記事
  • ロイター
  • 2021年08月31日 13:50 (配信日時 08月31日 13:45)

豪州、政府支出で景気後退を回避か


[シドニー 31日 ロイター] - オーストラリア連邦統計局は31日、第2・四半期の公的支出が2.5%増の1347億豪ドル(982億8000万ドル)となったことを明らかにした。

国内総生産(GDP)への寄与度は約0.7%ポイント。大規模なインフラ投資が行われており、景気後退(リセッション)を回避できる可能性が出てきた。

第3・四半期のGDPは、新型コロナウイルスの流行に伴うロックダウン(都市封鎖)の影響で、大幅なマイナス成長になることが確実視されている。

キャピタル・エコノミクスのエコノミスト、ベン・ウディ氏は「第2・四半期のGDPは0.1%のプラス成長になり、ぎりぎりで景気後退を回避できたと考えている」と述べた。

GDP統計は来月1日に発表となる。予想中央値は0.5%増だが、予想レンジは0.1%減ー1.2%増と幅広い。

第2・四半期は、個人消費や企業投資が堅調だったが、純輸出や在庫が低迷したとみられている。

純輸出の寄与度はマイナス1%ポイントとなる見通し。輸出は金額ベースで過去最高だったが、数量ベースでは減少した。

BISオックスフォード・エコノミクスの豪州担当チーフエコノミスト、サラ・ハンター氏は「現在、人口の約60%がロックダウンの影響を受けており、第3・四半期のGDPは3%を大幅に上回るマイナス成長になる公算が大きい」と指摘。

「ただ、ワクチン接種が急ピッチで進んでおり、州政府も第4・四半期半ば以降から行動制限を緩和することを示唆している。このため、年内に景気回復が始まるだろう」と述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ユニクロ=格好いい」ブランドに 英国ファッション業界で広がる人気

    小林恭子

    09月28日 11:51

  2. 2

    オンライン授業でレポートの精度が向上 大学准教授が推測する背景とは

    BLOGOS編集部

    09月28日 11:06

  3. 3

    中国との戦略的競争を急激に進める米 新総理総裁はどう対応すべきか

    長島昭久

    09月28日 14:44

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  6. 6

    【店アプリ】かっぱ寿司を救いたい!マクドナルドなどの外食チェーンならどうしたか?

    後藤文俊

    09月28日 11:41

  7. 7

    免停無免許当て逃げ・居座り都議へ二度目の辞職勧告決議(怒)

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    09月28日 18:19

  8. 8

    東スポが 1週間限定の〝超ゲリラ採用〟 社員は「就職して大丈夫なのか?」と自虐的

    BLOGOS しらべる部

    09月28日 17:19

  9. 9

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  10. 10

    家にある本の冊数が学力に影響 国語以外の教科でも正答率が高い理由とは

    ベネッセ 教育情報サイト

    09月28日 10:41

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。