記事
  • ロイター
  • 2021年09月01日 19:10 (配信日時 09月02日 04:59)

OPECプラス、追加増産見送り 22年需要予測は上方修正


[ロンドン/ドバイ 1日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」は1日に開いた閣僚会合で、毎月日量40万バレルずつ協調減産を縮小するとした前回会合の合意を維持することを決定した。

OPECプラスは2022年の石油需要予測を上方修正したにもかかわらず、一段の増産は見送り。次回会合は10月4日に開かれるが、今回の決定に基づき、10月も9月と同様に減産縮小規模は日量40万バレルにとどまる。

OPECプラスは声明で「新型コロナウイルスによるパンデミック(世界的大流行)の影響は引き続き不透明だが、市場のファンダメンタルズが力強くなったほか、景気回復が加速する中、経済協力開発機構(OECD)加盟国の原油在庫は継続的に減少している」とした。

イラク石油相は声明で、OPECプラスによる段階的な増産は世界的な原油市場の安定化に貢献するとの見解を示した。

OPECプラスは閣僚会合を前に、22年の石油需要予測を上方修正した。

米国は世界経済を支えるため、速やかに増産するようOPECプラスに圧力をかけている。

OPECプラスの関係筋によると、OPECプラスの合同専門委員会(JTC)は、22年の石油需要予測を日量328万バレル増から日量420万バレル増に上方修正した。

21年の石油需要は日量595万バレル増と予想している。20年は、新型コロナウイルス流行の影響で日量900万バレル減少した。

JTCは8月31日、21─22年の石油市場に関する新たな報告書を提出。報告書は公表されていないが、OPECプラス筋が31日に明らかにしたところによると、21年は世界の需要が回復し、日量90万バレルの供給不足になると予測している。

22年は当初、日量250万バレルの供給過剰を予測していたが、需要拡大を理由にその後、日量160万バレルの供給過剰に下方修正された。

この結果、OECD加盟国の商業用石油在庫は15ー19年の平均を22年5月まで下回る見通し。当初は22年1月まで下回ると予想していた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    1ヶ月の間にミス相次ぐ 朝日新聞に批判の一方、今後に期待の声

    BLOGOS編集部

    09月16日 18:21

  2. 2

    眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる「金主」の存在

    NEWSポストセブン

    09月16日 09:07

  3. 3

    親ガチャ大当たりのはずが…東大女子は教室で震えてた。東大卒たちに聞いた「親ガチャ」のリアル

    キャリコネニュース

    09月16日 06:02

  4. 4

    ガンプラ転売屋とのバトル続く 「Hi-νガンダム」の読み方は?とクイズを出して対抗する店舗も

    キャリコネニュース

    09月16日 12:47

  5. 5

    ファミレスでマスクなしは当たり前?世間の「普通」がわからなくなった日

    田野幸伸

    09月16日 12:15

  6. 6

    立ち位置を変える中国 共産党の本質へアイデンティティの回帰か

    ヒロ

    09月16日 12:06

  7. 7

    適切な言葉遣いは、身を助ける防具にも敵を排除する武器にもなる

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    09月16日 22:45

  8. 8

    【会見全文】野田聖子氏が総裁選出馬を表明「他候補者の政策に小さき者、弱き者を奮い立たせるものなかった」

    BLOGOS編集部

    09月16日 18:14

  9. 9

    一部のマスコミは、どうしても河野太郎氏を変人・奇人扱いしたいのかな

    早川忠孝

    09月16日 15:03

  10. 10

    菅首相はもっと評価されていい 仕事師内閣らしい仕事ぶり

    早川忠孝

    09月16日 16:20

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。