記事
  • ロイター
  • 2021年08月30日 11:35 (配信日時 08月30日 11:26)

米の収入格差拡大に伴う貯蓄増、金利低下要因の可能性=米論文


[27日 ロイター] - 27日の米年次経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)にあわせて経済学者が公表した論文で、米国で収入格差が広がり続け、貯蓄が増えていることが金利低下の主な要因である可能性が指摘された。

経済学者は長年、米国の金利低下の主な要因を高齢化や成長鈍化などと考えてきた。

新たな論文は、米連邦準理事会(FRB)が景気を刺激も減速させもしない長期金利、いわゆる中立金利に注目。「Rスター」とも呼ばれるこの金利は貯蓄が増える際に低下する傾向がある。

経済学の一般理論では、ベビーブーマーの高齢化で、人口の大部分が人生で最も稼ぐ時期に入った、つまり典型的に貯蓄を増やす時期に入ったと考えられている。だが、所得の格差が広がり、人々はさらに貯蓄を増やそうとしている可能性があるというのが新たな論文の見解だ。

論文の執筆者はプリンストン大学のアティフ・ミアン教授、ハーバード大学のラドヴィグ・ストラウブ准教授、シカゴ大学経営大学院のアミール・サフィ教授。

論文は、収入上位10%が稼ぐ収入の割合は1980年代以降、着実に増えており、中立金利の「低下パターンとほぼ連動している」と指摘。収入の多い世帯ほど低収入の世帯よりも貯蓄する傾向があると結論付けた。

例えば、1925─34年に生まれた人が人生で最も稼ぐ時期とされる45─54歳になったとき、収入上位10%がこの集団の収入全体の33%を稼いでいた。だが、1965─74年生まれが45─54歳になるとき、収入上位10%が稼ぐ収入の割合はこの集団の全収入の47%に拡大した。

論文執筆者によると、人口動態の変化は中立金利の低下とさほど強く連動していない。45─64歳の集団の収入の割合はベビーブーマー世代が加わった1990年代から2010年にかけて増えたが、2010年にベビーブーマーが引退し始めると低下し始めた。一方、中立金利はその間もほぼ低下していたという。

論文はまた、近い将来に収入格差が軽減される兆しはほとんどないと指摘した。論文の見解が正しければ、米国の低金利は当面続く可能性がある。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    混雑する観光地、お休み中の飲食店…「国民の祝日」が多すぎることのデメリットを痛感

    内藤忍

    09月21日 11:56

  2. 2

    横浜市長就任後も疑惑について説明しない山中竹春氏 ウソと恫喝の追及は続く

    郷原信郎

    09月22日 10:56

  3. 3

    サンドウィッチマン、かまいたち、千鳥…Googleで検索されている芸人ランキング

    放送作家の徹夜は2日まで

    09月22日 10:48

  4. 4

    賃上げ・労働分配率向上策は、河野氏の法人税減税よりも高市氏の人材育成投資が有効

    赤池 まさあき

    09月22日 09:04

  5. 5

    引きずり下ろされた菅首相の逆襲が始まる「河野内閣」で官房長官で復活説も

    NEWSポストセブン

    09月21日 08:42

  6. 6

    順当トップ交代人事では払拭できぬ三菱電機の"悪玉"企業風土とは

    大関暁夫

    09月21日 12:37

  7. 7

    「政高党低は悪?」 報ステは自民党批判ありきではないか?

    和田政宗

    09月21日 22:55

  8. 8

    民主党の辞書に反省の文字はない

    非国民通信

    09月21日 20:34

  9. 9

    アメリカの輸入規制撤廃に福島から喜びの声 「菅首相の置き土産?」指摘も

    BLOGOS編集部

    09月22日 16:26

  10. 10

    ワクチンパスポートの目的は差別じゃない~区別と差別を明確に切り分ける重要性~

    山崎 毅(食の安全と安心)

    09月22日 08:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。