記事

「総理になれない一族」河野太郎氏 総裁選出馬を阻む2つのファクター

農林大臣、建設大臣などを歴任した河野一郎氏(時事通信フォト)

 菅義偉・首相のお膝元の横浜市長選で自民党は大敗。「菅首相のままでは確実に総選挙に負ける」(自民党3回生議員)と、党内は大騒ぎだ。高市早苗・前総務相、下村博文・政調会長、岸田文雄・前政調会長らが出馬に動き出しているが、若手議員から「選挙の顔」になれると期待されているのがワクチン担当の河野太郎・規制改革相だ。ツイッターのフォロワー数は国会議員最多の230万人を超え、新聞・テレビの世論調査でも「次の首相にふさわしい人」の1位につけている。

【写真】硬い直線の襟のワイシャツ、上瞼を半分下ろした「外国特派員協会」の垂れ幕の前の河野洋平氏。河野太郎氏なども

 河野家は戦前・戦後を通じて90年近く、一族で国政に議席を持ち続け、鳩山家、岸・安倍家とならぶ政界の名門として知られる。その一方、永田町で「総理になれない家系」とも言われる。祖父の一郎氏も父の 洋平氏も、「総理の座」をつかみかけながら、目前で逃したからだ。

 祖父・一郎氏は、朝日新聞記者を経て戦前に代議士となった。戦後は吉田茂・首相と対立したが、保守合同で自民党が結成されると河野派を率いて農林大臣、建設大臣などを歴任し、党実力者の1人となる。

 総理のチャンスは2回あった。最初は岸内閣時代(1959年1月)、党内対立に苦しんだ岸信介・首相 は、大野伴睦・副総裁、一郎氏らの協力を得るために、総裁を大野氏、一郎氏、佐藤栄作氏の順に回す政権禅譲の密約を交わす。しかし、岸氏はその密約を反故にした。

 2度目は1964年に池田勇人・首相が病で退陣を表明したときだ。その年の総裁選で池田氏を支持し、副総理兼五輪担当相に就任していた一郎氏は政権禅譲を期待した。だが、池田氏は佐藤氏を後継指名し、一郎氏は失意のうちに急死する。政治評論家の小林吉弥氏が語る。

「河野一郎という人は持論を譲らず、筋を曲げないタイプ。戦前からの党人派政治家として官僚出身者を重用する吉田首相を批判し、自民党では吉田門下の保守本流と対立してきた。結局は池田、佐藤という保守本流に総理就任を阻止された」

 祖父の跡を継いだ父の洋平氏も同じ“宿命”を背負った。田中角栄・首相の金権政治を批判して自民党を離党し、新自由クラブを結成する。その後、自民党に復党、宮沢内閣の官房長官を務め、1993年の総選挙に自民党が敗北して下野すると、野党時代の自民党総裁に就任した。

 自民党は翌年、自社さ連立の村山内閣で政権に復帰し、洋平氏は副総理兼外相に就任。1995年7月の参院選で社会党が大敗し、村山首相が辞意を漏らして洋平氏への政権禅譲が取り沙汰されたが、旧田中派の流れを汲む小渕派が河野首相就任阻止に動き、橋本龍太郎氏を擁立。洋平氏は所属する宮沢派をまとめきれず、戦わずに出馬を断念した。毎日新聞記者出身で洋平氏の秘書を務めた鈴木恒夫・元文科大臣が言う。

「洋平氏は自ら総理の座をつかみにいくようなことはしませんでした。日頃から『総理を目指すのではなく、なすべき政治を行なうのが政治家の本分である』と語っていて、理想を追い、権謀術数で権力を取るということをしなかった。これでは総理になれるものではないと思います」

宿命に逆らったはずが

 そして河野氏も、「持論を譲らない」という河野家のDNAを受け継いだ。若手議員の頃には外交問題など国会の採決で造反、処分を受けて「自民党の異端児」と呼ばれ、党の方針に逆らって「反原発」を唱えてきた。しかし、父たちと違うのは、「総理の座」を目指し、河野家の宿命に逆らおうとしていることだ。

「(総理に)なれる家系、なれない家系を気にしてもしょうがないと思っている」

 河野氏は2009年の総裁選出馬の際、「総理になれない家系」のことを質問されてそう答えた。総理になるために持論も引っ込めた。異端児の河野氏は自民党内で出世が遅かった。初入閣は初当選から20年目、15年の安倍内閣の規制改革相就任だった。このとき親分の麻生太郎氏から踏み絵を迫られる。

「持論を封印して自ら総理大臣になってから実行するか、大臣になることを諦めるかを選べ」

 河野氏は反原発など持論を封印して大臣就任の道を選ぶ。祖父や父とは違う選択であり、“変節”批判を浴びたが、踏み絵を踏んだことで、出世の道が拓けたのは事実だ。安倍内閣で規制改革相、外相、防衛相を歴任し、菅内閣でも入閣、ワクチン担当相としてコロナ対策の檜舞台を与えられた。

 その河野氏にいま、祖父や父と同じ「壁」が立ちはだかっている。洋平氏とともに新自由クラブを立ちあげた経験を持つ山口敏夫・元労相が指摘する。

「河野氏の総裁選出馬を阻んでいるものが2つある。1つは同じ神奈川選出の菅首相への遠慮。河野氏は菅さんに引き上げられてきたため、総裁選で対決しにくい。

 それ以上の障害は麻生氏でしょう。麻生氏は派閥会長を続けたいから、河野氏の出馬を認めない。池田首相から政権禅譲を期待した河野一郎が吉田茂と門下生に阻まれたのに似ている。一郎氏の孫が、吉田茂の孫に総裁選出馬を止められている。しかも、自民党内で数を持っていない河野氏にすれば、続投した菅首相の後継者として政権禅譲を受ける可能性が高い。だから、菅首相と対決もできない」

 河野家の宿命に逆らったつもりが、同じように搦めとられている。洋平氏と野党時代の自民党再建にあたった亀井静香氏が語る。

「河野太郎にとってむしろチャンスだ。政府のコロナ対策では菅後継は選挙に勝てない。河野君は麻生 が止めるのを振り切って出馬会見を開き、菅総理に『ご苦労様。あとは私に任せろ』と宣言して勝負に出るしかない」

 果たしてその決断はできるのか。

※週刊ポスト2021年9月10日号

あわせて読みたい

「河野太郎」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ユニクロ=格好いい」ブランドに 英国ファッション業界で広がる人気

    小林恭子

    09月28日 11:51

  2. 2

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  3. 3

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  6. 6

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  7. 7

    オンライン授業でレポートの精度が向上 大学准教授が推測する背景とは

    BLOGOS編集部

    09月28日 11:06

  8. 8

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  9. 9

    SDG's がもたらす物価高 先進国でもエネルギー価格が高騰するリスク

    ヒロ

    09月28日 10:28

  10. 10

    またしても繰り返される新型コロナにまつわる様々な怪現象。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月28日 10:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。