記事

「分断」に満ちた世の片隅で思う事  ~アフガン情勢、自民党総裁選などから『竜とそばかすの姫』を考える~

1/2

序: 「分断」に溢れる世界で


アフガンから来る世界の分断

平和裏に綺麗に撤兵し、米国も他国も以後は深く関与することなく、自らの殻の内側で安寧を得るのかと思いきや、そうは問屋が卸さず逆に阿鼻叫喚の様相を呈している。アフガニスタンの現状のことである。

つい先日、自爆テロで米国の兵士が13名犠牲になったそうだが、極端に悲観的に見ずとも、仮に撤兵はしても、今後も欧米とタリバンほかイスラム勢力との潜在的・顕在的なにらみ合い・衝突が続いて行くことは容易に想像できる。融和を唱えてはいるが、タリバンやイスラム陣営による欧米へのこれまで・今後の協力者の粛清が続き、同地の欧米へのテロの温床化の危険性が高まり、下手をすると再出兵、ということにもなりかねない。中国やロシア、更にはパキスタン等の周辺国家の思惑も重なり、今後の世界は複雑な分断の様子を見せていく可能性が高い。

首都カブールを陥落させ、ほぼアフガン全土を掌握しつつあるタリバンは、欧米の報道だけを見ていると極端な女性差別を志向するなど、人権重視の欧米的価値観からは「極悪集団」にも見えてくるが、色々見ていると実態はそう単純ではないようだ。

日本でも震災時に家を失った人たちなどへの炊き出しで、本当に大変な時には、行政よりも地元のヤクザが貢献している、と言った話が少なくないが、喩えは正確ではないが、私見ではタリバンにも似た側面がある。市民のある程度の理解なしに、単純な恐怖政治だけで勢力圏が広がるものでもない。日本が誇るべき医師であり、アフガンに多大なる貢献をした中村哲氏の書き残したものなどを読むと、かなりタリバンの肩を持っている印象だ。要は、欧米による「膺懲」で済む問題ではない。

「正義の反対は、悪ではなく逆の正義」という名言があるが、そうであるが故に分断の根は深い。

国内政治の分断

激動の世界情勢の中、約一か月後に、日本では与党自民党の総裁選が行われ、また、任期満了に伴う衆議院選もほどなく行われる予定である。

まあ、ユートピアに過ぎるし、真剣な論争も含む真の戦いを経ないと正義の発現は難しいという議論も分からないではないが、コロナ対応という未曽有の国難(世界的困難)もあるし、国際的混乱を招きかねない上記のアフガン問題もあるし(※)、もう少し国会議員全体としても、自民党内も、一致団結して事に当たれないものだろうか、という気がするが、分断は埋めがたい。

※・・・大きな犠牲を出しての不格好な撤兵や、再出兵せざるを得ないような事態は、バイデン政権の痛手にもなりかねず、間隙を縫っての中国のタリバンとの蜜月実現(本来はウイグル問題などを巡って微妙な関係であるはずだが)は、地政学的には、米国の退潮と、台湾や日本への中国の圧力増大、となって跳ね返ってこないとも限らない。

前者の自民党総裁選では、高市氏などの立候補も取りざたされているが、大きくは、有力視されている菅総裁(総理)の続投が決まるのか、岸田氏が党内の不満をうまく吸い上げて逆転するのかが、注目点であろう。岸田氏は、党役員の人選方法などについて、いわば二階幹事長をはじめとする現体制をパージする案を掲げている。もう少し大胆に若手に自ら席を譲って行っても良い感じもあるが、現幹事長の二階氏の処遇が一つの焦点ながら、基本的には、現与党幹部は、年功序列的に重要ポストをガッチリ握って行く様相である。与党内ですら分断が激しくなりそうであるところ、いわんや、国難を前にしての自民党と立憲民主党の協力などは望むべくもない。

世の常とはいえ、政治の世界の分断の根もまた深いものがある。

家庭内・ネット空間での分断

コロナ下に入ってから、個人的に気になっているデータが自殺者数の増加である。昨年(2020年)、11年ぶりに2万人を突破してしまった自殺者数は、警察庁の調べでは、今年(2021年)の1~7月に、既に昨年を1000人上回って推移している。全体の人口が減少している中での自殺者の増加は、経済面・精神面での苦境・苦痛が社会に重くのしかかって来ていることの証左であると言える。

コロナ下での急激なテレワーク・オンライン授業等へのシフトは、職場や学校におけるコミュニケーションの在り方を劇的に変えてしまい、孤独や孤立から来る不安や不満に苛まれる人が激増しているとも言われる。また、外出減の反動として、過密ともいえる形で、日々、夫婦・家族が家庭内にいることとなり、夫婦喧嘩や親子喧嘩が増えているとも言われている。

職場や家庭などのコミュニティにおける分断や孤立の結果、居場所を失った弱い個人が、そこから離れた場合、他のコミュニティにすんなりと入れるとは限らない。一般的には、特に家出をした子供たちが家庭以外の安全な場所に入ることは、とても困難だ。結果として家庭の庇護下から離脱する形で経済的弱者が増えていくわけであり、それが、また、貧困・犯罪などの遠因にもなっている。

そして、外出もままならない中で人々は益々、PCやスマホを通じてインターネット空間に浸る・逃げこむことになるが、そこもまた、過密に人々の注目が集まる空間であり、ネット内のアチコチで炎上という名の火の手が上がり、責める人・責められる人の分断が生じている。ヴァーチャル空間もまた単純には理想郷とはなり得ない。

「分断」は人類の宿痾でしかないのであろうか。

あわせて読みたい

「社会問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ユニクロ=格好いい」ブランドに 英国ファッション業界で広がる人気

    小林恭子

    09月28日 11:51

  2. 2

    中国との戦略的競争を急激に進める米 新総理総裁はどう対応すべきか

    長島昭久

    09月28日 14:44

  3. 3

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  4. 4

    オンライン授業でレポートの精度が向上 大学准教授が推測する背景とは

    BLOGOS編集部

    09月28日 11:06

  5. 5

    東スポが 1週間限定の〝超ゲリラ採用〟 社員は「就職して大丈夫なのか?」と自虐的

    BLOGOS しらべる部

    09月28日 17:19

  6. 6

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  7. 7

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  8. 8

    【店アプリ】かっぱ寿司を救いたい!マクドナルドなどの外食チェーンならどうしたか?

    後藤文俊

    09月28日 11:41

  9. 9

    免停無免許当て逃げ・居座り都議へ二度目の辞職勧告決議(怒)

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    09月28日 18:19

  10. 10

    河野太郎氏が自民党総裁選を前に意欲を示す「国民の皆さまと一緒に日本を前に進める」

    河野太郎

    09月28日 22:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。