記事
  • ロイター
  • 2021年09月03日 08:20 (配信日時 09月03日 08:12)

米石油生産再開に遅れ、政府はガソリン供給維持へ緊急備蓄放出


[ヒューストン 2日 ロイター] - 先週末にハリケーン「アイダ」が襲った米メキシコ湾岸の石油施設では2日、稼働再開に向けた作業が続けられた。被害状況が明らかになる中、ホワイトハウスは原油の緊急備蓄の放出を承認した。

アイダの風速は時速240キロに達し、米エネルギーインフラを直撃した。エネルギー各社は、航空調査や沖合施設への作業員復帰が進まず、メキシコ湾岸の石油ガス生産は、大半が停止したままだ。陸上のターミナルや基地への被害が作業を遅らせている。

米安全環境執行局(BSEE)によると、先週退避が行われた288のプラットフォームのうち、生産を再開できる人員が戻ったのは4分の1にとどまっている。ロイヤル・ダッチ・シェルは、洋上生産の80%がなお停止中とし、航空調査でプラットフォーム1基に損傷が見つかったと明らかにした。

こうした中、バイデン大統領は、ガソリン供給を維持するため、戦略石油備蓄の放出を含むあらゆる手段を講じるようエネルギー省に指示。これを受けて同省は、エクソンモービルのバトンルージュ製油所でのガソリン生産向けに、米緊急備蓄から150万バレルの原油を放出すると発表した。

米メキシコ湾岸の洋上原油生産は、米国の1日当たりの生産量の約16%を占める。だが、作業員が自宅の被害への対応に追われているほか、ヘリコプター運航会社は燃料調達が難しくなっており、生産再開に向けた作業が遅れている。

2日時点で、同地域の生産量の94%に当たる日量170万バレルの原油と、同91%に当たる20億立方フィートの天然ガス生産が停止している。

ルイジアナ州南東部では、マラソン・ペトロリアム、フィリップ66、バレロ・エナジー、PBFエナジーの製油所が被害を受けた。

停電や断水の影響で、ガソリンなど自動車燃料を生産する7つの製油所は、最長4週間にわたり稼働停止が続く可能性がある。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  2. 2

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  3. 3

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  4. 4

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  5. 5

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  6. 6

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  7. 7

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  8. 8

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  9. 9

    外部の課題より内部抗争重視の組織と共倒れする日本

    松田公太

    09月26日 17:42

  10. 10

    今回の総裁選に見る自民党派閥の凋落

    舛添要一

    09月26日 18:51

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。