記事

情報の電子化はデジタル化か?

1/2

読者諸賢は、『EDP』という言葉をご存知だろうか? Electronic Data Processingの略だ。電子的データ処理。つまり、コンピュータを使ってデータを処理することを意味する。それって・・当たり前じゃないか。何が新しいの? ようするにIT=情報技術のことじゃないの。

左様でござる。3文字略語を大量に消費し続けるIT産業において、EDPという言葉は四半世紀以前に陳腐化し、すでに死語となった。この言葉は、実は1960年代に、メインフレーム(汎用コンピュータ)が世の中に登場した頃、一緒に出てきた概念なのである。メインフレームという呼び方自体、その頃は、なかったはずだ。だって、対比すべきパソコンもオフコンも存在しなかったのだから。いや、コンピュータ自体、皆が「電子計算機」と呼んでいた時代であった、とも聞く。

ところで、EDP=「電子的データ処理」という言葉は、案外、含蓄が深いんじゃないかと、最近思うようになった。なぜか? 実は、この言葉は、「機械的データ処理」Mechanical Data Processingの対比概念として、(例によってアメリカで)登場してきたと思われるのだ。

機械的データ処理とは、どんなものか。その技術は、米国におけるセンサス(国勢調査)に由来する。

御存知の通り、米国ではあらゆる局面での意思決定において、客観的情報を体系的に収集し、分析した上で決断する、という思考と行動習慣を持っている。彼らは国政を決める際にも、同じアプローチを取る。すなわち、人口調査である。広大な国土をカバーし、開拓民が移動する社会において、彼らは国勢調査を憲法で義務付けた。

第1回は、1790年、つまり米国が独立を達成し、ワシントンが第1代大統領に就任した翌年だった。客観的な数値情報に、彼らがどれだけ重きをおいているか、分かると思う。そして以来、10年ごとに実施してきている。

当時は、紙とペンの時代である。独立時の米国の人口は、約400万人だった。集計作業がいかに大変だったか、想像に難くない。でも彼らは、それを必要な作業と考え、続けていった。センサスを開始してから100年後、19世紀末には、米国の人口は5千万人に達する。

5千万レコードの集計を、手作業かよ。皆さんはそう思われただろう。そのとおり。だから、ここで重要な技術革新が現れる。その立役者は、Herman Hollerith(ハーマン・ホレリス)という技術者だった。彼は、その少し前に、フランスの発明家Jacquard(ジャカール)が作った、ジャカード織機という機械にヒントを得て、「パンチカード」を考案する。

(参考:小暮仁「パンチカードシステムの歴史」 にホレリスの穿孔機やタビュレーターの写真がのっている)

ホレリスのパンチカードは、サイズがドル紙幣と同じだった。そして、そこに、英数字に対応する、12個の穴の位置をコード化した。この文字コードを、ホレリス・コードと呼ぶ。彼がパンチカードの文字の桁数を80桁と決めたので、以来、コンピュータの画面も長らく、横が80文字が標準だった。

そして彼は、パンチカードの穴の位置を機械的に検出する仕組みを持つ、リレー方式の電動作表機械(タビュレーター)を製作する。この機械にパンチカードを束にしてかけると、集計表ができるのである。これこそまさに、「機械式データ処理」だった。ホレリスのタビュレーターは、それまで7年かかった国勢調査の集計を、3年間に短縮した。まさにイノベーションである。

ちなみにホレリスは国勢調査職員だったが、数年後に会社を設立する。パンチカード・システムの有用性を、民間企業も認識し、ビジネスチャンスが広がったからだ。彼の会社はその後、タイムカードの会社などと合併し、1911年に「国際事務機会社」International Business Machineという社名になる。これがIBMである。

IBMは、電子計算機なるものが登場する前は、機械式データ処理マシンの最大手だったのだ。

技術者ホレリスの名前は後の時代にも、FORTRAN言語のH変換などに残った。初期のFORTRANでは、英文字の印刷出力に、11HHELLO WORLDなどと指定していた。11という桁数のあとのHが、ホレリス変換を意味する。

(ちなみに余計な話だが、ホレリスは国勢調査局と関係がこじれ、政府側はパワーズという技術者に、印刷機能付きのタビュレーターを開発させる。パワーズも後にすかさず会社を設立し、レミントンランド社に吸収されたりして、のちのUNISYS社になる)

文字コード、カードサイズ、穿孔機、集計機ーーここまで定型化されているので、ある意味、機械的処理を電子化していくのは、単に技術とコストだけの問題だった。UNISYS社は1951年、UNIVAC 1という世界初の商用電子計算機を発売する。1台で、100万ドル。もちろん最初の顧客は、国勢調査局である。

これが、電子的データ処理=EDP産業の、始まりだった。

あわせて読みたい

「デジタル」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  2. 2

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  3. 3

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  4. 4

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  5. 5

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  6. 6

    ワクチンで感染を防げぬ時代に 国民が望む対策をとるのが政治家の役目

    中村ゆきつぐ

    09月25日 08:40

  7. 7

    【独自】自民党総裁選4人の候補者に政策方針アンケートを実施 消費増税の可能性から夫婦別姓の是非まで

    BLOGOS編集部

    09月24日 18:49

  8. 8

    再任してほしい歴代首相ランキング 2位は安倍晋三氏「1番日本が平和だった」

    女性自身

    09月24日 14:23

  9. 9

    野党4党の討論会で代表代行の江田憲司氏が登場 枝野氏は野党第一党を死守したいだけか

    早川忠孝

    09月24日 18:13

  10. 10

    「スマホレジ」が変えるコンビニ店舗の風景

    内藤忍

    09月24日 10:29

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。