記事

街を彷徨う喫煙所難民たち 駐車したレンタカーで吸う猛者も

緊急事態宣言再発令で閉鎖された一般喫煙所(イメージ、時事通信フォト)

 法に違反しているわけではないが、肩身が狭い趣味嗜好がある。近年は、喫煙がそこに仲間入りした。とくに東京都内は、五輪へ向けて喫煙できる場所が大きく制限する仕組みがつくられたため、タバコを吸える場所探しに右往左往することも。喫煙者であるライターの森鷹久氏が、喫煙所難民たちの今をレポートする。

【写真】屋外の喫煙所

 * * *
 都内某所にある、ある大手機械メーカーの本社ビル。18時の終業から程なくしてビルの外に飛び出してきたのは、この機械メーカーに勤務する澤田良彦さん(仮名・40代)だ。一体何をそんなに急いでいるのかというと、同じ嗜好の人にはよくわかる、切羽詰まった事情があった。

「タバコですよ。もう社内には喫煙所がありませんから。コロナ以降、ほとんど全ての喫煙所が撤去され、始業前と始業後に、近くの喫煙可能な喫茶店に駆け込むんです」(澤田さん)

 健康増進や受動喫煙防止の観点からこの数年、タバコや喫煙者を取り巻く環境は激変した。そして、コロナ禍をきっかけに変化はさらにすすみ、多くの企業で喫煙所が縮小されたり撤去されるなどしている。澤田さんの会社では、昨年の冬ごろに各階ごとに設置されていた喫煙所が撤去され、喫煙所は数えるほどになった。その喫煙所も、一度に入室できるのは数人までで、10分以内に喫煙を終え部屋を出るよう、張り紙が掲出されていたというが、果たして効果はあったのか。

「喫煙所の前に行列ができて、入室人数も守られず、狭い空間で10人がひしめき合うようにタバコを吸う、という有様。上司が喫煙していると、部下は遠慮して入れず、他の喫煙所を探して歩く。そんな感じでした」(澤田さん)

 その数少ない喫煙所も、今年に入ってからほぼ全てが閉鎖された。ただ「ほぼ」であり、喫煙所は残されてもいた。

「上層階の役員フロアの片隅に喫煙所があるという情報が、喫煙者仲間の同僚からもたらされました。チャレンジしよう、ということで若手の社員が行ったそうですが、とんでもない上役の人と鉢合わせしたらしく……。結果的に、我々平社員がタバコを吸える場所は会社内にはなくなり、喫茶店というわけです」(澤田さん)

 なんとも涙ぐましい努力、というべきか執念というべきか。もちろん、こうした喫煙所難民は日本中のありとあらゆるところで散見される。

 東京都墨田区内の繁華街に立つ高層ビルの一階に設置された喫煙所には、日中、澤田さんのようなサラリーマンが何十人、何百人と訪れ、大いに喫煙に励んでいるという。同ビルの管理会社関係者の証言。

「駅前の喫煙スペースがコロナを理由に撤去され、みんながここに集まり始め、多い日だと何百人もの人が、入れ替わり立ち替わりやってくるんです。夕方になると、近くの闇営業居酒屋帰りの客と思われる人たちが、缶ビール片手にやってくる。喫煙所でタバコを吸いながら酒まで飲み、女性喫煙者をナンパする、なんてこともありましたね」(ビル管理会社関係者)

 そもそも、部外者をビルに入れるべきではない、という意見もあろうが、飲食店やオフィス、行政機関も入る巨大な複合ビルであり、だれが関係者なのか判断することは難しい。事実上、外からの喫煙者の侵入を防ぐ手段がないのだという。

「喫煙所の撤去も考えられていたようですが、結局ポイ捨てなどが増えるだけ。閉鎖された駅前の喫煙所では、その周りでタバコを吸う人がたくさんいて、吸い殻だらけでしょう。結局、撤去の話は流れたそうです」(ビル管理会社関係者)

 喫煙所といえば、かつてコンビニの前には必ず、そして当たり前のように灰皿が設置されていたが、やはりコロナ禍以降、ほとんどの店舗から灰皿が撤去された。するとどういうことが起きているのか。今も店の前に灰皿を設置しているという、千葉県内のコンビニ経営・原口孝さん(仮名・50代)が、呆れたような口調で説明する。

「客じゃない喫煙者が途切れませんよ、朝から晩まで。コロナ感染が拡大してからは、近所のお父さんが、サンダルに寝巻き姿でやってきて、100円のコーヒー買って喫煙されてます。コロナで家でタバコが吸えない、と嘆くお父さんたちです」(原口さん)

 多くの喫煙所難民たちは、吸いたい気持ちを我慢して、タバコが吸える機会があれば我先にと喫煙所に殺到する。喫煙者にとって「我慢する」ことも、今では慣れっこになっているのかもしれないが、その喫煙者が目上の人だったり、逆らえない立場の人、ということになると、苦労するのはその周囲だ。都内でイベント会社を運営する野田雅彦さん(仮名・40代)は、こうした目上の喫煙者の対応に四苦八苦している。

「昨年末、著名な先生の講演会を開催することになり、東京・銀座のレストランを会場として抑えたのですが、今時の高級飲食店には喫煙所がありません。先生はヘビースモーカーで、講演の途中でもタバコを咥えているような人。どうするかと悩んだ挙句……」(野田さん)

 野田さんがとった手段とは、喫煙可能なレンタカーを借りてきて、レストラン近くのコインパーキングに停め、車を喫煙所代わりに使う、というなんとも奇妙な、でも「これしかない」という方法だった。

「近くに喫煙所が全くない。タクシーもダメですし、もうこれしかないと。先生はブーブー言いながらも車で喫煙されていましたが、2時間の講演で5回以上タバコ休憩をとるもんだから、講演は実質30分ほど。お客さんも理解はしてくれていましたが、タバコのためにそこまでやらなきゃならないの、というのが本音ですよ」(野田さん)

 そして間も無く、またタバコの値段が上がるというから、喫煙者は経済的にも追い込まれることにもなる。喫煙者である筆者の周りでも、コロナ禍をきっかけに禁煙に踏み切った人は大勢いて、電子タバコに完全移行した知人も少なくない。健康に影響するだけでなく、金も時間も費やすタバコ。それでも吸いたいという喫煙者の言動は、非喫煙者から見れば奇特としかいえないだろう。

 だが、それでも辞めないのが喫煙者。コロナ禍が落ち着けば、また青空の下、喫煙所で大いに紫煙を楽しむことができるのか、2度と元には戻らないのか。コロナにも負けず、値上げにも負けず、喫煙者たちの戦いはまだ続く……のかもしれない。

あわせて読みたい

「喫煙」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ガンダムにはなぜイライラする女性キャラが出てくるのか?一気観で生まれた疑問

    倉持由香

    10月19日 12:16

  2. 2

    「今日の仕事は、楽しみですか。」"炎上→即謝罪"を歓迎するSNS社会の末路

    PRESIDENT Online

    10月19日 14:13

  3. 3

    斎藤佑樹投手の引退セレモニー「敗者の弁」を引き受けた勇気を称賛

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    10月19日 10:20

  4. 4

    共産党はマンガ・アニメの規制にカジを切ったのか

    紙屋高雪

    10月19日 09:30

  5. 5

    iPhoneなら3800円惜しまずAirTagは買え!! を体感した伝説(笑)の日

    永江一石

    10月19日 09:23

  6. 6

    【衆院選】投票の心構えと公約比較 安保政策で自公に距離、野党各党はエネルギー・経済財政で特色

    宇佐美典也

    10月19日 16:16

  7. 7

    共産党が強い「表現規制派」へ転向 公約では「表現の自由を守る」の建前が崩壊

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月19日 09:42

  8. 8

    北が不穏な動き 公示日に出陣式への出席を取り止めて急遽官邸に戻った岸田首相は正解

    早川忠孝

    10月19日 15:54

  9. 9

    小泉進次郎氏の「万歳三唱批判」に自民党関係者は「またか」の声

    NEWSポストセブン

    10月19日 09:18

  10. 10

    東京都で新たに36人の感染確認 11日連続で100人下回る 重症者26人 死亡13人

    ABEMA TIMES

    10月19日 17:05

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。