記事
  • ロイター
  • 2021年09月01日 11:50 (配信日時 09月01日 11:40)

米政権、石油・ガスリース権入札再開へ 気候変動対策が後退


[31日 ロイター] - バイデン米政権は31日、石油・天然ガス掘削のための公有地・海域のリース権入札を再開すると発表した。入札再開を義務付ける裁判所命令に従ったもの。

メキシコ湾の約8000万エーカー(約3237万ヘクタール)の水域に加え、数十万エーカーの陸地が入札対象となる見通し。

新規リース契約の終了を公約に掲げ、多様な取り組みを推進しているバイデン大統領の気候変動対策が後退することになる。

バイデン大統領は1月の就任直後、環境などへの影響について見直しを行うとして、公有地・海域での石油・天然ガスの新規リース契約を停止した。だが、ルイジアナ州の連邦地裁は6月、政府は石油・ガス業界へのリースが法律で義務付けられているとして入札再開を命じた。

オンライン上に掲載された入札文書によると、メキシコ湾の新規リースで見込まれる原油生産は日量最大11億バレル、天然ガスは最大4兆4000億立方フィートとされる。

新たなリース区域はトランプ前政権がリースしたのとほぼ同じ規模になる。

政府は今回の決定に関する文書で、今月発表され気候変動が危機的状況にあるとする国連報告書は、トランプ前政権が行った海域リースの環境評価を修正するほどの理由にはならなかったと説明。その上で、気候変動に関するさらなる分析が、今後の石油・ガスリース計画を巡る決定に大きな影響を与える可能性はあるとした。

この文書の公表を受け、4つの環境団体が海域でのリース権入札決定に異議を唱え、ワシントンの連邦裁判所に提訴。現行の環境評価には欠陥があり、連邦法に違反していると主張している。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    混雑する観光地、お休み中の飲食店…「国民の祝日」が多すぎることのデメリットを痛感

    内藤忍

    09月21日 11:56

  2. 2

    横浜市長就任後も疑惑について説明しない山中竹春氏 ウソと恫喝の追及は続く

    郷原信郎

    09月22日 10:56

  3. 3

    サンドウィッチマン、かまいたち、千鳥…Googleで検索されている芸人ランキング

    放送作家の徹夜は2日まで

    09月22日 10:48

  4. 4

    賃上げ・労働分配率向上策は、河野氏の法人税減税よりも高市氏の人材育成投資が有効

    赤池 まさあき

    09月22日 09:04

  5. 5

    引きずり下ろされた菅首相の逆襲が始まる「河野内閣」で官房長官で復活説も

    NEWSポストセブン

    09月21日 08:42

  6. 6

    順当トップ交代人事では払拭できぬ三菱電機の"悪玉"企業風土とは

    大関暁夫

    09月21日 12:37

  7. 7

    「政高党低は悪?」 報ステは自民党批判ありきではないか?

    和田政宗

    09月21日 22:55

  8. 8

    民主党の辞書に反省の文字はない

    非国民通信

    09月21日 20:34

  9. 9

    ワクチンパスポートの目的は差別じゃない~区別と差別を明確に切り分ける重要性~

    山崎 毅(食の安全と安心)

    09月22日 08:19

  10. 10

    アメリカの輸入規制撤廃に福島から喜びの声 「菅首相の置き土産?」指摘も

    BLOGOS編集部

    09月22日 16:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。