記事
  • ロイター
  • 2021年09月01日 12:05 (配信日時 09月01日 12:04)

午前の日経平均は続伸、幅広く物色され高値引け 商いも膨らむ


[東京 1日 ロイター] - 1日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比357円27銭高の2万8446円81銭となり、大幅続伸した。前日の米国株式市場は安かったものの、日本株は好地合いを引き継ぐ形で幅広く物色され、上値を追う展開。この日の高値で前引けた。前場段階の東証1部の売買代金は1兆4000億円台と商いが膨らんでいる。

8月31日の米国株式市場は小幅安で取引を終了。主要株価3指数はいずれも月後半に史上最高値を付けていたが、この日はテクノロジー株の下げが重しとなった。

米国株安にもかかわらず、朝方から主力銘柄を中心に幅広く買われ、終始堅調に推移。上値抵抗線として意識されていた200日移動平均線を上回り、基調の転換が確認された格好となっている。新型コロナウイルスの感染者数が減少する中で、内外機関投資家の買いが観測され、全体的に商いも活発化した。

市場では「物色面では、直近で上昇基調にあった銘柄は一服している様子だが、全体としては循環物色の動きがスムーズに行われている」(野村証券・ストラテジストの澤田麻希氏)との声が聞かれた。

TOPIXは0.99%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆4616億9700万円と商いが膨らんでいる。東証33業種では、パルプ・紙、空運業、保険などが上昇し、値下がりしたのは海運業と鉄鋼のみだった。

個別では、トヨタ自動車が続伸し、4割減産で急落した前の水準を回復したほか、キーエンスが年初来来高値。ソフトバンクグループもしっかりだが、日本郵船はさえない。

東証1部の騰落数は、値上がりが1484銘柄、値下がりが601銘柄、変わらずが101銘柄だった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  4. 4

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  5. 5

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  6. 6

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  7. 7

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  8. 8

    中国恒大、23日の利払い実行困難に 米時間で期限迫るも説明なし

    ロイター

    09月24日 10:28

  9. 9

    新型は納車2年待ちの「ランドクルーザー」 なぜ世界中で高い信頼を得られたのか

    NEWSポストセブン

    09月23日 13:25

  10. 10

    専門家の感染者数予想はなぜ実数とかけ離れてしまうのか

    中村ゆきつぐ

    09月23日 10:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。