記事

来る金融バブル崩壊では

将来のことは、予測などつかないし、希望的あるいは悲観的な観測も混じってくる。

それでも、こと経済に関しては、収まりどころから考えてみると、案外と推測しやすい。

収まりどころから? そう、どんなに驚天動地の波乱があったとしても、人々の生活とそれを支える企業活動はなくならない。

それが経済活動の原点であり、経済の巨大な底流をなしていて、なにがあっても変わることなく続いていく。

それに対し、たとえば現在進行中の金融バブルなど、経済の大きな流れの表層部分にすぎない。

たまたま世界的な金融緩和と大量の資金供給で、株価はじめ金融マーケットは宙を舞っている。

その表層現象をみて、金融所得中心に富の偏在化や多くの人々の低所得化などが騒がれている。

しかしだ、こんな状況がどんどん進めば、多くの人々による消費が落ち込み、経済そのものが失速するだけのこと。

つまり、金融バブルは自壊する。 そして、バブルを踊っていた人達は巨額のツケを払わされることになる。

そのツケは、資産デフレとか金融ひっ迫や信用収縮となって、またまた経済活動の表層部分で大騒ぎとなる。

それでも、経済の底流というか経済活動の太宗は、そう変わることなく日々織りなされていく。

これが経済の本質部分であって、われわれ長期投資家の拠って立っているところでもある。

したがって、本格的な長期投資のスタンスからすると、現在進行中の金融バブルなど一刻も早く崩れ去って構わない。

バブルに踊っていた株価や債券全般は大暴落となろうが、人々の生活をベースとした投資はそう大きな痛手は蒙らない。

さすがに一時はバブル崩壊の荒波に巻き込まれて大きく下がるが、すぐ下げ止まり反発高に入っていく。

それはそうだろう、それほどバブル買いされてきたわけではないから、出てくる売りもそう多くはないのだから。

むしろ、経済の本質部分への見直しが出てきて、逆行高に入っていくケースが多い。

先にも書いたように、バブルが崩壊したら崩壊したで、経済の表層部分は別の大騒ぎとなる。

すごい混乱となろうが、そうなればなるほど経済の本質部分に見直しが入って当然である。

そんなわけで、来る金融バブル崩壊では本格的な長期投資の凄みが、いかんなく発揮されよう。

同時に、人々の長期投資への認識は一気に高まろう。

繰り返すが、経済の本質部分は何があろうと続く。 それと、長期投資とは同義語なのだ。

あわせて読みたい

「金融」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  2. 2

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  3. 3

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  4. 4

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  5. 5

    NHK党・立花孝志氏 へずまりゅう擁立も「二度と信頼しない」と支持者が続々離脱

    女性自身

    09月23日 10:32

  6. 6

    専門家の感染者数予想はなぜ実数とかけ離れてしまうのか

    中村ゆきつぐ

    09月23日 10:26

  7. 7

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  8. 8

    新型は納車2年待ちの「ランドクルーザー」 なぜ世界中で高い信頼を得られたのか

    NEWSポストセブン

    09月23日 13:25

  9. 9

    河野氏は論戦巧者 他の候補者3人がほぼ無防備な年金問題に手を付けたのは上手い

    ヒロ

    09月23日 10:39

  10. 10

    河野太郎氏 自民党の身内にも…強気な“回答拒否グセ”に「誠意ない」と高まる不信感

    女性自身

    09月23日 20:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。