記事
  • ロイター
  • 2021年09月03日 11:25 (配信日時 09月03日 11:21)

インドのコロナ感染2カ月ぶりの高水準、ケララ州からの拡散懸念


[ベンガルール 2日 ロイター] - インドで2日に発表された新型コロナウイルス新規感染者数は、2カ月ぶり高水準の4万7092人となり、政府が警戒を強めている。特に、感染が深刻な南部ケララ州からのウイルス拡散、学校再開、祝祭シーズンの開始が懸念されている。

人口の過密なケララ州の感染者はこの日の感染者の約70%を、また死者は全体の3分の1を占めた。この1週間前、同州では家族や社会的な集まりを伴う大規模な祝祭が行われた。

マンダビヤ保健相は、ケララ州に隣接するタミルナドゥ州とカルナタカ州の保健担当者と協議した後、「ケララ州で感染が増加しているため、州を超える感染拡大防止に充分な対策を講じるべきだ」と声明を発表。ケララ州に近い地区のワクチン接種加速を要請した。

インドはこれまでに6億6200万回分のワクチンを接種。成人のうち少なくとも1回の接種を終えた人の割合は54%、2回目接種完了者は16%となっている。ここ数日は、供給の改善で接種が進んでいる。

また、インド人の3分の2以上が主に自然感染により既に抗体を獲得していることから、専門家らは再び全土で流行が起きても4─5月ほど死者は出ないとみている。同期間には数万人が死亡し、病床と酸素が不足する事態が発生した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  2. 2

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  3. 3

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  4. 4

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  5. 5

    堀江貴文「西野亮廣の『えんとつ町のプペル』が大成功したたった一つの理由」

    PRESIDENT Online

    09月17日 16:17

  6. 6

    始まった自民党総裁選 次のリーダーは党内の淀んだ空気を変えられるのか

    毒蝮三太夫

    09月17日 15:56

  7. 7

    岸田氏と河野氏だけの争いではなくなった自民党総裁選 予断を許さぬ激しい戦いに

    早川忠孝

    09月17日 17:04

  8. 8

    次の首相は誰に? 自民党総裁選の4候補が意気込みや政策語る

    BLOGOS編集部

    09月17日 14:23

  9. 9

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  10. 10

    がん患者に断食やサプリメントを推奨 クリニックへの疑問から“潜入取材”した医師

    ABEMA TIMES

    09月17日 15:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。