記事

ファックス対応しかしないクレジットカード会社の謎対応


■【購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

6月決算の法人の納税期限が8月末に迫ってきました。今回もクレジットカード納付(写真)をしようと考えたのですが、納税額が通常の枠を超えるかなりの金額になってしまいます。

そこで事前にカード利用枠を広げるために、コンシェルジュデスクに電話をしました。

担当者の話によれば、例えば1000万円程度の利用限度額の増額には、個別の対応になるものの3000万円程度の金融資産の保有証明が必要とのこと。資産状況の確認のためには、残高のある預金通帳の3ヶ月分のコピーなどを送付する必要があるとの回答でした。

しかし、そのデータの送付方法を聞いて驚きました。何とファックスしか対応しないとのこと。郵送もメールも受け付けできないとの事でした。

確かに、メールにPDF添付すると、個人情報の漏洩問題がありますから、神経質になるのはわかります。しかし、ファックスにも誤送信など同じ問題が発生します。

セキュリティーを考えれば、レターパックが一番安全なのではないでしょうか?

そもそも、スモールオフィスで会社経営していてもファックスは当たり前なのでしょうか。私の認識では、不動産業界など特定の業種を除けば、稀だと思います。

「ファックスを持っていないので、何とかなりませんか」と相談すると「コンビニエンスストアのファックスを使ってください」との回答でした。

年会費143000円でラグジュアリーなサービスを売り物にしているグローバルなカード会社のプラチナカードの手続きに、コンビニでファックスを送ることを提案するサービス感覚。もしかして、カードをあまり利用して欲しく無いのでしょうか?

銀行の謎のサービスには、もう驚かなくなりましたか、クレジットカード業界にも謎のサービスがあるようです。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2021年8月30日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「ファックス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ファミレスでマスクなしは当たり前?世間の「普通」がわからなくなった日

    田野幸伸

    09月16日 12:15

  2. 2

    眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる「金主」の存在

    NEWSポストセブン

    09月16日 09:07

  3. 3

    団塊ジュニア世代が熱狂したとんねるず テレビで復活の日は来るか

    宇佐美典也

    09月15日 12:00

  4. 4

    ホワイトハウスで大統領と不倫した女、20年たって億万長者に

    SmartFLASH

    09月15日 12:01

  5. 5

    親ガチャ大当たりのはずが…東大女子は教室で震えてた。東大卒たちに聞いた「親ガチャ」のリアル

    キャリコネニュース

    09月16日 06:02

  6. 6

    「アメリカ型ビジネスエリート」が強引にすべてをリードする時代の終焉が、高市氏待望の空気に繋がっている。

    倉本圭造

    09月15日 09:53

  7. 7

    立ち位置を変える中国 共産党の本質へアイデンティティの回帰か

    ヒロ

    09月16日 12:06

  8. 8

    「オンライン授業を出席扱いにせよ」時代に逆行する文科省の方針に維新提言

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月16日 08:27

  9. 9

    「横浜市大への不当圧力」が、山中市長にとっても重大問題である理由

    郷原信郎

    09月15日 14:17

  10. 10

    小学館『Domani』サイト掲載記事への抗議 意識高い系をめぐって

    常見陽平

    09月15日 09:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。