都圏の中で重症病床をやり繰りしたりすること程度ではないかと思われます。横浜市民がそうしたことを充分に認識していても、尚、圧勝したという事実はいかに現状の転換を図りたい、変えたいという思いが強かったということでしょうか。

間近に行われる総選挙は、自民党総裁選挙を経て、新しい総理大臣のもとで行われることになりました。総裁選挙の投票権は自民党の国会議員と党員だけですが、今後の日本の進路を提示するような総裁選挙となることを期待したいと思います。

あわせて読みたい

「菅義偉」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  4. 4

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  5. 5

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  6. 6

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  7. 7

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  8. 8

    中国恒大、23日の利払い実行困難に 米時間で期限迫るも説明なし

    ロイター

    09月24日 10:28

  9. 9

    新型は納車2年待ちの「ランドクルーザー」 なぜ世界中で高い信頼を得られたのか

    NEWSポストセブン

    09月23日 13:25

  10. 10

    専門家の感染者数予想はなぜ実数とかけ離れてしまうのか

    中村ゆきつぐ

    09月23日 10:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。