記事

【東京パラ】 銅メダリストが2人誕生 陸上男子100mで同着

東京パラリンピックで30日にあった陸上の男子100メートルT64(運動機能障害・義肢)は、同着により2人の銅メダリストが誕生する珍しい結末となった。

着差なしと判定されたのは、イギリスのジョニー・ピーコック(28)と、ドイツのヨハネス・フロールス(26)。ピーコックは前回リオデジャネイロ大会と前々回ロンドン大会の金メダリストで、3連覇を狙っていた。

決勝のレースは、ゴール手前で4選手による大混戦に。フェリックス・シュトレング(26、ドイツ)の優勝と、シェルマン・イシドロ・ギティ・ギティ(24、コスタリカ)の準優勝はすぐに表示板で発表されたが、3位はなかなか表示されなかった。

レース終了から3分以上が経過。写真判定を経てついに、2人とも10秒786のタイムで、着差なしと決定された。

<関連記事>

「メダルを分け合えるなんて」

ピーコックは、「短距離走でメダルを分け合えるなんて、思ってもみなかった」と語った。

「2通りの受け止め方ができると思う。ポジティブなのは、15歳のジョニーなら大喜びしただろう、というものだ」

「これが11秒でできるパラリンピックスポーツの宣伝でないとしたら、他に何があるだろうか」

「このまま進化を続けると思う。世界記録はごく近いうちに破られるだろう」

レースのレベルが上昇

シュトレングの優勝タイムは10秒76、ギティ・ギティは10秒78だった。上位4人は0秒03内に、ほぼ横並びにフィニッシュした。

3位のピーコックとフロールスのタイムは、ピーコックのロンドン大会での優勝タイム(10秒90)や、リオ大会での優勝タイム(10秒81)より早かった。

(英語記事 Peacock wins joint bronze in Tokyo

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  3. 3

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  4. 4

    自民党総裁選の4候補者が討論会 基礎年金と原発ゼロめぐり河野氏に質問が集中

    安倍宏行

    09月19日 15:05

  5. 5

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  6. 6

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  7. 7

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  8. 8

    恒大集団(エバーグランデ)破綻で中国不動産バブル崩壊か

    藤沢数希

    09月19日 09:40

  9. 9

    中国の狙いは“人民元”拡大と知財保護? TPP加入なら専門家「今後は日本のメリットになっていく」

    ABEMA TIMES

    09月19日 12:13

  10. 10

    東京都で新たに565人の感染確認 28日連続で前週の同曜日を下回る

    ABEMA TIMES

    09月19日 17:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。