記事

「だから学歴は問わない」ソニーの創業者が採用面接で必ず投げかけていた"ある質問"

1/2

ソニーの創業者の一人で、三代目社長の盛田昭夫氏は「学歴不問採用」を打ち出していた。その採用面接ではいったいどんな質問がされていたのか。ノンフィクション作家の野地秩嘉さんが書く――。

※本稿は、野地秩嘉『あなたの心に火をつける超一流たちの「決断の瞬間」ストーリー』(ワニブックスPLUS新書)の一部を再編集したものです。

ソニー創業者の井深大氏(右)と盛田昭夫氏
ソニー創業者の井深大氏(右)と盛田昭夫氏(左) - 写真=時事通信フォト

マイケル・ジャクソンの踊りの才能を評価できる力

ソニーの創業者、盛田昭夫の自宅に招かれたことがある。本人はすでに亡くなっていたが、伴侶の良子は健在だった。それより以前のこと、良子にインタビューしたことがあって、「遊びに来ない?」と誘われたのである。

盛田家は目黒区の高級住宅街にあった。個人住宅としては大きな家だったけれど、他を圧するほどではなかった。その辺りには盛田家よりもはるかに敷地の広い家がいくつもあったのである。

自宅に飾ってあったものは故人と世界のセレブとの写真、そしてサインだった。あらゆる部屋に写真立てがあり、盛田とセレブの笑顔があった。とりわけ枚数が多かったのが、指揮者のカラヤンとマイケル・ジャクソンである。

写真を指さしながら、良子は説明をした。

「日本に来たら、マイケルは必ずうちに寄って、食事をしたり、音楽を聴いたり……。主人はマイケルが大好きでした」
「盛田さんはマイケルのどこが好きだったのでしょうか?」
「そりゃ、もちろん才能よ」

聞いてみると、盛田は次のように話していたという。

——マイケルはそれまでのシンガーとは違って、歌う、作詞作曲するだけにとどまらず、自分で振り付けを考えて、誰よりも上手に踊ることができる。そういう才能は彼しか持っていない。

「スリラー」のPV(1983年)が出たとき、盛田は62歳(1921年生まれ)。大正生まれの人間でも、マイケル・ジャクソンの踊りの才能をきちんと評価できたのである。

盛田の特筆すべきところは、「他人への評価」であり、「他人から才能を見いだす」ところにあった。出自、国籍、学歴などにとらわれずに、人間の才能を素直に見ることができた。

盛田昭夫という人物の本質とはそこにあり、「人間を信じる」こと、「人間の才能を愛する」ところから、いくつもの大きな決断が生まれている。

「ウォークマン®」はなぜ、成功したのか?

ソニーの「ウォークマン®」は創業者の井深大(いぶかまさる)と盛田昭夫の発案で生まれた。部下たちが反対するなか、両経営者はリリースを決意、盛田は大衆へのセールスマンまで買って出た。その結果、ウォークマン®はこれまで世界で5億台近く出荷されている。

「屋外で音楽を聴く、という新しいライフスタイルを創り出したウォークマン®は、80年代のソニー黄金期をけん引した」

ウォークマン®についての記述をネットで調べると、こうした文章がいくつも出てくる。

ソニーが出した製品の中で、もっとも同社らしいといわれたヒット商品だが、作詞家の秋元康はウォークマン®について、こんなことを語っている。

「ウォークマン®がヒットしたのは録音できないから。また、録音できないことをちゃんと主張したから」

井深と盛田がウォークマン®を発想して、作らせたとき、社内のスタッフは「録音できないカセットレコーダーなんて、売れるはずがない」と反対し、録音機能を付けようと提案した。

却下したのは盛田である。

「ウォークマン®はステレオをパーソナルなものにするための製品だ。音がいいこと、軽くすること、かけ心地のいいヘッドホンがあればそれでいい。すべてにわたって優れている必要はない」

あらゆる特性をすべて備えた重量感のあるカセットレコーダーにしてしまったら、ウォークマン®は失敗していただろう。盛田は八方美人の製品よりも、一つの特徴にこだわる製品こそ、ソニーらしいものとわかっていた。

彼は人間に対してだけでなく、製品についても、本質を評価し、それをアピールして売り込んだ。

ウォークマン®発売よりも十数年前、盛田は評論家の大宅壮一(おおやそういち)との対談で、大宅が語った「ひとつのことを掘り下げる」点について、大いに賛同している。

ソニーの社員は八方美人な才能ではなく、ひとつのことに優れていてほしいと語っている。才能を愛する盛田ならではの言葉だ。

「大宅 徳富蘇峰(とくとみそほう)はジャーナリストの条件として、エブリシングについてサムシングを知っていなくてはならない。そして、同時にサムシングすなわち自分の得意とする面についてはエブリシングを知っていなくてはならない、と言ってますが……。

盛田 それです、それです。それなんですよ。(略)

ひとつでも自分の特徴がなければいかん。私は入社試験の面接で、『あなたの特徴はなんですか?』と聞くんです。ところが言下に『私はこういう特徴があります』と言える人は少ないですよ。

自分の特徴も売り込めない人が、セールスに行って、他人の作ったものをうまく売り込めるはずがない、と言うんですがね」

“とんがった会社”にするための「採用論」

1991年、ソニーは「学歴不問採用」を打ち出した。大学名を履歴書に書かなくとも、就社試験を受けることができるという意味で、学歴がない人が有利というわけではない。今、同社の幹部の中でも、これ以降に採用されている人間は多いはずだ。

一時は「ソニーは死んだ」とまで言われ不振が続いたけれど、2017年には大きく業績をアップさせた。学歴不問採用の効果とも言えるだろうか……。

盛田が残した決断のうちでも、学歴不問採用は大きなものだった。そもそもこの採用に至る前、『学歴無用論』(1966年、文藝春秋)という本を出し、そこに意見を載せている。

「その人が、どの大学で何を勉強してきたかは、あくまでもその人が身につけたひとつの資産であって、その資産をどのように使いこなして、どれだけ社会に貢献するかは、それ以後の本人の努力によるものであり、その度合いと実績とによって、その人の評価が決められるべきである」
「大学で教えている専門の学問が、どの程度まで企業の要求するものに役立つか、はなはだ疑問であるし、実際、学校では秀才だった者が必ずしも社会の俊才になるとは限らないのも、事実である」(いずれも同書から)

これを読むと、盛田は大学を否定しているのではなく、学歴よりも「特徴(才能)を持て」と言っていることがわかる。盛田はマイケル・ジャクソンのようなミュージシャンだけでなく、自社の社員にも特徴(才能)を要求したのである。

大宅壮一との対談でも、こう語っている。

「学校の成績は、全課目おなじようにできることがいいとしているようですね。ところがうちの会社としてはそうじゃない。すべてのものができるよりも、ひとつの特徴を持っているほうがいいんです。

よく『私は意見が違うからソニー辞めます』という社員がいるんですがね。トンでもない、だからこそ、社にいてもらいたい、と私は言うんです。みんながおなじ意見だったら、大勢の社員がいる必要はない。(略)

だから、うちの社は、それぞれ特徴を持ったやつがいいわけです」

経営者の決断の瞬間とは、えてして経営上の問題、財務や新製品の発売についてだと思ってしまう。しかし、盛田昭夫の場合はそれよりももっと根本的なことを最初から決断していた。

「特徴のある人間が集まって、特徴のある製品を出す」

今も昔もソニーとはそういう会社だ。そして、特徴のあるとんがった会社にしたことが、彼のもっとも大きな決断だった。

あわせて読みたい

「ソニー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    自民党総裁選をめぐる様々な立場からのネット番組 極端な内容に苦言

    石破茂

    09月25日 16:07

  2. 2

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  3. 3

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  4. 4

    バブルは必ずはじける 中国不動産業者の破綻にみる危うさ 日本でも不労所得に高額課税を実現しよう

    猪野 亨

    09月25日 12:02

  5. 5

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  6. 6

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  7. 7

    「自分だけのキャンプ場を持ちたい」コロナ禍で増える“山”購入 副業ビジネスに活用も

    ABEMA TIMES

    09月25日 15:53

  8. 8

    自民党総裁選の候補者討論 報ステとWBSの仕切りの差異は興味深かった

    NEWSポストセブン

    09月25日 18:24

  9. 9

    今の自民党でキングメーカーになり得るのは、安倍さんでも森さんでもない

    早川忠孝

    09月25日 16:46

  10. 10

    河野太郎氏が言及した原発問題「パンドラの箱」 核燃料サイクル事業が止められない事情

    宇佐美典也

    09月25日 12:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。