記事
  • ロイター
  • 2021年08月31日 05:25 (配信日時 08月31日 05:24)

最近のインフレ高進、FRB目標満たしたか確信持てず=クリーブランド連銀総裁


[30日 ロイター] - 米クリーブランド地区連銀のメスター総裁は30日、米経済が力強く回復しているのは事実だが、最近のインフレ指標が連邦準備理事会(FRB)の物価安定目標を十分に満たしているとは確信できないと表明した。

ロイターとのインタビューで、インフレ率には上向きのリスクがあり、当局は物価変動に細心の注意を払う必要があるとしながらも、新型コロナウイルス禍に伴うサプライチェーン(供給網)の混乱が解消されるにつれ、一部のインフレ指標は鈍化すると予想。

「インフレ率が2%に達し、当面2%を超えると結論づける前に、もう少しデータを見てみたい」とした上で、過去5年間のインフレ率の推移を見るだけでなく、クリーブランド連銀の予測やその他の指標を用いて、インフレ期待の動向も注視したいと語った。

さらに、インフレ期待が目標の2%に定着しているかどうか、またその状態を維持できるかどうかが重要になるとし、「物価がすでにその基準を満たしているとは判断できない」という考えを示した。

メスター氏は来年の連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持つ。

労働市場については、まだ最大雇用の状態に至っておらず、失業者の数よりも求人の数の方が多いということは、求職者側と求人側の間で雇用のミスマッチが発生している可能性があると指摘。例えば、一部の労働者が都市部への通勤をやめた場合、雇用が必要とされる場所も変化したと考えられるほか、学校の閉鎖や育児などの理由で、仕事に就けない労働者もいるかもしれないと述べた。

テーパリング(量的緩和の縮小)については、年内に開始し、来年半ばまでに終了させることが望ましいとの立場を改めて表明。同時に、買い入れ額を減らした後もFRBは経済を支え続けることに変わりはなく、「われわれは依然として非常に緩和的だ」と強調した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  2. 2

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  3. 3

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  4. 4

    NHK党・立花孝志氏 へずまりゅう擁立も「二度と信頼しない」と支持者が続々離脱

    女性自身

    09月23日 10:32

  5. 5

    専門家の感染者数予想はなぜ実数とかけ離れてしまうのか

    中村ゆきつぐ

    09月23日 10:26

  6. 6

    新型は納車2年待ちの「ランドクルーザー」 なぜ世界中で高い信頼を得られたのか

    NEWSポストセブン

    09月23日 13:25

  7. 7

    河野太郎氏 自民党の身内にも…強気な“回答拒否グセ”に「誠意ない」と高まる不信感

    女性自身

    09月23日 20:28

  8. 8

    河野氏は論戦巧者 他の候補者3人がほぼ無防備な年金問題に手を付けたのは上手い

    ヒロ

    09月23日 10:39

  9. 9

    "シニア向け"商品をヒットさせるために絶対やってはいけないこと

    PRESIDENT Online

    09月23日 15:18

  10. 10

    「レジ袋の有料化」と「レジ袋の減少化」が生んだ本末転倒な事態

    自由人

    09月22日 22:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。